映画レビュー

『ザ・プレデター』でプレデターはコミック化した

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

誰もがプレデターがどれほど無敵で恐ろしい存在か知っている。
なので、透明になるとか熱感知で獲物を見るとか、皮剥がされて宙吊りとか、お馴染みの描写も、それはもはやファンサービスの域。胴体が真っ二つにされるとか『プレデター』シリーズお馴染みのスプラッター満載のゴア描写が、如何にも80’sテイストで、どこか時代錯誤。そのチープさが逆にプレデター的で悪くはないと思うが。
人間との闘いも想定内で、通常運転のプレデターだった。シリーズを進化させるような特殊性はない。

ただ、今回斬新だったのは、プレデターに人間の遺伝子が発見されるという驚きの事実だ!
種をより強くするために異種交配を目的に地球にやって来る。
人類史上最強な人間を探すために・・・・・・
しかし、残念ながら、その最強の男は、お前と闘った後に、カリフォルニア州知事やって、ギャラが高額過ぎてハリウッドから干されて老人になっちゃったよ! 息子がイケメンだと話題だよ! なもんで、代わりに今回活躍するのが新進気鋭の俳優ボイド・ホルブルック。『ゴーン・ガール』で逃亡中のロザムンド・パイクの金を奪うカップルの彼氏、『LOGAN』で腕がサイボーグ化されてヒュー・ジャックマン達を追っかけてた兄ちゃん。悪い役ばっか(笑)今回はかっこいい。

そして、彼の息子役に、今やハリウッドNo.1の天才子役の呼び声高いジェイコブ・トレンブレイ、あの『ルーム』の坊ちゃんである。そして、アカデミー作品賞受賞作『ムーンライト』で大人になった主人公の繊細な演技が印象的だったトレヴァンテ・ローズが下品ながらも愛嬌ある相棒役を好演。ヒロインには『X-MEN アポカリプス』のオリヴィア・マンが華をそえている。

その他にも、筋肉隆々な男たちが銃ぶっぱなす様なんて『エクスペンダブル』のようで、どことなく古臭さも感じるものの、どことなくシュワちゃんと闘っていた頃の初作のアナログな作風に通じるところがあって良い。当時と比べれば、シュッとした細身の俳優が流行している昨今、それでは、プレデターとは戦えないし、嘘臭くなってしまう。画ヅラは汚いが、男臭い俳優を集めたのは正しいと思う。
また、そいつらが、先鋭部隊ではなく、ひと癖もふた癖もある“ならず者たち”、寡黙なヒーローではなく、子供に聞かせられないような下品な言動で、ギャグ映画としての側面も持ち、緊迫感しかなかった今までのプレデターではないのも新鮮だった。そんな歪なヒロイズムが痛快。何でもアリな連中なもんだから、捨て身で怪物に挑む姿が勇ましく、時にコミカルながらも、最大の見せ場であるアクション活劇としての面目は保たれている気がした。

[PR]

こめちゅういこめ人間は
この先、多少のネタバレあり。未鑑賞の方は閲覧の際十分にご注意ください!

ストーリーとは直接的には関係ないが、ラストのおまけオチではあるが、人間がプレデターの姿に似た鎧を纏ってしまうなど、何でもアリな過剰な展開には辟易とした。「ドラゴンボール」でストーリーを発展させるために、超サイヤ人が「2」「3」と青天井にパワーアップした時に唖然とした感じ。
今後は、あれでプレデターと対等に戦おうとでもいうのか?
それでは、完全にコミック。人間は狩られる対象で、プレデターは恐怖の象徴のままでいい。でないと、プレデターが安っぽくなってしまう。スーパー戦隊の怪人と大差ない感覚だ。それは避けなばならない。

それと、プレデター自身の戦闘姿のカッコ良さも物足りなかったのがイタイ。『エイリアンVSプレデター』の時には、まさかの狩り対象の人間とタッグを組んでエイリアンを駆逐した。あの映画ではとにかくエイリアンが馬鹿強かっただけに、いつも以上に華麗な戦闘姿が観れて(まるで舞踏のような)、めちゃくちゃカッコ良かった。今回はプレデターのビジュアル的なカッコ良さには重きを置かず、人間との闘いがメイン。なので、人間側のヒロイズムの方が際立っていたように思える。今後の『プレデター』シリーズを発展させるための序章に徹した気がする。ちょっと残念。
(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  2. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  3. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  4. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…

関連記事

  1. 映画レビュー

    薄暗いシナリオ以上に役者の本域に感銘を受けた『怒り』

    救いのない暗い映画です。最近の邦画はとことん暗く、日本映画の韓国映…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】映画 ビリギャル

    (C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会予告編で流れた、聖…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ナイスガイズ!

    今年度の賞レースを独占している『ラ・ラ・ランド』で主演を務めた…

  4. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】セッション

    (C) 2013 WHIPLASH, LLC All Rights R…

  5. 映画レビュー

    『いぬやしき』加齢のギャップを活かせず、憲さんよりも佐藤健がカッコ良いのが最大の失敗!

    空中戦の映像は見事でした。昨今の邦画では最高クラスじゃないかと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  2. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  3. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  4. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
  5. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
PAGE TOP