映画レビュー

【映画レビュー】『キャッツ』そもそも映画化すべきでない!

(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

そもそも論として、この不朽の名作である『キャッツ』が今まで映画化されてこなかった理由を考えれば、下手に手を出すべきでないことは明白である。T・S・エリオットの原作が「私はこういう猫だ」「俺はこういう猫だ」っていうように、各々の猫の自己紹介が繰り返される詩集なのでストーリー自体が無いと。それを少しは脚色でストーリー性を持たせたことは映画化するにあたっての唯一の及第点とも言えるだろうが、やはり映画的な関心としては物足りなさを感じる。



で、あの視覚効果であるからなぁ。世界中で酷評されたビジュアルは確かにおぞましいほど不気味で、SFホラーのよう。役者の顔が分かる程度のメイクだから人面猫の域を超えられていない。
指輪物語のゴラム役のアンディ・サーキス、X-MENで怪物になったジェニファー・ローレンスなど原型が誰だか分からないほどの変身を役者に成し遂げられなかった監督の采配不足は情けないとまで感じる。
これなら、『スキャンダル』のシャーリーズ・セロンの方がよっぽど自分の容姿を捨てて役柄に挑んでると思う。また、ネズミやゴキブリまで人間でやっちゃうセンスにはドン引きでしかない。



加えてミュージカル・シーンの魅力にも欠ける。せっかくの映像化であるのに映画化の利点も感じず、躍動的な猫のダンスとか舞台を俯瞰で撮ってるに過ぎない工夫の無いカメラワークはフォローのしようが無い。わざわざ、希代の歌姫テイラー・スイフトまで引っ張り出しといてアレでは。

そもそも、トム・フーパーって監督自体が今まで大した作品を撮ってなかったことに気付く。アカデミー賞受賞作『英国王のスピーチ』だって、いつの時代に作られてもいいような、感情も揺さぶられない凡作でしか無いし。『レ・ミゼラブル』に限ってはヒュー・ジャックマンを筆頭に役者の演技に助けられていた気もするし。他の監督なら・・・・・・なんて、たられば論は言うべきではないにせよ、ブロードウェイや劇団四季の方が、よっぽど良く出来てると思わずにいられなかった。ただの悪口であって批評にも何にもなってないことは、自分でも承知の上で、この映画で感動した人まで批判する気は無いので、個人的意見としてご査収頂ければ幸いです。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  3. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  4. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  5. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    本当に作品賞?『グリーンブック』毒にも薬にもならない無難な映画だった

    無難な作品だった。これを賞賛と捉えるか、悪意と捉えるかは個人に因る…

  2. 映画レビュー

    マーベルに名作増える『スパイダーマン:ホームカミング』青春ヒーロー映画の金字塔誕生!

    所詮はアメコミである。これだけ年に複数作も乱発公開していれば観客も…

  3. 映画レビュー

    先進国ニッポンの歪みを見事にえぐった今観るべき傑作『万引き家族』

    是枝監督作品は優しさに満ち溢れている。絆や愛情とは何かという根本テ…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】バイオハザード:ザ・ファイナル

    この映画の存在意義は2つあると思っています。まずは、ゾ…

  5. 映画レビュー

    OASIS日本ラスト公演「FUJIROCK’09」を映画館で観る!

    フェスにおける生の現場に比例する臨場感のある音響。月並みな表現にな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【報酬額予想】相当稼いだだろう新スパイダーマンのトム・ホランドが確定申告で困って…
  2. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  3. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  5. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
PAGE TOP