音楽

The 1975の新曲のアートワークがマルーン5の過去作に似てると指摘されマットが反論!



COPYRIGHT © UNIVERSAL MUSIC LLC ALL RIGHTS RESERVED.

The 1975の新曲「Me&You Together Song」のジャケ写のアートワークが、マルーン5の過去の作品のアートワークと似てると指摘され、The 1975のフロントマンであるマット・ヒーリーが反論をしている。問題となってるジャケットは、メンバーの顔それぞれに赤、黄、青、緑のフィルターがかかったものとなっている。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

The1975(@the1975)がシェアした投稿


今回のThe 1975のアートワークが、マルーン5が現在のバンド名に改名する前の「Kara’s Flowers」だった97年にリリースしたアルバム「The Fourth World」のジャケ写と似ていることを指摘するかのように、マルーン5のフロントマンであるアダムは、Twitter上で比較写真を添付して「君たちはKara’s Flowersの大ファンなのかな?」とツイートした。少し嫌味っぽい気もするが(笑)


ま、確かに似てるっちゃ~似てるけど、もともと目くじら立てるほど斬新なビジュアルでもない。東京五輪のエンブレム問題もそうだが、中には似通った表現が偶然にも出てくることは可能性として十分にある。この前の元AKBの板野友美の新曲がカミラ・カベロのコピーかのようだったように、意図的なパクリもあろうが。けど、偶然にも似てすまった表現って、元の表現がが単純だったりして、大したデザインではない場合が多い。今回の両者のアートワークも、これなら両方ともカードゲームの「UNO」に似てるとも言えるし、ちょっと言いがかりな部分も否めない。



これに、The 1975のマットが反応。「それが何だかよく知らないけど、なんか電話ボックスにいることについての曲とかが大好きだよ」と返答。おそらく「Payphone」のことだと思われるが、マルーン5にさほど興味ないぜ感も出しつつ、少し馬鹿にしたような感じが、如何にもマットらしくて好きだ。その後、アダム側のツイートは削除された。マットの勝ち。

と思われたが、この論争?に、アメリカのポップ・バンド「ホット・シェル・レイ」も実は激似なジャケ写の作品を過去にリリースしていたと言って参戦。「こりゃ参ったな・・・・・・そしたら、3組の誰かが変えなきゃいけないんじゃね?」と冗談交じりにツイート。
それ以降、誰もこのことには触れなくなった。



音楽や映画ではパクリ騒動は頻繁に起こる。通例だと、売れてない歌手とか無名のクリエイターが、成功者をパクリだと訴えるケースが多いけど、こうして売れっ子同士がパクリ騒動で揉めるのは稀である(レディガガとマドンナの例もあるが)。というか、マルーン5さえ余計なこと言わなければ何でもない話であったのだが。マルーン5って昨年のハーフタイムショーが酷評されてから、どうも良いイメージが持たれてないだけに、こういう重箱の隅を突くような言動は控えた方がいい気もするけどな。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  4. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  5. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える

関連記事

  1. 音楽

    2014年に期待をしてしまう魔法の言葉

    昨年50周年を迎え、2013年に入ってから米英で大規模なラ…

  2. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10

    早いもので今年も終わり!年末の風物詩と勝手に俺だけが呼んで…

  3. 日記

    発表!俺が勝手に決める、2014年MYベスト・アルバム!

    もう、今年は文句なしで、この人でしょう!ファレル・ウィ…

  4. 音楽

    2016年のマイ・ベスト・アルバム決定!

    ⇒まずは、歴代のマイ・ベスト・アルバムをおさらい英…

  5. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化

    ジャスティン・ビーバーがスペイン語の歌唱でゲストで参加している、今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  3. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  4. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
PAGE TOP