ハリウッド

トムホの涙の訴えでディズニーとソニーが奇跡の和解!スパイダーマンMCU残留決定!

© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

今年2019年の夏に全世界で公開された『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の世界的大ヒットを受け、キャラクターの権利を持つソニー・ピクチャーズと、マーベル・スタジオを持つディズニーの(ある意味、見苦しい)収益争いによって、スパイダーマンがMCUから離脱するという衝撃的なニュースが世界中に駆け巡った。興収歴代トップとなった『エンドゲーム』後、アベンジャーズが、どのように展開するか世界中のファンが心待ちにしており、スパイダーマンが、アイアンマンの意志を継ぐ者としてのポジションを確立しかけたようにも見えただけに、幻滅の声は想像以上に大きかった。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は全世界で11億3200万ドル(約1210億円)を記録。それまで、ソニー・ピクチャーズ配給作品でトップの興収を誇っていた『007 スカイフォール』の11億ドルを超える記録でもある。

しかし、事は急展開で好転した。スパイダーマン作品続編の製作を正式に発表。ソニー・ピクチャーズとディズニーが和解、米エンタメサイトVariety関係者によればディズニーが25%の出資と、25%の利益を得ることで合意したという。この問題は、そもそも、それまで(MCUのキャラクターをスパイダーマン作品に出す見返りとして)ソニー・ピクチャーズから興収5%の利益を得ていたディズニーが、今後のスパイダーマン作品は共同出資とし、利益も折半しようと提案したことが発端だった。ディズニーも他のMCU作品で利益は見込めるし、ソニー・ピクチャーズも『ヴェノム』の成功で自信を付けていたのもあり、和解は100%あり得ない状況だったという。

[PR]


実は、この和解の立役者がスパイダーマン役のトム・ホランドであったことも判明。彼が、ディズニーとソニー・ピクチャーズ双方の代表に掛け合ったという。ただ、トムは最初から和解させようと躍起になっていたわけではなかったとか。とにかく純粋な感謝の意を伝え、「素晴らしいチャンスをくださってありがとうございました」と涙ながらに(しかも、ディズニーのCEOから連絡が来た時に父親とBARにいてホロ酔いだったらしい)答えたという。これに、ディズニーのCEOも心が揺れ動いたのか、トムのためにも良い方向修正を行わなければならないと思ったんだとか。ただ、強欲ディズニーだけに利益独占しようとソニー・ピクチャーズ買収なんてことは無いことを祈りたいが(笑)まさかね・・・・・・けど、FOX買収も、まさかあり得ないと思ってたことだしな~。とはいえ、一件落着でひと安心と言ったところだし、多忙を極める両CEOが、イチ俳優のために動くなんて、なんとも粋で素敵な和解話ではないか。

注目の続編は2021年7月16日に全米公開が決定している。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  4. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. ハリウッド

    あの「フレンズ」が奇跡的なプチ復活!

    奇跡的なプチ復活!w何度も映画化の噂が出ては消え、出ては消…

  2. ハリウッド

    2020年初夏版!今抑えておきたい次世代イケメン俳優を青田刈り!

    2020年この俳優だけは抑えておきたい厳選6人!…

  3. ハリウッド

    スパイダーマン新シリーズにアイアンマン?

    スパイダーマン新シリーズ「スパイダーマン/ホームカミング(…

  4. ハリウッド

    シンプソンズ嫌悪感丸出しでディズニーを宣伝する(笑)

    ディズニーが20世紀FOXを買収するという衝撃的なニュースが世…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  2. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  3. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  4. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
PAGE TOP