映画レビュー

【映画レビュー】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』最高のひと言!トム・ホランドと共に歩んだ「青春」に感謝する三部作完結編!



© 2021 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved
© 2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

※※※ 注意 ※※※
当記事はネタバレ回避を心掛けており、
予告編や既に公開されている特別映像で窺い知れる内容にしか触れておりませんが、
全く予備知識を得ずして観たほうがいい作品には間違いないので、
未鑑賞の方の閲覧は禁止させて頂きます。

ネタバレ回避のために、ただ「最高」としか言えないのが実にもどかしが、スパイダーマンをマーベルを、広義的に言えばエンターテイメントを愛し信じてきた自分を全肯定してくれるような隙の無い娯楽性で快楽の全てを満たしてくれる、そんな大傑作であった。

前作『ファー・フロム・ホーム』で、ミステリオに正体を明かされてしまったピーター。家族や友人、恋人まで巻き込む騒動になってしまう。進学を控えたピーターらは、騒動が原因でマサチューセッツ工科大学から不合格を通知されてしまう、意を決したピーターはドクター・ストレンジの元へ行き、自分の存在の記憶を無くせないかと相談。しかし、仲間内には存在を覚えていて欲しいと横槍を入れたことで、交差するユニバースが狂ってしまう。

この、スパイダーマンでしか実現することが出来なかったであろう「別ユニバース」という概念。アニメ作品『スパイダーバース』でも出て来た概念であるから、スパイダーマンファンならしっくり来ることだろう。
予告編でも既に公開されているが、サム・ライミ版で出演したドクター・オクトパスや、グリーン・ゴブリンが、マーク・ウェブ版で出演したエレクトロや、蜥蜴人間リザードなどが勢揃い。トム・ホランド演じるピーターが活躍し、アベンジャーズが存在するユニバーズに次々にやって来る。
これだけの難敵が大集結するのだから、そこからの展開は、一筋縄ではいかないのは想像に易いが、これも予告編や特別映像で既に公開されているが、彼らがスパイダーマンに殺される運命だ(元のユニバースに戻すのが最適だ)とストレンジに言われるも、ピーターは慈悲を感じ、それを阻止しようとする。
その先は映画を観てのお楽しみと言うことになろうが、この道徳心溢れる寛容性こそ、トム・ホランドが演じてきた「イマドキな」スパイダーマンの最大の特徴だ。時には、それが軟弱で弱点にもなり、未熟とされる由縁でもあったが、今までのホーム・シリーズでは、最終的には寛容性こそが武器となってきた。実に現代の価値観にそぐう。スパイダーマンとは時代を映す英雄像そのものなのかも知れない。



サノスと死闘を繰り広げようとも、未熟で子供で、常にトニー・スタークや、今回はストレンジ等の「大人」の世話を焼いてきたピーターは、必死ながらも、その勇姿こそ「青春」だったと言えよう。この『ノー・ウェイ・ホーム』では、その「青春」の大団円として、思いも寄らぬ興奮やユーモア、感動に満ちた、終着点へと落ち着く。その時、この副題の意味合いを噛み締めると、余計に胸に来るものがある。トム・ホランドと歩んだ、蜘蛛の糸が飛び舞う「青春」に感謝を贈りたい。そして、『ヴェノム』最新作のエンドロールの続きと、どう絡んでいくのか、ホーム三部作はこれで終わるが、今後もトム・ホランドのスパイダーマンの活躍を期待せずにはいられない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  3. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  4. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  5. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    実写版『ダンボ』大衆娯楽施設が悪者って・・・よく許可が降りたなと思う

    耳が大きいという外見的なハンディを負った小象は正しく『シザーハ…

  2. 映画レビュー

    マーベルに名作増える『スパイダーマン:ホームカミング』青春ヒーロー映画の金字塔誕生!

    所詮はアメコミである。これだけ年に複数作も乱発公開していれば観客も…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】映画 ビリギャル

    (C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会予告編で流れた、聖…

  4. 映画レビュー

    勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!

    今年は本当に多くの映画を観た。劇場鑑賞数68作品というのは人生…

人気の記事

  1. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  2. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  4. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
PAGE TOP