テレビ・芸能人

【追悼】志村けんに思いを馳せて



共同通信

日本から大きな笑いが消えた。

物心ついた時からテレビで僕らを笑わし続け、生涯かけて笑いを届けてくれた大事な存在。大好きな存在。そんな、志村けんが新型コロナ感染症により御逝去された。70歳だった。もう「バカ殿」も「変なおじさん」も見れないと思うと寂しい。ただ素直に寂しい。

嘘か誠かこんな噂を耳にしたことがある。志村けんは共演者を決める時に、目の前でオナラをするそうだ。その時の反応が、嫌な顔をするか、笑うかで結論は分かれるんだとか。一般的に下品とされる物も陽気な笑いに昇華して、嫌味無く、お茶の間に浸透させるのは、志村さんの温厚で底なしに明るいお人柄でないと成立し得なかったと思う。
だから、バラエティ出演が珍しい俳優の柄本明も唯一、志村さんの番組のコントに出たんだろうし、そうやって志村さんの人柄に惹かれる役者や芸人は本当に多かったと思う。


昨今は芸人の地位が向上し、笑いが崇高なものと化した側面もある。芸人たちは「笑わせる」姿勢で観客に挑もうとする。しかし、志村さんは真逆だった。91年の雑誌「SWITCH」のインタビューで

俺は基本的に笑われるのが好きなんだよな。トークとかで人を笑わせるのじゃなくて、自分が笑われるのが好きなんだ。(中略)僕らがやっているコントというものは何年経ってでも笑えると思うんですよね。流行には流されないコントなんです。ふざけて作ってるわけじゃないですから。ちゃんとそこそこ作ってあるから。いつ見ても笑えると思うんですよね。それが「笑い」の本質だと思うんです。(中略)ばーっと見てて、一瞬だけ面白ければいいんです。「笑い」ってあんまり真剣に見るもんじゃないですからね




小学生の時、当時、勢いのあったウッチャンナンチャンがフジテレビで「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」が放送開始され、同級生はセンセーショナルな笑いに飛びついた。僕も全く見なかったわけではないけど、同時間帯のTBSで放送されていた「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の王道的ながらハチャメチャな笑いは僕の中では決して錆びることは無かった。それは今も同じで、やっぱ「バカ殿」見ると面白いし、笑えるのと同時に、どこか安心感を得る不思議な体験を覚えていた。幼少期を思い出すというか、笑って生きていけば「だいじょぶだぁ」と言ってくれている気がして。ついこの前までのことだ、この前まで、その笑いは僕らのすぐ側にあったのに。少なくとも、あと10年はそういう姿が見れると思っていたのに。


福島の義姉の実家に訪れた時に、義姉の父親が言っていたのを面白がったことに起因する「だいじょぶだぁ」は、バブル期に浮かれていた中で流行していたけども、その後も、どこか不安定な時代を生きる僕らを陽気な安心感で保ってくれた言葉に思えて仕方ない。芸人以外の表情を見せることがあまり無く、芸人を全うした人生に敬意と感謝と愛を贈りたい。本当に、今まで志村さんが与えてくれた笑いを忘れず、腐ること無く明るく生きる意味を教えてくれてありがとうございます!

日本の喜劇王、日本のチャップリンの急な喪失は、まだ現実のものとして受け入れられず、気持ちを的確に表せる言葉が見つからない。新型コロナのいち早い終息を願う。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  4. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…

関連記事

  1. テレビ・芸能人

    パクリでもパロディでもいいが二番煎じ感が一番ダサい

    オリエンタルラジオの「PERFECT HUMAN」が中高生の間…

  2. ニュース

    英国のEU残留か離脱かをノエルが斬る

    英国がEUに残留するか離脱するかが大きな問題になっています…

  3. ニュース

    ピエール瀧騒動で垣間見えた石野卓球の凄さと日本社会の電気愛

    平成も終わろうとしている今年の三月、日本に衝撃が走った。電…

  4. ニュース

    渡辺謙トニー賞受賞逃す、米国の偏見の奥深さ

    『インセプション』『GOZILLA』と大作出演したりと、ハリウッド進出…

  5. ニュース

    トランプ当選の衝撃が米国を真っ二つにしてしまった

    誰も予想していなかった結果に、ラジオもテレビも、まるで葬儀…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  2. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  4. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  5. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
PAGE TOP