映画レビュー

本当に作品賞?『グリーンブック』毒にも薬にもならない無難な映画だった

(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.


無難な作品だった。これを賞賛と捉えるか、悪意と捉えるかは個人に因るだろう。ここでは、その意思は明記しない。ただ言えることは黒人差別を問題視し、人種差別を解消するに値する作品ではないことは確かである。なので、鑑賞中に「(人種云々を隅に置いといて)これはピアニストと用心棒個人の友情物語」とスイッチを切り替えて観れば、少しは栄養になる映画かなと割り切れた。

この映画がオスカーで作品賞を獲った際に「白人救済主義」だと批判が飛んだ時に、その意図が理解できずにいた。いいじゃん、白人が黒人を擁護して何が悪いんだ、なんでも文句を付ければいいってもんじゃないんだよって。けど、こういう表面だけをしゃぶしゃぶしただけの映画に時代を変えるまでのパワーは備わっていないことは、同候補だったスパイク・リーの『ブラッククランズマン』を観れば分かる。黒人差別は何も、レストランやトイレに入れない、屈辱を味わうだけではない。本当に末恐ろしい憎悪の元で成立してるってことをリー監督は示した。それは、当事者だからだ。差別の本質をえぐらなければ、薄っぺらい道徳の教科書で終わってしまう。差別意識は無いにせよ、『グリーンブック』の制作陣には、そこまで深く切り込める手腕が無かったのは、白人だけだったから。「俺たちは差別はしない善人」でしかないからだ。

[PR]


だからこそ、これは友情物語でしかない。そう開き直らなければ楽しめない。
主演であるヴィゴ演じる用心棒のぶっきらぼうでありながらも、少年のような素直さに好感が持てる。当初は差別主義者と描かれていたが、請け負った仕事や黒人である雇い主に対しての向き合い方は純真そのものだった。結局、この映画で語られる全ては、彼の純真さで成立してたと言って過言ではないと思う。彼の乱暴さがなければ、アリ演じるピアニストは南部をツアーで回ることなんか不可能だったわけだし(それにスポットが偏ってるから「白人救済」なんて言われるのだろうが)、ピアニストの繊細さがあったから、用心棒が非差別的な価値観を持ち、ヤクザな道を歩まずに済んだ、いわゆるWin-Winな関係性。非常に気持ちの良い話ではある。

そんな正反対な二人が繋がったのもフライドチキンという描き方も面白い。けど、現実世界でも心が通じるなんて、ほんの些細なことだったりする。たったフライドチキンが重要だったりする。
そして、最終的には、孤独よりも誰かに寄り添い生きていく温かみを感じさせて物語は幕を閉じる。うん、完璧なまでに良い話。涙を流すとか、心揺さぶられるほどの熱いものは感じなかったが、九割の人間が肯定するような良い話。無難っていうのはそういうこと。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  2. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  3. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  4. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】デッドプール

    (C) 2016 Twentieth Century Fox Film…

  2. 映画レビュー

    『僕のワンダフル・ジャーニー』気持ち良い涙が流せた素敵な続編☆

    まさかの続編も号泣必至の心温まる感動作!続編は犬中心ではなく、…

  3. 映画レビュー

    『ミスター・ガラス』シャマラン監督流のこじんまりしたアクションが愛おしい

    全身の骨がガラスのように脆いサミュエル・L・ジャクソン、24人…

  4. 映画レビュー

    アメコミ映画には無い肉体を駆使するアクションに痺れる『ジョン・ウィック:チャプター2』

    前作は愛犬をチンピラに無残にも撃たれてしまったことから始まる大復讐…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  2. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  3. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  4. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
PAGE TOP