映画レビュー

群像劇の大傑作『パトリオット・デイ』を観て感じるテロ時代のリアル

image source:http://www.imdb.com/title/tt4572514/mediaviewer/rm3699836416
© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.


これぞ、刑事映画だと太鼓判を押したくなるような大傑作だった。この映画は、2013年のボストンで起きたテロ事件を基にしているので、映画として、娯楽として消化することが、如何に不謹慎であるかは十分に理解しているつもりだ。犠牲者のご冥福もお祈り申し上げる気持ちは当然ある。
ただ、この映画は悲劇の記録映画として機能する以上に、完璧なまでの映画的な醍醐味をも併せ持ってしまったようだ。こんなスリリングなサスペンスを観たのは久々だ。

言ってみれば『踊る大捜査線』をハリウッドが本域でやったら、こうなるという指標。本来は『踊る大捜査線』の本広克行監督は、音響の大きさ、編集の細かさなど、日本映画・ドラマの定説を打ち破って、ハリウッド的な作品作りをしたかった監督のハズだが、本家と比べてしまうと、そのみみっちさが際立ってしまったようだ。日本の刑事映画の金字塔でもある『踊る~』は、軽快なギャグと、所轄(庶民派)肯定と、キャリア批判に終始してしまった。事件を解決するカタルシスや、肝心のヒロイズムよりも、共感性をうたって終わったに過ぎない。何も心揺さぶられるものは無いし、スリリングな展開も見せなかった。

しかし、この映画は違う。実際に起こった事件を描いているとは言え、だからこそか、徹底的にスリリングなのだ。実際の監視カメラ映像も使われ散ることも大きいだろう。ついこの間、アリアナ・グランデのコンサート会場はじめ、英国でテロが頻発している昨今において、その防止の困難さや、犯人の身勝手な言い分が、妙にリアルで恐ろしい。広義的に見れば、テロもイラク戦争の報復と言えるかもしれない。しかし、個人的な意見としては、テロに肯定の余地はないと断言する。

劇中では、犯人の妻が尋問されるシーンで、「シリアでは毎日多くのイスラム教徒が犠牲になっている」と言う台詞にも表れているが、双方の思想や言い分が交わらないことにこそ、現代の闇が生まれるきっかけとなっている。アメリカが正義で、テロ組織を悪とする、昨今のイスラム差別を助長しかねない、トランプ大統領の発言や、海外ドラマの描写のような、単純な一元論ではないことも、この映画は示す。もっと奥深いところに問題は根付いていることを諭されているようだ。

また、この映画は本当に多くの登場人物が描かれる。ケヴィン・ベーコン演じるFBI特別捜査官や、J・K・シモンズ演じる老保安官。幸せな日々を送る若いカップルや、飲食店の女性に思いを寄せる中国籍の男性。一見、無関係だと思う、各々のキャラクター(実際に存在する人物)が、このテロ事件に次第に関わっていく回収法が見事なのだ。この映画が、優れている点は、この伏線の張り方にあった。これほど成功した群像劇も、なかなかお見かけすることは出来ない。『踊る~』ばかりを否定するのも申し訳ないが、織田裕二の好感度ばかりを無駄に描くのとも違う! この映画は主人公である、マーク・ウォールバーグのヒロイズムさえピックアップしないのだ。テロに関わった人間ひとりひとりの心情を丁寧に描くことで、事件の関係者の心情を深く掘り下げている。だから、余計に感情移入してしまう。

最終的にテロには屈しない姿勢と、それに立ち向かうのは“愛”であることをメッセージとして残すわけだが、美談では済まされない現状を憂う気持ち、テロに対する断固とした否定的な態度も改めて持つべきだと気付かされた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  2. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  4. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  5. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!

関連記事

  1. 映画レビュー

    マーベルに名作増える『スパイダーマン:ホームカミング』青春ヒーロー映画の金字塔誕生!

    所詮はアメコミである。これだけ年に複数作も乱発公開していれば観客も…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】帝一の國

    漫画原作というか邦画そのものに面白みを感じない自分が絶賛したい…

  3. 映画レビュー

    成功と反比例して深まる孤独『ロケットマン』で人間の幸せは何かを考える

    『ボヘミアン・ラプソディ』の成功で製作者たちが次に目を向けたの…

  4. 映画レビュー

    『インクレディブル・ファミリー』14年ぶりの続編でも衰えぬ娯楽性と2010年代に通じる#metoo精…

    前作が14年前だというから嫌になる。しかも、ついこの前感があるから…

  5. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBest映画2014

    今年もBest映画を発表する時期になりました!毎年言うことにしてま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  2. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  3. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!
  4. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  5. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
PAGE TOP