映画レビュー

『オリエンタル急行殺人事件』名優勢揃い!それだけでも十分に楽しめる!

(C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation


ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ジュディ・デンチ、デイジー・リドリーとスター俳優の名前を羅列しただけでもワクワクしてしまう。アガサ・クリスティ原作の往年のミステリーを『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のロックハート先生でもお馴染みのケネス・ブラナーが監督と主演まで勤めて映画化したのが今回のリメイク。原作も1974年版も知らない者から言わせて頂ければ文句の付けどころも、そんなに無いという印象だった。
『マイティ・ソー』の監督でもあるブラナーらしく、列車外でのアクションも取り入れるなど、娯楽性を高めているのも今時でいい。

内容は言わずもがななのだろうが、急行列車の密室状態の中で事件が起きる。ジョニデの遺体が発見されるのだ。一番の売れっ子だろうし、ギャラが高いだろうから彼で調度良かった(笑)そこから、どことなく稲川淳二を彷彿とさせる主人公ポアロの推理が始まるのだが、話が二転三転していく様子は、やはりミステリー好き嫌い関係なく面白い。ただ、事件の解明は、アームストロング大佐にまつわる過去の不幸な悲劇が、非常に重要な意味を持つのだが、それであるならば、伏線として、もっと映画全体に関連情報を散りばめておいてほしかった。そのシナリオの不親切さは、原作や1974年版を知っている前提で話が進んでいるようにさえ思えた。
最後の最後に全ての謎が明らかになった時に、思わず悲しさや切なさから涙が流れるが、いつの時代も法律に正義はあるのか?という法律主義の矛盾を、この映画でも露わにする。ミステリーの最後は切なさで締め括らなければならない。単なる猟奇的なオチではエンターテイメント作品にはならない。

とにかく映画好きとしては、これだけの名優が一挙に集結しているだけでも、楽しめない訳がない。特にミシェル姐さんの存在感が相変わらず、味深くていい。この人って妙に目立たずとも、アクの強さがあって好きな女優だわ・・・・・・

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  3. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  4. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『キャプテン・マーベル』最終決戦前の最重要作品!男性主義もサノスもぶっ飛ばせ!

    マーベル好きとしては非常に意味深い作品だったと思う。アベンジャ…

  2. 映画レビュー

    人種差別の本質を鋭くエグるリー監督最高傑作『ブラック・クランズマン』

    時たま衝撃を得る映画を観ることがある。自分が理解していると勘違いし…

  3. 映画レビュー

    『IT/イット “それ”が見えたら終わり。』久々の娯楽ホラーの成功作!

    北米で社会現象級の大ヒットを記録!アメリカでは社会現象級のヒッ…

  4. 映画レビュー

    【時間の無駄】スマホを落とす前に眠気に落ちそうな『スマホを落としただけなのに』

    映画を観に行っただけなのに時間を無駄にした。今や大半の現代人は…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from …

    「ジュウオウジャーVSニンニンジャー」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
  3. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  4. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
PAGE TOP