映画レビュー

『オリエンタル急行殺人事件』名優勢揃い!それだけでも十分に楽しめる!

(C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation


ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ジュディ・デンチ、デイジー・リドリーとスター俳優の名前を羅列しただけでもワクワクしてしまう。アガサ・クリスティ原作の往年のミステリーを『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のロックハート先生でもお馴染みのケネス・ブラナーが監督と主演まで勤めて映画化したのが今回のリメイク。原作も1974年版も知らない者から言わせて頂ければ文句の付けどころも、そんなに無いという印象だった。
『マイティ・ソー』の監督でもあるブラナーらしく、列車外でのアクションも取り入れるなど、娯楽性を高めているのも今時でいい。

内容は言わずもがななのだろうが、急行列車の密室状態の中で事件が起きる。ジョニデの遺体が発見されるのだ。一番の売れっ子だろうし、ギャラが高いだろうから彼で調度良かった(笑)そこから、どことなく稲川淳二を彷彿とさせる主人公ポアロの推理が始まるのだが、話が二転三転していく様子は、やはりミステリー好き嫌い関係なく面白い。ただ、事件の解明は、アームストロング大佐にまつわる過去の不幸な悲劇が、非常に重要な意味を持つのだが、それであるならば、伏線として、もっと映画全体に関連情報を散りばめておいてほしかった。そのシナリオの不親切さは、原作や1974年版を知っている前提で話が進んでいるようにさえ思えた。
最後の最後に全ての謎が明らかになった時に、思わず悲しさや切なさから涙が流れるが、いつの時代も法律に正義はあるのか?という法律主義の矛盾を、この映画でも露わにする。ミステリーの最後は切なさで締め括らなければならない。単なる猟奇的なオチではエンターテイメント作品にはならない。

とにかく映画好きとしては、これだけの名優が一挙に集結しているだけでも、楽しめない訳がない。特にミシェル姐さんの存在感が相変わらず、味深くていい。この人って妙に目立たずとも、アクの強さがあって好きな女優だわ・・・・・・

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  2. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  3. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. 映画レビュー

    【時間の無駄】スマホを落とす前に眠気に落ちそうな『スマホを落としただけなのに』

    映画を観に行っただけなのに時間を無駄にした。今や大半の現代人は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  3. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  5. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
PAGE TOP