映画レビュー

『キャプテン・マーベル』最終決戦前の最重要作品!男性主義もサノスもぶっ飛ばせ!

(C) Marvel Studios 2019

マーベル好きとしては非常に意味深い作品だったと思う。アベンジャーズを統括するニック・フューリーとは何者なのか? どういう経緯でスーパーヒーローを集めることになったのか、それは、すなはちアベンジャーズ結成の前日譚が知れて、全ての辻褄が合わさり、いよいよ今月末にシリーズの佳境を迎える『エンドゲーム』に備えることが出来たからだ。見ない訳にはいかない重要な作品には間違いない。

しかし、マーベルと言うのは毎回毎回脚本がしっかりしている。娯楽作の鑑のような作品ばかりだ。人間の容姿に近いしい者が正義で、異星人は悪だと、容姿だけで判断していた潜在的なイメージを覆す巧みさは我々の思い込みを見事に逆手にとった脚本も見事で文句ないエンタメしてるのも良かった。特に、猫の扱い方が最高に良い(笑)

何よりも、キャプテン・マーベルの勇ましさに注視すべきだ。
デミ・ムーアが20年前『G.I.ジェーン』で丸坊主にして軍隊に入ったのは当時は相当に革新的だったが、それでもハリウッドも世の中も男性主義に支配されてきた。その是正を、この映画は、2010年代後半再びやってのける。キャプテン・マーベルは、人間の少女時代に男勝りな性格がゆえに、男性と体力面で対等になろうと奮闘してきた。しかし、やはり女性だから失敗・転んでばかりだった。それでも、何度も立ち上がる女性の勇ましい姿を、スーパーヒーローとして覚醒する際の姿とクロス・オーバーさせたのは、女性の自立心とジェンダー的向上を掲げたような描写で勇ましくカッコ良かった。

[PR]


ただ、過剰なフェミニズム礼讃的な印象もあった。ガラスの天井と言われるけど、果たして、パワーの象徴として女性を描き、ジュード・ロウ(男性)に暴力を振るう姿が正しいのか。MeTooの正解は神取忍なのか。女性が求めてるのって、こういう対等性なの? MeTooって、元は性的虐待や報酬格差の是正だったはずなんだけどなって違和感は少しばかりあった。

ま、そうも言ってられないんだ!
相手はサノス。今回の敵とは桁が違う。
メイウェザーと那須川天心並みの差。宇宙船を瞬間的にぶっ壊すくらいの彼女のパワーが必要なのだ。有無言わさず敵をぶん殴るくらいの女性でないと、それこそ二度目の指パッチンで全人類が消されてしまう。彼女の活躍に期待がかかる。

そんな勇姿を演じたブリー・ラーセンの二面性が何とも言えなかった。この人、めちゃくちゃ可愛らしい表情を見せる人だけど、この映画では勇ましいの一言だった。カッコ良い。

それと、音楽がかっちょいい!
ニルバーナ、R.E.M.、TLC、ノーダウト、セレブリティ・スキンと、グラム・ロックや90年代のポップの名曲がふんだんに使用されているのが最高過ぎた。

また、マーベルの名前の由来が、「Please Mr. Postman」でお馴染みのThe Marvelettesだという意外な事実も判明することも興味深い。

『インフィニティウォー』に続くシーンも見れて、いよいよ最終決戦を迎え、我々も身が引き締まる思いだ!

いざ、決戦の時!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  2. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ゴースト・イン・ザ・シェル

    囲碁の名人が人工知能に負けたというニュースを見て、人類はこのま…

  2. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBest映画2013

    こうなったら毎年言ってやろうと思うのですが、俺も大学で映画を専攻してい…

  3. 映画レビュー

    『ザ・ファブル』浅はかなギャグで自らアクション映画の看板に泥を塗る駄作中の駄作!

    関係者とファンの皆さんごめんなさい!この『ザ・ファブル』くっだ…

  4. 映画レビュー

    実写版『ダンボ』大衆娯楽施設が悪者って・・・よく許可が降りたなと思う

    耳が大きいという外見的なハンディを負った小象は正しく『シザーハ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  3. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  4. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  5. 邦楽

    THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
PAGE TOP