映画レビュー

【映画レビュー】『モンスター・ハンター』ミラ姐さんの若さに脱帽!やっと、この規模感の映画が劇場で観れた喜び!



(c) Constantin Film Verleih GmbH.

ゲームに無頓着なもので、原作からの比較は出来ないのだが、どうもゲームファンからしたらイメージと違うようで酷評の嵐。けど、それって結局は、この映画の勝ちを暗示してるように感じる。というのも、アンダーソン監督とミラ姐さんの絶妙なコンビ芸が光った『バイオハザード』の第一作の時の感想と全く同じだからだ。あの時も「ゲームと全然違う」と酷評が続出。しかし、映画シリーズは大成功。15年に渡って6本もの続編が作られた。(下手したら本作を観てる客層の大半が、バイオがはじまった2002年当時、小学生以下の可能性もあるので、そんなこと知らねぇよ!で済まされるかも知れないが。)

まず、コロナ禍でLAやNYの映画館が閉鎖されている昨今、ほとんどの映画が公開延期の中で、このスケール感の映画を観るのが久々なので、その感慨深さと感謝をしたい、映画好きとして。当たり前にあったハリウッド大作が公開されない日常に、王道の娯楽作が目の前で繰り広げられる感動はひとしおである。



まず、砂の中を鮫のように移動する、馬鹿でかいバケモンの描き方も既に見飽きた描写にせよ、求めていた画力がようやく満たされた気がして嬉しい。そして、蜘蛛みたいなバケモンが無数襲ってくるのも『スターシップ・トゥルーパーズ』を彷彿とさせるハイパーさ加減でグッと心掴まれてしまう。

この本編のほとんどが、主人公と価値観も文化も異なる、言葉が通じない男(タイのアクション俳優トニー・ジャーをキャスティングしたセンスは抜群!)とのバディ映画となっているが、その中で、敵か味方かも分からぬために戦ったり、また、仲間と認識する様子も笑えるスパイスが効いていて良い(バケモンの餌役を押し付けるなど)。友好を示すのが、食べ物(チョコレート)を差し出すことというのも大雑把で好きだ。ただ、序盤であるはずの二人の死闘部分が長すぎるという文句もあるらしいのだが、仮に本作がシリーズとして続いていくのであれば、この頃はバケモンを退治するのに、ここまで苦労したというフリが効いていると思えば良い。
ゲームでは、もっと簡単にバケモノを退治できるらしいが(ハンターというくらいだからな)、このくらい悪戦苦闘してくれることで、主人公が戦士に成長していく様相が見れて説得性も増す。



何よりも、御年45歳のミラ姐さんの筋肉質なアクションが全く衰えていないところに脱帽である。非現実的な世界観に、生身の人間として挑むのに説得力がある、この人は。むしろ、それ大前提で成立している映画と言っても過言でないかも。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  2. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ザ・コンサルタント

    ドリフのもしもシリーズ映画です!もしも、レインマンがジェイ…

  2. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する

    まず私が小学生高学年の時に親にアニメのVHSを買って貰ったのが20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  2. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  3. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  4. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP