映画レビュー

【映画レビュー】演技で無く憑依レベルの圧巻のレニー・ゼルウィガーSHOW『ジュディ 虹の彼方に』



(C) Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

圧巻のレニー・ゼルウィガーSHOWだった。『ブリジット・ジョーンズの日記』で世界的にブレイクし、続く『シカゴ』で圧巻の演技を見せ、両方でオスカー主演女優賞にノミネート。あと一歩のところで受賞を逃すも、『コールド・マウンテン』で助演女優賞を獲ったきり、目立った活動もなく2010年頃には第一線から遠ざかっていた。激ヤセ報道とかあって、あ~この人もオワコンなんだなと思ったりした。



ところが、彼女の演技は廃れていなかった!
ぽっと出の2000年前半の頃よりも、だいぶ老け込み、ブリジット・ジョーンズ時の「おかめ納豆」似のハツラツさは失えど、それが晩年のジュディー・ガーランドを演じるのに十分過ぎる説得性を持たせた。見事にオスカー主演女優賞受賞。文句なし。ジュディをリアルタイムで知らない我々世代でも、ジュディが如何にショウビズ界の偉人なのか分かるほどだ。その演技は、モノマネの域を超え、憑依に近かったとさえ思える気迫すら感じた。おそらく、ジュディの晩年というのは酒や薬物に溺れ、幾度の自殺未遂など、語るにはあまりに醜い部分が多かったと思う、しかし、レニーの迫真の演技により美化されているように感じる。



ジュディと言えば、「ニューヨーク、ニューヨーク」のライザ・ミネリのおっかさんで、言わずもがな『オズの魔法使い』の主演の少女である。当然、オズは世界的成功を収め、ジュディは一躍スターダムに上り詰めた。さぞセレブな生活なんでしょうねと思いきや、若くして成功を収めて何でも手に入れてしまった彼女の晩年の実情は、意外にも金銭的な貧しさと、愛に飢えたものだった。



KinKi Kidsでさえ「愛されるよりも愛したい」言ってるのに、彼女は愛を求め続けて、その心の隙間を埋めるように、破滅の道へと自ら迷い込んでいく。
思えば、『ボヘミアン・ラプソディー』のフレディも、『ロケットマン』のエルトンもそうだった。エンタメで頂点を極めた天才たちの人生は、共通して、どこか未完成で脆くて切ない。そして、アルコールやドラッグに溺れていく。そして、睡眠剤や麻酔がないと寝れなくなる、マイケル・ジャクソンやプリンスだってそうだったように。

スポットライトを浴びる華やかな姿と裏腹のドロドロした部分にこそ人間味があり、未熟だからこそ、ジュディをはじめとする天才たち自身や人生が愛おしくなる。この映画を観てて、そう感じた。そう、この伝記映画の見所はそういう暗部にあるんだと再確認した。

そして、苦難を乗り切った時の悟りを開いたかのような”覚醒”したステージは圧巻で、本作でも「Come Rain Or Come Shine」を歌うレニーの鳥肌もんのパフォーマンスが再現されている。もはや、レニー主演の映画を観ている気分で無く、60年代のカーネギーホールにいる気分。

最後、しっとり歌われた「Over The Rainbow」は何よりも感慨深くも物寂しく、力強いものだった。ショウビズの光も影も経験したものにしか出せない哀愁まで演じ分けたレニーには脱帽しか無い。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  3. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  4. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  5. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『七つの会議』が掲げる「されどネジ」は日本の労働力賛歌だ!

    流石は池井戸潤原作だけあって面白い。ハズレが無い。主演に野村萬斎を…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】殿、利息でござる!

    喜劇かと思っていたら意外にも感動作だった。この時代劇が2016…

  3. 映画レビュー

    『記憶にございません』風刺も思想もほどほどに抑えて大衆喜劇として見事に成功!

    風刺を許さぬ現代に三谷幸喜の才が冴え渡る!特に今のご時世、音楽…

  4. 映画レビュー

    人種差別の本質を鋭くエグるリー監督最高傑作『ブラック・クランズマン』

    時たま衝撃を得る映画を観ることがある。自分が理解していると勘違いし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  2. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  4. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  5. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
PAGE TOP