映画レビュー

【映画レビュー】『スペンサー・コンフィデンシャル』マーク・ウォールバーグがめちゃくちゃハマリ役過ぎて最高!




© Netflix

アメリカで正義が揺らいでいる。白人警官による黒人への理不尽な暴力行為が後を絶たず、法の下の力が市民の安心安全を脅かすという由々しき事態に大国として内部から崩壊寸前である。思えば、昔から、汚職警官を描いた作品は存在した『L.A.コンフィデンシャル』『トレーニング・デイ』『チェンジリング』『イコライザー』、最近なんかでは『リチャード・ジュエル』なんかもそうだった。自国の恥部を晒すということは、まだ大国の自省作用が機能してる証明で安堵感を覚えるが、問題の解決に直結しないのはいけない。

頑固で喧嘩っ早いがゆえにキャリアを台無しにしてしまう不器用な正義感強い男を、そのまんまの性格のマーク・ウォールバーグが演じる。おそらく、彼史上最も本人に近いキャラクターだと思われる。見事なハマリ役。バディ映画というよりも、彼の一線超えちゃってまで己の正義を貫徹するひとり暴れん坊将軍状態なのが痛快で、好感度大だ。だって、上司の家に行った際に、その奥さんがDV受けてるのを目の当たりにして、そのままボッコボコにぶん殴っちゃうとか、いくらなんでもやり過ぎ・・・・・・なんだけど、痛快なんだよな~。
まさしく、不良版ダーティ・ハリー。市民感情では許しがたい、法的にはグレーな部分を自警感情で暴走しちゃうのが爽快すぎる! こういう利他的に動くアンチ・ヒロイズムってのは個人的に大好きだ。『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアーの如く。
同時に、この映画は、王道アクションを劇場公開作レベルでNetflixが作れる証明をした映画でもあろう。



主人公が投獄されている時に、喧嘩を売って来るのが、現代のヒップホップ界を牽引するポスト・マローンなのも注目。本格的な映画初進出である。最近は、『キャッツ』のテイラー・スイフト、『イエスタデイ』のエド・シーランなど、映画界に進出するミュージシャンが多いが、犯罪者を演じるとはマローンらしい。

俺なんかはアホなもんで、自分がギャンブルやらないからか、日本にカジノ出来れば、それだけ金を落としていく連中も増えて経済的に良いんじゃないかと思ってたんだけど、この映画でも、カジノ設立予定地に、マフィアから国家組織まで様々な利権が絡んで、裏ではドス黒いことになってるのを思うと、横浜へのIR誘致の反対派の声も何となく理解できた気がする。

これ、是非とも続編を作って欲しい!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  2. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  3. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  4. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  5. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…

関連記事

  1. 映画レビュー

    時代と逆行する想定内のキムタク映画『無限の住人』

    黒澤明の『椿三十郎』のラストシーンを思い出した。三船敏郎と仲代…

  2. 映画レビュー

    久々の韓国映画の成功例『新感染 ファイナル・エクスプレス』の勝算は単純さにあり

    99年の『シュリ』を皮切りに、文化としての成熟度の早さ、高さが凄ま…

  3. 映画レビュー

    キュウレンジャーは読売巨人軍だと思った『宇宙戦隊キュウレンジャーTHE MOVIE ゲース・インダベ…

    この夏はハリウッドがスーパー戦隊を本域で映画化した『パワーレンジャ…

  4. 映画レビュー

    『アントマン&ワスプ』物理学の常識を自在に遊びまくる発想が見事で楽しい!

    『インフィニティ・ウォー』(以下、IW)が絶望的な内容だったの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  2. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  3. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  4. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  5. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
PAGE TOP