映画レビュー

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』こそ民生を理解していない

© 2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会


薄っぺらい映画だった。奥田民生に憧れる理由は凄く共感できる。自由奔放で放浪的なイージューライダーの価値観に共感するって、一種の悟りにも近い心地良さで、最近多いMLMとかネットワークビジネスとか、背伸びして似合いもしないスーツやドレス着て、見知らぬ人間と偽りの笑顔でインスタ投稿・・・・・・不自然で気味の悪い生き方こそダサくて、ありのままで脱力感で心地良いことだけ追い求めたい、現代社会に自ら敢えて背く生き方をカッコ良いとする価値観。でも、うまくやりぬくウィットと賢さがある。都合が良いように聴こえるかも知れないけど、民生に憧れる根底には、そんな価値観がある。

でも、奥田民生ほどワークホリックな人もいない。2008年の全国ツアーで三郷の市民文化会館でやったライヴでは40代にしてギター技術が向上してて驚いたし、ソロ活動で全国まわる中、ユニコーン復活させちゃうし、ROCK IN JAPAN皆勤賞の希少なアーティストだし、毎年12月に武道館で行われるジョン・レノン追悼ライブなど、大きな邦楽イベントには必ずいるし、あの奔放さって、レコード会社や関係各所に相応の信頼と実績を経ているから許されるものなんじゃないかと思うわけで。20代の頃は表面的な民生像しか見えてなかったけど、30にもなれば、それが分かるんで、この映画も、もっと民生の奥深さが垣間見えるのかなと思っていたら、ただ、民生に憧れた男が、場末のキャバ嬢のようなビッチに振り回されるだけの内容で心底ガッカリした。

出典:YOUTUBE(https://www.youtube.com/watch?v=BF6N2_tXSRM)


民生に憧れるって世代は正しく自分と同世代が多いと思う。この映画の主人公も33歳だった。ユニコーン全盛期を知らなくて、小中学生でソロ転向して、間もなくしてPUFFYなんかを成功させちゃって、それから何となくずっと知ってる感じ。そんな世代って、就職難でロスト・ジェネレーションなんて言われて、バブルの恩恵も知らずに、混沌とした20世紀と21世紀の狭間を多感期に過ごした世代。そんな時代の中にあっても《なにもそんな難しいこと / 引き合いに出されても》なんてケセラセラと歌い捨てる民生に惹かれる。
滅茶苦茶な時代性に相反するからこそ奥田民生の性分に憧れる。この主人公である「奥田民生になりたいボーイ」を、そういう世代の象徴として描いてくれるのかなと思っていたんだけど、この監督はそこまで何かを突き詰められるほどの技量が無いようだ。
かつて民生は「マシマロ」なんてタイトル付けておきながら、歌詞は全然マシマロと関係ないと歌ったことがあるが、この映画然り、奥田民生は全然関係ない。なんなら、斉藤和義でも、吉井和哉でも良かった。こんな映画に引っ張り出された民生が気の毒過ぎる。

なぜそうなるかって、この大根監督って前から揺るぎない思想とか作家性がないからに他ならない。人間性の軽さが如実に作品に表れている。『SCOOPE』なんかを例にすれば、文春とか芸能人の不貞ばかりが取り扱われて、ジャーナリズムが危惧される昨今においても、報道ってどうあるべきかとか一切主張できない軽薄さ。中身がないのがポップ・カルチャーだと思ったら大間違いだから。それこそさっきから述べている民生論“軽いようで軽くない”を、監督自身が学ぶべき。演技が下手な役者を大根役者というけれど、この大根(オオネ)監督は苗字の通り、大根(ダイコン)監督だって思った。

ま、あまり攻撃してても仕方ないけど、水原希子を可愛く撮っただけでも良しとしとこっか。

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再配布は固く禁ずる。
※引用する際はURLとリンクの記載必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  2. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  3. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  4. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  5. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『ボヘミアン・ラプソディ』最高の伝記映画にして最高の音楽追体験のできる大傑作!

    身震いがした。全身の細胞が躍動しているのが分かった。それだけの…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ターザン:REBORN

    (C) 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc.…

  3. 映画レビュー

    『僕のワンダフル・ライフ』この映画で泣ける幸せを噛みしめたい☆

    いや実際にはナイアガラの滝のように泣いた(笑)ハルストレム監督…

  4. 映画レビュー

    『デス・ウィッシュ』ヘイヘイドクター!ヘイドクター!ブルース・ウィルス外科医に見えない!

    本当にメスよりも銃の方が断然似合う男だ。逆にブルース・ウイルス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  2. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  3. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  4. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  5. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
PAGE TOP