ハリウッド

スコセッシ監督のMCU批判は映画業界の行く末を案じた愛情表現だと思う

Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

スコセッシのマーベル映画に対する「映画じゃない」発言は衝撃的であり画期的な出来事だった。しかし、その発言は多くのマーベルファン(主にキッズ)によって批判が湾曲され違う意味合いとなって、一人歩きしたようにも思える。ここで簡単にスコセッシの発言と、その真意を振り返ってみたい。

スコセッシがマーベルを映画じゃ無いと言ったのは、マーベル作品はテーマパークであり、他者の感情や心に訴えかけようとする映画ではないからだとする理由が最も大きい。しかも、『エンドゲーム』が歴代トップとなるなど、興収的にも、その勢いが拡大化しており、ベテラン新人関係なく、その類いの映画に出演することがステータス化している。そうなれば、若手の監督がオリジナルの脚本を書いて許容される隙間が無くなり、業界全体が似通ったコミック映画のフランチャイズ関連作に埋もれることを危惧した発言であることは明白だ。

映画館がアミューズメントパークになりつつあります。それは素敵なことだと思いますが、すべてが飲み込まれてしまってはいけない。(マーベル映画の制作者たちに対して)彼らの仕事はすごいと思いますが、私の仕事ではない。「映画とはああいうもの」と観客に思わせてしまっている。

後者は「映画は他者の心に訴えかける」発言にあるように、心情を丁寧に描いてきたスコセッシならではの理屈と言えよう。実際に、スコセッシはDC映画『ジョーカー』が自身の監督作『タクシー・ドライバー』に感化されていることを知り制作段階からアドバイスを求められている、結果、『ジョーカー』は観客に強いインパクトを残し世界的ヒットを記録している。

[PR]


では前半の「映画館がアミューズメントパークになりつつあり、すべてが飲み込まれてしまってはいけない」は、何を意味するか? なぜ、希代の巨匠がここまで言ったのか、それを紐解くには、スコセッシの最新作『アイリッシュマン』を取り巻く映画業界の実情環境の厳しさを理解すれば容易になる。
『アイリッシュマン』は、なぜNetflix作品となり、大規模な劇場公開をしなかったのか。
理由はこうだ。

・スコセッシの前作『沈黙』の低興収の影響で映画が作れない
・ハリウッドも従来の映画スタジオが経営難で閉鎖されている
・映画制作が出来る場と資金の提供をNetflixが受け持ってくれた
・それが原因で、特殊メイクやCGの予算に簡単にYESが出なかった
・スピルバーグがNetflixはオスカー候補じゃ無いと憤慨
・なので仕方なく劇場公開を小規模でやった
・これじゃ映画制作の場が無く、若手のクリエーターが育たない

要は、映画業界がドル箱を探し過ぎており、映画をアートとして扱っていないことが垣間見える。産業である以上は仕方ないことなのかも知れないが、多様性を失うなどあってはならない。オリジナルの脚本での映画が作られ、新進気鋭の才能が生み出されなければならない。そういったベクトルとは違った将来像に向かってるハリウッドへの警笛だったと思えば、スコセッシの発言は映画愛に満ちあふれていると言えないか?

にも関わらず、スコセッシを「二流監督」呼ばわりする。マーベルキッズの見苦しさは頂けなかった。世代じゃないから知らないは、要するに知識の無さを露呈してるだけで、自らを情報収集能力がない・映画の歴史を知らないアホだと認めてるようなもの。先代に敬意を払えなどと説教じみたことは思わないが、スコセッシは現役の映画監督であり表現者である。ここは冷静に発言の真意を理解しなければならない。ちなみに、最後に断りを入れておくが、そんな私も部屋中マーベルグッズだらけのマーベルオタクである。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  3. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  5. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由

関連記事

  1. 映画

    第12回 独断で選ぶ今年良かった映画 TOP10 2020

    コロナ禍により公開が予定されていた話題作や大ヒ…

  2. ハリウッド

    フランク・オーシャンがグラミー受賞資格を放棄した理由

    フランク・オーシャンが、セカンドアルバム『Blonde』と…

  3. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

    2017年9月29日、宮崎駿監督作の不朽の名作『天空の城ラピュ…

  4. 映画

    『君の名は。』遂に興収128億突破で『風立ちぬ』超す!

    快進撃は止まりません!今だ大ヒットしている『君の名は。』の…

  5. アカデミー賞

    本当にそれでいいの?アカデミー賞?

    アカデミー賞も終わると、ちょっとは春の気配を感じるはずなん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  2. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  3. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  4. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  5. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
PAGE TOP