映画レビュー

【映画レビュー】『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』陰気臭いDC映画で際立つキラキラ映画☆彡



© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

DCがMUCと比べて暗いのは、DCの原点ともいうべきバットマンが活躍するゴッサム街の雰囲気を踏襲しているからで、これは許容せざるを得ないものなのかも知れない。バットマンの相棒ロビンを描いた、Netflixオリジナル配信ドラマの『タイタンズ』も、まぁ~陰気臭いこと。
また、個人的にはDC一発目の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は失敗だったと未だに思っている。アメコミの割には陰気だし、何よりも純粋につまらなかった。その分析をいするとキリがないので省略したいが、スタートダッシュから躓いたDC映画の立て直しは、やはり新キャラによる再構築だと思わせたのが、彼女の存在に他ならない。

ハーレー・クインだ!
ゴッサム街を牛耳るジョーカーの彼女であるがゆえに、如何なる悪党でも彼女の縦横無尽な振舞には文句も言えず、やりたい放題でブッ飛んでる。『スーサイド・スクワッド』では、その強烈なキャラが際立ち、主演のウィル・スミスの存在が霞んでしまうほどだった。しかし、自由な彼女は底抜けに明るく、彼女自身が辛気臭いDC映画に、ある種の煌びやかさも放っていた。



そんな彼女がジョーカーと別れたから、さぁ大変って言うのが本作。
彼女に恨みを持った悪党たちが復讐のために彼女を襲う!襲う!中でもユアン・マクレガー率いる組織から狙われ危機的な状況に陥るが、それを、訳ありな女性たちと徒党を組んで戦い抜いていく様が、めっちゃエンタメ。こういうDC映画を待っていた。
極悪クイーンの覚醒が最高にキュートでヤバくて最狂なのに観てて何故か痛快!? 不良版MeToo?とも言うべき歪な形で現代性を醸し出しつつも、どこかシュールでコミカルなので、アクション的な緊迫感が無いのは物足りなさがあるものの、薄暗いゴッサムを、キラッキラな映像で鮮やかに彩った異色のDC映画としての存在価値は大きい!

ジャスティス・リーグにも彼女は出すべきだ。シャザムだっているじゃないか。MCUで『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』がいるように、ただでさえ緊迫した内容の中和剤的な存在ってのは必要なんだと感じる。緩急が必要だって。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  2. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  3. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  5. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

関連記事

  1. アカデミー賞

    単なる恋愛ミュージカルをも超えた人生賛歌!それが『ラ・ラ・ランド』!

    もう、言いたいことが山ほどあるくらいの興奮を貰った、人間愛、映…

  2. 映画レビュー

    実写版『アラジン』賞賛する言葉が多過ぎて的確な表現探すのが大変なほど名作!

    この映画を賞賛したい言葉が多過ぎて的確な表現を見つけるのに大変…

  3. 映画レビュー

    第10回 独断で選ぶ今年良かった映画 TOP10 2018

    早いもので今年も残り3日!今年はインディーズ作品『カメラを止めるな…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ドント・ブリーズ

    20年に一度のホラー映画と言うから期待していったんですが肩透か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  3. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  5. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
PAGE TOP