映画レビュー

【映画レビュー】『アオラレ』短気は損気!扇情的でセンセーショナルなテーマに釘付け!




© 2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

久々にぶっ飛んだ映画を観た衝撃。個人事業で美容師の仕事をしている主人公は離婚調停中のシングルマザー。この時点で頼れる男の存在を希薄にしているのが後々の展開の不安を掻き立てるのに十分だ(結局は男だろうと関係なく手に追えない展開にもなるが)。とある朝、寝坊しながらも息子を学校に送り迎える際に、ついてない出来事が重なり苛立っている中、前方で青信号になっても進まない不審な車両にクラクションを鳴らしたことから、その運転手に執拗に追い掛けられるサイコ・スリラー。

スピルバーグのデビュー作にして最高傑作とも言える『激突』を彷彿とさせるように、運転手を理不尽に追い回す。あの映画は犯人を見せないことで恐怖を煽ったが、本作では犯人をこれでもかってほどに見せる。とにかく、重量級の横綱化したラッセル・クロウのインパクト勝ちである。『グラディエーター』の頃の英雄の影も形も無い姿は、恐怖を覚えるのに説得力があり過ぎた。また、邦題が珍しく良い、『アオラレ』。センセーショナルだ。原題は『Unhinded』、狂気または精神異常により影響を受けることを指し、不安定を意味する。ラッセル演じるサイコ野郎は麻薬性鎮静剤をバリボリ食っていたので、相当にヤバい奴。



このサイコ豚野郎が大暴れ、いわゆる理屈や常識を共有できない相手と、どう対峙すれば良いかが非常に難しいということになるが、結局は闘うというハリウッド的なムチャクチャ加減も含め、拳銃で撃たれようが怪力で暴れるラッセルにフィクションを感じて、少しは救われる気になる。リアリティに落とし込むよりも多少はB級テイストで嘘臭く描かれた方が娯楽として楽しめるからだ。
とは言え、この映画はどこか現代にメッセージを送る。冒頭でも、煽り運転の事故が倍増しているニュース音声が流れたり、劇中でも化粧をしながら運転する女性の車がラッセルの暴走車に巻き込まれて大破するなど、「ながら運転」の危険性を暗に皮肉めいて描いている。

二年前に常磐道で日本中を震撼させた「あおり運転」事件があったのも、鮮烈な記憶として我々の中に未だに恐怖として残っているし、コロナ禍で多くの人が不安やストレス過多になってる今だからこそ、他者に対して苛立ちを覚える扇情的なテーマは、流石に行き過ぎたストーリーながらも他人事のように思えない。そんな「まさに今」だからこその、エクスプロテーションにまんまと引っ掛かりながら、見入ってしまった。短気は損気、皮肉なことに、サイコ野郎を描いたスリラーに学んでしまった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  2. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  3. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  4. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  5. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!

関連記事

  1. 映画レビュー

    二兎追う者は一兎も得ず?『女王陛下のお気に入り』は権力に奢れる人間の愚かさを描いた愛憎劇

    アカデミー賞はこの映画の何が好きだったの?英国王室・衣装メイク…

  2. 映画レビュー

    話題の『アリー/スター誕生』に騙されるな!こんなもん涙の一滴も出ない!

    もはや芸能カップルの悲哀物語の教科書とも言える『スター誕生』のリメ…

  3. 映画レビュー

    『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』感動も多幸感も表現しきれない薄味ミュージカル

    日本人が如何にも好きそうなミュージカル映画だなと思った。『グレーテ…

  4. 映画レビュー

    大根キアヌが暴走するだけの荒唐無稽なSF映画の駄作『レプリカズ』!

    出来そうで出来ないがSF映画のリアリティこの手のSF映画を許容…

  5. 映画レビュー

    誰もビートルズを知らない世界で抜群のセンスが光る傑作『イエスタデイ』

    プロのミュージシャンに憧れ目指した人なら誰しも思ったことがある発想…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  2. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  4. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  5. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
PAGE TOP