映画レビュー

【映画レビュー】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』陰気臭いDC映画で際立つキラキラ映画☆彡



© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

DCがMUCと比べて暗いのは、DCの原点ともいうべきバットマンが活躍するゴッサム街の雰囲気を踏襲しているからで、これは許容せざるを得ないものなのかも知れない。バットマンの相棒ロビンを描いた、Netflixオリジナル配信ドラマの『タイタンズ』も、まぁ~陰気臭いこと。
また、個人的にはDC一発目の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は失敗だったと未だに思っている。アメコミの割には陰気だし、何よりも純粋につまらなかった。その分析をいするとキリがないので省略したいが、スタートダッシュから躓いたDC映画の立て直しは、やはり新キャラによる再構築だと思わせたのが、彼女の存在に他ならない。

ハーレー・クインだ!
ゴッサム街を牛耳るジョーカーの彼女であるがゆえに、如何なる悪党でも彼女の縦横無尽な振舞には文句も言えず、やりたい放題でブッ飛んでる。『スーサイド・スクワッド』では、その強烈なキャラが際立ち、主演のウィル・スミスの存在が霞んでしまうほどだった。しかし、自由な彼女は底抜けに明るく、彼女自身が辛気臭いDC映画に、ある種の煌びやかさも放っていた。



そんな彼女がジョーカーと別れたから、さぁ大変って言うのが本作。
彼女に恨みを持った悪党たちが復讐のために彼女を襲う!襲う!中でもユアン・マクレガー率いる組織から狙われ危機的な状況に陥るが、それを、訳ありな女性たちと徒党を組んで戦い抜いていく様が、めっちゃエンタメ。こういうDC映画を待っていた。
極悪クイーンの覚醒が最高にキュートでヤバくて最狂なのに観てて何故か痛快!? 不良版MeToo?とも言うべき歪な形で現代性を醸し出しつつも、どこかシュールでコミカルなので、アクション的な緊迫感が無いのは物足りなさがあるものの、薄暗いゴッサムを、キラッキラな映像で鮮やかに彩った異色のDC映画としての存在価値は大きい!

ジャスティス・リーグにも彼女は出すべきだ。シャザムだっているじゃないか。MCUで『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』がいるように、ただでさえ緊迫した内容の中和剤的な存在ってのは必要なんだと感じる。緩急が必要だって。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  3. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  4. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  5. ポール東京ドーム初日を観た!

関連記事

  1. 映画レビュー

    キュウレンジャーは読売巨人軍だと思った『宇宙戦隊キュウレンジャーTHE MOVIE ゲース・インダベ…

    この夏はハリウッドがスーパー戦隊を本域で映画化した『パワーレンジャ…

  2. 映画レビュー

    『バリー・シール/アメリカをはめた男』を見て感じた、貯蓄額の多さと幸福度指数は比例しない!

    まさに狂想曲。金に物を言わされ、米国そのものに踊らされるバリー・シ…

  3. 映画レビュー

    『ジョン・ウィック:パラベラム』アクションが九割を占め正直飽きる・・・

    愛犬を殺され、その復讐のためにマフィア組織を全壊させてきたジョ…

  4. 映画レビュー

    余計な台詞すら削ぎ落とし、戦争を臨場体験させる『ダンケルク』こそ真の戦争映画だ!

    21世紀の娯楽作の王者ノーラン監督が戦争映画を撮るとこうも凄いとい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  3. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
  4. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
  5. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
PAGE TOP