アカデミー賞

『グリーンブック』勝利!第91回アカデミー賞が示したネット配信映画の拒絶は正しい!

https://oscar.go.com/

司会者の不在や、女性・人種・移民・LGBTなど様々な方面で騒がれていた今年のアカデミー賞だったが、個人的には無難に終わったかなという印象だった。司会者いなくても大した影響はない声も多いらしいが、どこか味気なく、映画ファンとして言わせて頂くならば、オスカーは授賞式以前にエンターテイメントであり社会的影響力がある舞台であることを忘れてはならない。豪華絢爛で華麗なショーが展開される言わば娯楽の総本山のようなものであったはず。やはり司会者不在では淡々とし過ぎた感がある。

作品賞は意外にも『グリーンブック』が獲った。
大本命とされていた最多ノミネートのNetflix制作の配信映画『ROMA/ローマ』は監督賞含めた3部門に落ち着いた。少しホッとした。何故なら、ネット配信映画を、きちんと映画の最高峰である賞が拒否したからだ。ま、拒否というと少し大袈裟かもしれないが、『ROMA/ローマ』は監督賞まで獲っているわけで順当に考えれば作品賞を獲ってもおかしくはないわけで(白人製作者ばかりの『グリーンブック』が選ばれたことへの批判もあるらしいが)。これが、もし『ROMA/ローマ』が作品賞に選ばれてしまえば、映画を根底で支える興行という構造が成立し得なくなることを示唆し、従来の映画ビジネスの否定に等しかったからだ。映画は映画館でチケットを買って上映されて、その売上で興行が成り立つもの。ネット配信で済むものではない。この議論に関しては、ネット時代だとか時代の流れ云々は関係ないと思っている!

[PR]


主演男優賞に『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックが、主演女優賞に『女王陛下のお気に入り』のオリビア・コールマンが選ばれたのは番狂わせだった。単なる客寄せパンダ的な扱いだと思っていた『ボヘミアン・ラプソディ』が最多4部門(主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞)と健闘したことは驚いた。あんだけ批評家たちに不評だった映画が(「Wikipediaを映像化しただけの映画」とか「YOUTUBEでクイーンのライヴ見てたほうがマシ」とか散々な評価だったにも関わらず)大衆の支持を得て、こうも評価が変わるとは、なんとも皮肉である。自分らしさを大事に生きたゲイで移民の青年の映画を皆が祝福していることを挙げ、「自分もエジプト系アメリカ人だ」と高らかに宣言したスピーチは今回の授賞式でひと際感動を呼ぶ場面だった。


また、これまでアカデミー賞に批判的だったスパイク・リーが初めて脚色賞でオスカーを手にしたことも忘れてはならない。貧しい祖母が自分をニューヨーク大学大学院の映画学科入れてくれたことに感謝し、奴隷として黒人が連れて来られた400年間、この国を作り上げた祖先に賞賛を贈った感動的なスピーチ。続けて、2020年に正しい選択をしようと呼びかけ、トランプ大統領は後にコレを「人種差別的攻撃」と批判している。
リー監督作品はこれまで米国内では嫌われてきた。それは、彼の映画が「意見」であったからだ。アメリカの闇をえぐる作風や風刺、メッセージは、今でこそ多様的兆候を見せているが、つい十数年前までは白人至上主義であったハリウッドとしては目の上のタンコブだった。そのことを思えば、今回の受賞がどれほどの感慨深さだか自ずと身に染みるだろう。

ダイバーシティが叫ばれ始めてから、毎年何かしらが起こるようになってきたアカデミー賞であるが、それだけ映画界も変革の時期に差し掛かっているのだなと感じる。でも、これは非常に良い風潮だなと思っている。多様性とは言えども、資本で物を言わせるハリウッド映画の中国化に比べればマイノリティにスポットライトが当てられていく現状は支持するに相応しいだろう。今後の映画界の動きにも注目である。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  2. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  5. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!

関連記事

  1. アカデミー賞

    3分で700万円!?その仕事、俺にやらせてくれ!

    今年のアカデミー賞で司会のクリス・ロックが「僕の娘がやって…

  2. ハリウッド

    SWスピンオフの内容が明らかに!

    スターウォーズという一大叙事詩は映画で描かれていないエピソ…

  3. アカデミー賞

    オスカー予想

    最近は観てもいない映画がほとんどなのに他の映画賞の結果だけ…

  4. アカデミー賞

    【いよいよ本番】今年2018年のオスカーはこうなる!

    いよいよ明日に迫った第90回アカデミー賞授賞式!映画界最高峰の…

  5. ハリウッド

    実写版『美女と野獣』が異例の大ヒットを記録中!

    エマ・ワトソン主演、名作アニメの実写版『美女と野獣』が異例…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  2. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  3. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  4. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  5. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
PAGE TOP