映画レビュー

大衆迎合しながらルーカス愛と敬意を貫きながら完結させた『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に拍手!

© 2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


『スター・ウォーズ』というのは何処の国の年齢・性別・宗教問わずに誰が観ても面白いと思える大衆娯楽の象徴でなければならないと思っている自分にとって続三部作は聖書に加筆するような冒険であり、果たしてそれが上手く出来ていたのか問われれば疑問に思うこともあった。しかし、J・J・エイブラムスによって、ルーカス愛と敬意に満ちながら、従来の『スター・ウォーズ』ファンを大きく裏切ることなく、今までの不満も消化できる誰しもが満足いくであろう新たな時代のスター・ウォーズ像の構築に成功したように思える結末だったと思う。

東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、公開日前夜、日本中の名所がSW色に染まった


前作『最後のジェダイ』で何者でも無かった主人公レイの素性をサプライズ公表したことも成功要因として大きい。
やっぱ、何者でも無い姉ちゃんの話じゃ誰も関心は持てないんだよね。
『スター・ウォーズ』ってのはスカイウォーカー家の話で、血縁物語なので、数少なくなったスカイウォーカー家と、どう紐付けるのか? どうスカイウォーカー物語を完結させるのか? を、「その手があったか!」と思える設定で魅せたエイブラムスに拍手だ。

[PR]


EPⅤでルークが最も憎む対象であるダース・ベイダーが父親である設定を踏襲し、それに対峙しながらもルーク同様にレイも暗黒面に陥ること無く、勧善懲悪を徹底させたのが『スター・ウォーズ』の継承法として正しいと思うし、過去作の焼き直しなんて揶揄されることも多かったあらおい続三部作だけど、変に意表を突くよりも、分かり易さと王道さを守ったのは大衆迎合してて安心する。

© 2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


また、実にファン想いな作品だなと思った。
ヨーダ以外の今までのキャラ総出演もそうだし。C-3POが超重要機密の翻訳のための修理の代わりに記憶も失うとなった時にレイたちを見つめ「最後に友を目に焼き付けてる」と言う台詞も泣けるし、それをR2-D2がプログラムを更新して直すのも微笑ましいし、クライマックスでポー率いる反乱軍が危機的状況になり援軍が来た時に、お馴染みのテーマ曲がバーンと流れたような気持ちが良いほどのヒロイズムの爽快さと言ったら無いし。
デス・スターでの大荒れの海での決闘も大スクリーンで観るに計算し尽くされた映画的醍醐味に長けており圧倒させられた。
ラストは、お祭り騒ぎではなく、レイが過疎った“あの地”へ訪れ、自分を「レイ・スカイウォーカー」と名乗って静かに終わるのも感傷的で良かった。



今後も続けるのなら公開ペースの配慮はもちろんだが、スカイウォーカー家が完全にいなくなった以上は、もっと難易度が上がったと言える。何の変哲も無い宇宙物語になってしまっては神話性も薄れ、『スター・トレック』などの類似映画と大差なくなってしまうからだ。そうならないことだけ願っている。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  2. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  3. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  4. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  5. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ナイスガイズ!

    今年度の賞レースを独占している『ラ・ラ・ランド』で主演を務めた…

  2. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】オデッセイ

    (C) 2015 Twentieth Century Fox Film…

  3. 映画レビュー

    『ジョーカー』現代社会の理不尽さと歪みを叩き出す衝撃作にして大傑作!

    初めて映画で恐怖を感じた。ホラー映画の娯楽テイストの恐怖で…

  4. 映画レビュー

    『ザ・ファブル』浅はかなギャグで自らアクション映画の看板に泥を塗る駄作中の駄作!

    関係者とファンの皆さんごめんなさい!この『ザ・ファブル』くっだ…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ぼくは明日、昨日のきみとデートする

    (C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    原爆シャツ騒動でMステ出演中止になったBTSが犯した罪とは?
  2. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  4. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  5. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
PAGE TOP