映画レビュー

【映画レビュー】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』陰気臭いDC映画で際立つキラキラ映画☆彡



© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

DCがMUCと比べて暗いのは、DCの原点ともいうべきバットマンが活躍するゴッサム街の雰囲気を踏襲しているからで、これは許容せざるを得ないものなのかも知れない。バットマンの相棒ロビンを描いた、Netflixオリジナル配信ドラマの『タイタンズ』も、まぁ~陰気臭いこと。
また、個人的にはDC一発目の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は失敗だったと未だに思っている。アメコミの割には陰気だし、何よりも純粋につまらなかった。その分析をいするとキリがないので省略したいが、スタートダッシュから躓いたDC映画の立て直しは、やはり新キャラによる再構築だと思わせたのが、彼女の存在に他ならない。

ハーレー・クインだ!
ゴッサム街を牛耳るジョーカーの彼女であるがゆえに、如何なる悪党でも彼女の縦横無尽な振舞には文句も言えず、やりたい放題でブッ飛んでる。『スーサイド・スクワッド』では、その強烈なキャラが際立ち、主演のウィル・スミスの存在が霞んでしまうほどだった。しかし、自由な彼女は底抜けに明るく、彼女自身が辛気臭いDC映画に、ある種の煌びやかさも放っていた。



そんな彼女がジョーカーと別れたから、さぁ大変って言うのが本作。
彼女に恨みを持った悪党たちが復讐のために彼女を襲う!襲う!中でもユアン・マクレガー率いる組織から狙われ危機的な状況に陥るが、それを、訳ありな女性たちと徒党を組んで戦い抜いていく様が、めっちゃエンタメ。こういうDC映画を待っていた。
極悪クイーンの覚醒が最高にキュートでヤバくて最狂なのに観てて何故か痛快!? 不良版MeToo?とも言うべき歪な形で現代性を醸し出しつつも、どこかシュールでコミカルなので、アクション的な緊迫感が無いのは物足りなさがあるものの、薄暗いゴッサムを、キラッキラな映像で鮮やかに彩った異色のDC映画としての存在価値は大きい!

ジャスティス・リーグにも彼女は出すべきだ。シャザムだっているじゃないか。MCUで『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』がいるように、ただでさえ緊迫した内容の中和剤的な存在ってのは必要なんだと感じる。緩急が必要だって。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  2. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  3. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  4. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?

関連記事

  1. 映画レビュー

    『メアリと魔女の花』が駄目だった理由は完全に宮崎駿から解放されてなかったからだ

    アニメ映画というのは少なからず何か心に残るシーンと言うものがあろう…

  2. 映画レビュー

    アニメ革命を起こした大傑作『スパイダーマン:スパイダーバース』に拍手喝采!

    とんでもない傑作アニメ映画を観た歓喜で震えている。アニメ界…

  3. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBest映画2013

    こうなったら毎年言ってやろうと思うのですが、俺も大学で映画を専攻してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
  3. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  4. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  5. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
PAGE TOP