映画レビュー

【映画レビュー】『アオラレ』短気は損気!扇情的でセンセーショナルなテーマに釘付け!




© 2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

久々にぶっ飛んだ映画を観た衝撃。個人事業で美容師の仕事をしている主人公は離婚調停中のシングルマザー。この時点で頼れる男の存在を希薄にしているのが後々の展開の不安を掻き立てるのに十分だ(結局は男だろうと関係なく手に追えない展開にもなるが)。とある朝、寝坊しながらも息子を学校に送り迎える際に、ついてない出来事が重なり苛立っている中、前方で青信号になっても進まない不審な車両にクラクションを鳴らしたことから、その運転手に執拗に追い掛けられるサイコ・スリラー。

スピルバーグのデビュー作にして最高傑作とも言える『激突』を彷彿とさせるように、運転手を理不尽に追い回す。あの映画は犯人を見せないことで恐怖を煽ったが、本作では犯人をこれでもかってほどに見せる。とにかく、重量級の横綱化したラッセル・クロウのインパクト勝ちである。『グラディエーター』の頃の英雄の影も形も無い姿は、恐怖を覚えるのに説得力があり過ぎた。また、邦題が珍しく良い、『アオラレ』。センセーショナルだ。原題は『Unhinded』、狂気または精神異常により影響を受けることを指し、不安定を意味する。ラッセル演じるサイコ野郎は麻薬性鎮静剤をバリボリ食っていたので、相当にヤバい奴。



このサイコ豚野郎が大暴れ、いわゆる理屈や常識を共有できない相手と、どう対峙すれば良いかが非常に難しいということになるが、結局は闘うというハリウッド的なムチャクチャ加減も含め、拳銃で撃たれようが怪力で暴れるラッセルにフィクションを感じて、少しは救われる気になる。リアリティに落とし込むよりも多少はB級テイストで嘘臭く描かれた方が娯楽として楽しめるからだ。
とは言え、この映画はどこか現代にメッセージを送る。冒頭でも、煽り運転の事故が倍増しているニュース音声が流れたり、劇中でも化粧をしながら運転する女性の車がラッセルの暴走車に巻き込まれて大破するなど、「ながら運転」の危険性を暗に皮肉めいて描いている。

二年前に常磐道で日本中を震撼させた「あおり運転」事件があったのも、鮮烈な記憶として我々の中に未だに恐怖として残っているし、コロナ禍で多くの人が不安やストレス過多になってる今だからこそ、他者に対して苛立ちを覚える扇情的なテーマは、流石に行き過ぎたストーリーながらも他人事のように思えない。そんな「まさに今」だからこその、エクスプロテーションにまんまと引っ掛かりながら、見入ってしまった。短気は損気、皮肉なことに、サイコ野郎を描いたスリラーに学んでしまった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  2. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  3. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  5. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ターザン:REBORN

    (C) 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc.…

  2. 映画レビュー

    グレン・クローズの芸達者ぶりに圧倒された『天才作家の妻 -40年目の真実-』

    ノーベル文学賞を受賞した作家と、その夫婦にまつわる疑惑をめぐるサス…

  3. 映画レビュー

    『スプリット』多重人格を演じきったマカボイの怪演以上に驚くラストに注目!

    M・ナイト・シャマランという映像作家は不幸な作家である。20代にし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  2. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  3. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
  5. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
PAGE TOP