映画レビュー

【映画レビュー】三浦春馬の最後の主演作『天外者』彼の熱演に胸熱くする



(C) 2020 「五代友厚」製作委員会

こんなことを言ったら身も蓋も無いが、史実の映画はあまり好きではない。映画は虚構であればあるだけいい。この映画のように、偉大な人物の人生を描くには二時間では足りないからだ。
その偉業の中で、どのエピソードにスポットを当てるのか? その人物のどんな性格の側面を描くのかの抽出のセンスが問われる。例えばカンバーバッチ主演の『エジソンズ・ゲーム 』というエジソンを描いた映画があった。あの映画は発明王の、電力発明の部分は描いていない、エジソンの人間性すべてを描いていない。電力を大衆に売る権利闘争にスポットを当てた映画だった。だから、内容が濃かった。

恥ずかしながら私は日本史に疎いのだが、今回初めて知った三浦春馬演じる五代友厚という人物について、確かに日本の産業の近代化においては多大なる貢献をした偉大な人物なのだろうが、この映画だけでは、その功績の広さがゆえに、彼の人物像をじっくりはかり知るには至らなかった。



五代が利発そうな聡明で真のある人物であることは表面的に分かったが、彼がどんなに苦労したか、その血肉が通ったシーンは無かった気がする。人物を描かずに史実を手短にまとめる作業で終始してしまった感があり、大河ドラマのダイジェスト的な印象なのが残念だった。

ただ言えるのは、その中でも台詞に血肉を通わせる熱量でぶち当たった、三浦春馬の名演には圧倒されたということだ。今まで何度も彼の姿を画面を通じて見てきた、五代のように清廉潔白で愛情深い性格、まさしく五代役は三浦春馬あってこそ成り立つと感じた。『君に届け』などの王子様キャラから、このような重厚な配役までこなす稀なる存在。物凄い才能。30歳にして画面映えする美しさは変わらず、さらに役者としてもこれからの成長が垣間見れた強いまなざし。堂々たる台詞回し。これが最後の主演作というのが本当に悲しい。無念である。しかし、これだけの役者がいたんだという記録、彼が残した作品は語り継がなければならないという使命感を覚えた、本作が三浦春馬を語るに欠かせない作品であることは間違いない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  2. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  3. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  4. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. 映画レビュー

    『ジェミニマン』役者若返り達成!リー監督による技術への飽くなき追求に驚愕する!

    役者の若返りが遂に達成された革命的映画だ!『ベンジャミン・バト…

  2. 映画レビュー

    『スプリット』多重人格を演じきったマカボイの怪演以上に驚くラストに注目!

    M・ナイト・シャマランという映像作家は不幸な作家である。20代にし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 音楽

    【FUJI ROCK直前特集 Part.2】音楽に政治を持ち込むのは是か?非か?…
  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  4. ハリウッド

    【報酬額予想】相当稼いだだろう新スパイダーマンのトム・ホランドが確定申告で困って…
  5. ライブレポート

    METROCK 2017 1日目完レポ
PAGE TOP