映画レビュー

【映画レビュー】三浦春馬の最後の主演作『天外者』彼の熱演に胸熱くする



(C) 2020 「五代友厚」製作委員会

こんなことを言ったら身も蓋も無いが、史実の映画はあまり好きではない。映画は虚構であればあるだけいい。この映画のように、偉大な人物の人生を描くには二時間では足りないからだ。
その偉業の中で、どのエピソードにスポットを当てるのか? その人物のどんな性格の側面を描くのかの抽出のセンスが問われる。例えばカンバーバッチ主演の『エジソンズ・ゲーム 』というエジソンを描いた映画があった。あの映画は発明王の、電力発明の部分は描いていない、エジソンの人間性すべてを描いていない。電力を大衆に売る権利闘争にスポットを当てた映画だった。だから、内容が濃かった。

恥ずかしながら私は日本史に疎いのだが、今回初めて知った三浦春馬演じる五代友厚という人物について、確かに日本の産業の近代化においては多大なる貢献をした偉大な人物なのだろうが、この映画だけでは、その功績の広さがゆえに、彼の人物像をじっくりはかり知るには至らなかった。



五代が利発そうな聡明で真のある人物であることは表面的に分かったが、彼がどんなに苦労したか、その血肉が通ったシーンは無かった気がする。人物を描かずに史実を手短にまとめる作業で終始してしまった感があり、大河ドラマのダイジェスト的な印象なのが残念だった。

ただ言えるのは、その中でも台詞に血肉を通わせる熱量でぶち当たった、三浦春馬の名演には圧倒されたということだ。今まで何度も彼の姿を画面を通じて見てきた、五代のように清廉潔白で愛情深い性格、まさしく五代役は三浦春馬あってこそ成り立つと感じた。『君に届け』などの王子様キャラから、このような重厚な配役までこなす稀なる存在。物凄い才能。30歳にして画面映えする美しさは変わらず、さらに役者としてもこれからの成長が垣間見れた強いまなざし。堂々たる台詞回し。これが最後の主演作というのが本当に悲しい。無念である。しかし、これだけの役者がいたんだという記録、彼が残した作品は語り継がなければならないという使命感を覚えた、本作が三浦春馬を語るに欠かせない作品であることは間違いない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  2. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  5. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?

関連記事

  1. 映画レビュー

    【報道とは何か?】映画という名のワイドショーだった『フロントマン』

    アメリカの大統領選は完全にエンターテイメントなんだなと思っている。…

  2. 映画レビュー

    『七つの会議』が掲げる「されどネジ」は日本の労働力賛歌だ!

    流石は池井戸潤原作だけあって面白い。ハズレが無い。主演に野村萬斎を…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】キングコング:髑髏島の巨神

    映画を愛する映画馬鹿が振りかぶって作った、賛辞を持って「馬鹿だ…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ナイスガイズ!

    今年度の賞レースを独占している『ラ・ラ・ランド』で主演を務めた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  2. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  3. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  5. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
PAGE TOP