映画レビュー

余計な台詞すら削ぎ落とし、戦争を臨場体験させる『ダンケルク』こそ真の戦争映画だ!

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.


21世紀の娯楽作の王者ノーラン監督が戦争映画を撮るとこうも凄いというのを見せつけられた。ここまでリアリティな戦争映画は見たことが無い。それも、スピルバーグが『プライベート・ライアン』で描いた戦争のリアリティとは違う。あの作品も後の戦争映画の描写に多大な影響を与えたにせよ、弾道が正面に迫ってくるように描いた、その視覚的過激さは、言い方は悪いが、娯楽的だった。

これまでの戦争映画は正直酷かった

戦争を描くには相応の信念と覚悟が必要だと思うが、実際のところ映画である以上、多少のエンターテイメントも加えられているものが多い。最たる例は『パールハーバー』か。水牛みたいな面したベン・アフレックとケイト・ベッキンセールの恋愛物語を戦争そっちのけで描いた映画、浅はかさの極みだ。リドリー・スコットの『ブラックホーク・ダウン』も、まるで銃撃ゲームで酷かった。ソマリアの人々がまるでゾンビのように撃たれる、バイオハザードと大差ない戦争描写に正義の意味を問いたくなった。

説明を回避したことで生まれたリアリティ

しかし、この『ダンケルク』はこれらと異なる。説明が一切されていない。史実であるがゆえ、この先にノルマンディー上陸作戦でドイツが劣勢になることは分かっていながらも、この映画で描かれている瞬間の、英国軍と仏軍が窮地に追い込まれている空間をありのままに描く。事前に世界史を勉強していなかったので、なぜ英国艦隊は助けに来ないのか? チャーチルの意向は何なのか? どうしたらいいのか? 何も分からない。それこそ、ノーラン監督の狙い通りだったのだろう。この映画は正に臨場体験である。スクリーンいっぱいに映し出される大海原、耳をつんざくような大爆撃音など、視覚と聴覚で訴える。
だから、映画中の台詞が異様に少ないことも納得が出来る。そんなペラペラと喋る戦争映画は嘘くさい。
沈黙の緊張感。主人公たちが放置されたオランダ船に隠れている時に、その船がドイツ軍の射撃練習の的になった時の緊張感。銃弾一発の恐怖を描いたノーランは流石だ。息苦しさの中で、とにかく、この場から早く逃げたいと観客の俺にすら思わせたノーランの完全勝利である。

ノーラン監督、実はハリーを知らなかった

image sourse:http://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/harry-styles-likes-very-particular-10248888


ノーラン監督自身はハリーについては、さほど知らなかったという。しかし、奇しくもこの映画の最大の話題となってしまったワン・ダイレクションのハリー・スタイルズの出演だが、存在感も演技もかなりいい感じだったと思う。『パイレーツ・オブ・カリビアン』のキース・リチャーズのようなアクの強さも無く。これだけのスターであり、主要人物ながら、妙な存在感も出さずに、脇に徹しられたことが驚きだった。これが映画出演最後というが、もう少し彼の姿をスクリーンで観てみたいものだ。
主人公を演じた新人のフィオン・ホワイトヘッドの何とも言いようのない表情も素晴らしかった。この映画は台詞が無い分、表情で持たせるという難易度の高いことをやってのけた新人に拍手だ。

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。
引用の際はURLかリンクの記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  2. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  4. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. アカデミー賞

    単なる恋愛ミュージカルをも超えた人生賛歌!それが『ラ・ラ・ランド』!

    もう、言いたいことが山ほどあるくらいの興奮を貰った、人間愛、映…

  2. 映画レビュー

    『七つの会議』が掲げる「されどネジ」は日本の労働力賛歌だ!

    流石は池井戸潤原作だけあって面白い。ハズレが無い。主演に野村萬斎を…

  3. 映画レビュー

    グレン・クローズの芸達者ぶりに圧倒された『天才作家の妻 -40年目の真実-』

    ノーベル文学賞を受賞した作家と、その夫婦にまつわる疑惑をめぐるサス…

  4. 映画レビュー

    決して米軍万歳ではない『ハクソー・リッジ』でメル・ギブソンが描きたかった本当の事とは?

    メル・ギブソンの映画は苦手である。痛々しいシーンが無駄にリアルで目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  2. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  3. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  4. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  5. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
PAGE TOP