ハリウッド

2019年に最も話題になったツイートは「卵」?

早いもので2019年も師走の中盤。映画や音楽などいろいろと話題になったものも多い年だったように思えるが、今回は今年2019年に最も話題になったツイートは何なのか?振り返ってみたい。

ツイッター社が発表した今年最も話題になった(バズった)投稿は、@egg_rt_recordが投稿した「卵」の写真だ。既にご覧になってる方も多いかも知れないが、このアカウントは世界記録を作る目的だけで運用されているとのことで、何の変哲も無い卵の写真に「この投稿をツイッターで最もリツイートされたものにしよう。現在世界一のZOZO前社長の前澤氏の530万リツイート(100万円を配る企画)に勝とう!」と呼びかけられ、見事に95.7万リツイートを獲得し、アカウントの狙い通りに今年最もリツイートといいねされる結果となった。


2位はBTS(防弾少年団)のジョングクがスッピンで踊ってるツイート(イケメンはイケメンだけど、スッピンだと普通の兄ちゃん感増すな笑)


3位は「閲覧注意」と書かれた動画で、必死で逃げ惑う大勢の男性たちを小さな鳥が追いかけるというユニークな動画だった。

またツイッターで最も話題にあがったテレビ番組は世界中で人気を博している『ゲーム・オブ・スローンズ』、Netflix配信のSFホラーの『ストレンジャー・シングス』、米国民的アニメ『ザ・シンプソンズ』と続く。また、最も話題となった映画は、今年歴代興収1位となった『アベンジャーズ/エンドゲーム』、久々の続編となった『トイ・ストーリー4』、今もヒット中の話題作『ジョーカー』だという。

[PR]

© Marvel Studios 2017. © 2017 CTMG. All Rights Reserved.

俳優部門では、MCUでスパイダーマンを演じるトム・ホランドが1位、同じくMCUでキャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスが2位、トム・ホランドと恋仲か噂されたゼンデイヤが3位と続く。ロバート・ダウニー・Jr.が4位、クリス・ヘムズワースが7位、マーク・ラファロが10位とアベンジャーズのメンバーが多くランクインする中、日本で活躍した橋本環奈が8位にランクインしているというから驚きである。

COPYRIGHT © 2018 UNIVERSAL MUSIC LLC ALL RIGHTS RESERVED.

ミュージシャン部門では、BTS(防弾少年団)が1位、アリアナ・グランデが2位、ドレイクが3位と続く。結婚や休養と何かとお騒がせだったジャスティン・ビーバーは意外にも6位、今年最も話題になったビリー・アイリッシュは9位だった。日本国内では、1位が乃木坂46、2位が嵐、3位がAKB48となっている。秋元康プロデュースのアイドルが多くランクインする中、米津玄師が6位、星野源が10位となっている。今年売れに売れたあいみょんや、Official髭男ism、King Gnuが入ってなかったのは意外だ。

ちなみに、最も使われた絵文字「笑い泣き」だそう。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  3. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  4. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  5. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10

関連記事

  1. 音楽

    世界が待ち焦がれるハリーのソロ作品のアートワークが深過ぎる

    ハリー・スタイルズの5月下旬に発売されるソロデビューアルバム「Ha…

  2. 音楽

    ジャスティン・ビーバーがライム病を告白して逆に彼を応援したくなった理由

    ジャスティン・ビーバーがライム病と診断されてい…

  3. ライブレポート

    ジャンプのタイミングが分からんw(サマソニ2011)

    会場の至る所にセキセイインコのようなカラフル且つ、ダイ…

  4. ライブレポート

    生足ノックアウト!(サマソニ2011)

    花火も見ずにマリンステージをせっせと後にした理由は・・・…

  5. グラミー賞

    【テイラー、エドまで】黒人優位なのに今年もグラミー賞をボイコットする歌手続出!

    散々、白人贔屓と揶揄され続けてきたグラミーではあるが。昨年末に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  2. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
  3. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  4. 邦楽

    THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  5. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
PAGE TOP