テレビ・芸能人

【M-1崩壊】上沼恵美子M-1卒業は正しいか?生温い審査がお笑いをダメにする!



『M-1グランプリ2021』© テレビ朝日

上沼恵美子がM-1卒業することで陥る文化衰退化

なんだかんだ上沼の存在感が特異性を生んでいた

すっかり年末の風物詩となったM-1、2021年は、中年コンビの「錦鯉」が優勝した。もともと漫才に優劣は無いと思う私にとってM-1自体が邪道な番組だと思っているが、勝敗の是非に関しては、個人的嗜好に依存してしまうがゆえ、出来る限り明言しないでおこうと思っている。しかし、とにかく退屈だったという印象は拭えない。唯一、頼みの綱であった上沼恵美子でさえも大人しい。彼女の暴走こそがM-1の見物であり、それこそM-1を特異な大会として演出させていた。上沼の暴走がなければ、単なる漫才発表会、NHK上方漫才コンテストを何ら変わらないものになろう。


芸人殺すにゃ刃物は要らぬ、ものの三度も褒めりゃよい

「芸人殺すにゃ刃物は要らぬ、ものの三度も褒めりゃよい」という箴言(しんげん)がある。どういう意味かと言えば、辛口の批評こそが芸人を育てるというものだ。昔の話になるが、浅草の演芸場では、目利きの良い客が、芸人の「芸」を批判したりしたものである。だからこそ、渥美清、萩本欽一、ビートたけしと、浅草出身の芸人には「本物」が多い。今の審査員を見れば、上沼恵美子、松本人志、オール巨人を除けば、40代の現役で活躍する中堅の漫才師ばかり。中川家、サンドイッチマン、ナイツ、立川志らく。自分の好感度さえも気にする当たり障りの無い批評が続き、毒舌が売りのはずの志らくすら牙の抜けたコメントが目立った。そんな審査から、革新的な芸など生まれるわけもないだろう。


きちんとした批評が文化を成熟させる

例えば、ブロードウェイや、ハリウッドにおける批評は実に辛辣である。エンターテイメントの本場の評論家たちは、批評に対する批判を恐れていない。しかし、優良な批評こそが文化を成熟させるのは間違いない。今の歯抜けたM-1に決定的に欠けているのは、そこである。悪戯に過激に批判するのも正論とは思わぬが(批判と批評は違う)、甘やかしても芸は伸びない。牙によって傷付けられた批評を覆してやろうとする反骨精神すら生まれない。このまま、生温い芸人仲間がワイワイ楽しくやるだけの大会であり続けるならば、コンテストとしての威厳や、その価値自体が薄れるであろう。まさにM-1は、試される時期に来ていると言えよう。


誰も傷付けない笑いを評価する風潮に喝!

たまに某サイトのコメント欄には「誰も傷付けない笑い」を評価するコメントが多くのいいねをもらったりする。馬鹿らしい。笑いとは、広義的に言えば、誰も傷付けない芸術などありえない。そんなものは、笑いでも芸術でも無く、単なるレクリエーョンだ! コンプライアンス優先の空気感が蔓延する息苦しい時代、牧歌的で、倫理観の強いものほど選り好まれる。そんなものの何が面白いか。ビートたけしの「赤信号皆で渡れば怖くない」を、今言ったら「信号は守らなきゃいけない」と真面目に反論してくるのだろうか。そうなれば、いよいよ末期だ。受け手がアホになれば、演者のレベルも下がってくる。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  2. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  3. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  4. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…

関連記事

  1. テレビ・芸能人

    【追悼】志村けんに思いを馳せて

    日本から大きな笑いが消えた。物心ついた…

  2. テレビ・芸能人

    【ラジオの帝王】吉田照美37年間継続した冠帯番組が終了

    何と言っても俺は照美フリークである。幼き頃に家のラジオ…

  3. テレビ・芸能人

    さんまのまんま終了に際して思うこと

    「さんまのまんま」が終了する。放送開始から31年の長寿…

  4. テレビ・芸能人

    たった43票の不支持票で明石家さんまを「老害」で片付ける無責任な扇動暴力

    明石家さんまが、それでも「国民的」と証明した結果であるそもそも笑い…

  5. テレビ・芸能人

    松本人志のタウンワークCMにWANIMA登場!

    今の10~20代若者のカリスマバンドWANIMA我々30代…

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
  4. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  5. 映画レビュー

    勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!
PAGE TOP