音楽

The 1975の新曲のアートワークがマルーン5の過去作に似てると指摘されマットが反論!



COPYRIGHT © UNIVERSAL MUSIC LLC ALL RIGHTS RESERVED.

The 1975の新曲「Me&You Together Song」のジャケ写のアートワークが、マルーン5の過去の作品のアートワークと似てると指摘され、The 1975のフロントマンであるマット・ヒーリーが反論をしている。問題となってるジャケットは、メンバーの顔それぞれに赤、黄、青、緑のフィルターがかかったものとなっている。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

The1975(@the1975)がシェアした投稿


今回のThe 1975のアートワークが、マルーン5が現在のバンド名に改名する前の「Kara’s Flowers」だった97年にリリースしたアルバム「The Fourth World」のジャケ写と似ていることを指摘するかのように、マルーン5のフロントマンであるアダムは、Twitter上で比較写真を添付して「君たちはKara’s Flowersの大ファンなのかな?」とツイートした。少し嫌味っぽい気もするが(笑)


ま、確かに似てるっちゃ~似てるけど、もともと目くじら立てるほど斬新なビジュアルでもない。東京五輪のエンブレム問題もそうだが、中には似通った表現が偶然にも出てくることは可能性として十分にある。この前の元AKBの板野友美の新曲がカミラ・カベロのコピーかのようだったように、意図的なパクリもあろうが。けど、偶然にも似てすまった表現って、元の表現がが単純だったりして、大したデザインではない場合が多い。今回の両者のアートワークも、これなら両方ともカードゲームの「UNO」に似てるとも言えるし、ちょっと言いがかりな部分も否めない。



これに、The 1975のマットが反応。「それが何だかよく知らないけど、なんか電話ボックスにいることについての曲とかが大好きだよ」と返答。おそらく「Payphone」のことだと思われるが、マルーン5にさほど興味ないぜ感も出しつつ、少し馬鹿にしたような感じが、如何にもマットらしくて好きだ。その後、アダム側のツイートは削除された。マットの勝ち。

と思われたが、この論争?に、アメリカのポップ・バンド「ホット・シェル・レイ」も実は激似なジャケ写の作品を過去にリリースしていたと言って参戦。「こりゃ参ったな・・・・・・そしたら、3組の誰かが変えなきゃいけないんじゃね?」と冗談交じりにツイート。
それ以降、誰もこのことには触れなくなった。



音楽や映画ではパクリ騒動は頻繁に起こる。通例だと、売れてない歌手とか無名のクリエイターが、成功者をパクリだと訴えるケースが多いけど、こうして売れっ子同士がパクリ騒動で揉めるのは稀である(レディガガとマドンナの例もあるが)。というか、マルーン5さえ余計なこと言わなければ何でもない話であったのだが。マルーン5って昨年のハーフタイムショーが酷評されてから、どうも良いイメージが持たれてないだけに、こういう重箱の隅を突くような言動は控えた方がいい気もするけどな。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  3. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  4. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  5. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!

関連記事

  1. 音楽

    来年のハーフタイムショーにCOLDPLAYが決定!

    来年2016年2月7日に開催される第50回スーパーボウルの…

  2. 映画レビュー

    OASIS日本ラスト公演「FUJIROCK’09」を映画館で観る!

    フェスにおける生の現場に比例する臨場感のある音響。月並みな表現にな…

  3. 音楽

    スポティファイの波は日本にも届くのか?

    欧米では、すんげぇ~勢いで拡大中の定額音楽配信サービス!…

  4. 音楽

    アリアナ来日公演が中止

    来週開催予定だったアリアナ・グランデの来日公演がアーティス…

  5. ニュース

    ジャスティン・ビーバー世界ツアー残り公演中止の真相とは!

    松居一代が船越栄一郎を許さない以上に、個人的に許せないのが、ジ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  2. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  3. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  4. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
  5. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
PAGE TOP