ハリウッド

続編打切り『アメージング・スパイダーマン』は果たして本当に失敗だったのか?多角的に検証してみる!

Columbia Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ


全世界で興行的に特大ヒットを飛ばしている『スパイダーマン:ホームカミング』の公開と日本でのヒットもを受けて、地上波では過去の『スパイダーマン』シリーズが放送されている。しかし、本来この時期というのは、もとは前シリーズ『アメージング・スパイダーマン』の幻の第三弾が公開される時期でもあった。しかし、『アメージング』の方は打ち切りという結果に終わり、『アベンジャーズ』絡みで展開される新しいスパイダーマンが再始動することになる。

たまたま今日、風呂上りに日テレを付ければ『アメージング・スパイダーマン2』がやっていたので、久しぶりに観てみれば、確かに『ホームカミング』とはテイストが違うにせよ、そんなに悪いかと言われれば首をかしげずにはいられない。普通にアクション映画としては上出来ではないか。果たして、この映画の何がいけなかったのか? 打ち切りの原因を多角的に検証していきたいと思う。

北米の興行収入
1.スパイダーマン・・・4億370万ドル
2.スパイダーマン2・・・3億7350万ドル
3.スパイダーマン3・・・3億3653万ドル
4.アメイジング・スパイダーマン・・・2億6203万ドル
5.アメイジング・スパイダーマン2・・・約2億2000万ドル

全世界の興行収入
1.スパイダーマン・・・8億2170万ドル
2.スパイダーマン2・・・7億8376万ドル
3.スパイダーマン3・・・8億9087万ドル
4.アメイジング・スパイダーマン・・・7億5221万ドル
5.アメイジング・スパイダーマン2・・・7億898万ドル

まずは、興行収入面だ。上記の表をご覧になれば分かる通り、北米では『アメージング』になった途端に1億ドル近くも減っている。全世界的にも減ってはいるのだが、そこまで大きな下落とも言い切れないようだ。要するに、『アメージング』は本来原作ファンが最も多いはずの本国アメリカ人に受け入れられなかったのだ。特に『アメージング』の第二弾に関しては制作費が4億ドルもの高額にもなっているため、北米だけでは大赤字。これが、『ホームカミング』(新プロジェクト)への拍車をかけたことになるのかも知れない。

打ち切り理由その1
スパイダーマンがイケメン過ぎる

では、何故そこまでして『アメージング』は嫌われたのか? ここからは個人的な見解に因るところが大きいが、検証していこうと思う。今日の『アメージング』第二弾を観てて思ったのは、まず、やはりスパイダーマンがイケメン過ぎる。アンドリュー・ガーフィールドの長身、足長、パリコレ並みのスタイルは、スパイダーマン的ではない。まして、実際に恋人関係にもなったエマ・ストーンとの恋愛模様など、もはや『ロミオ&ジュリエット』。美男美女過ぎる。スパイダーマンはもっと冴えない感じでいい、いやそうじゃなければならないのだ。

Columbia Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ


先日も同様のことを言ったかもしれないが、主人公ピーター・パーカー像というのは何か? 改めて確認しておきたい。

  • 冴えない、非モテ男子
  • 草食系でインドア男子
  • 童貞
  • イケメンではない容姿

そう、スパイダーマンは敢えてダサさを選ぶところに、真のカッコ良さ(身近なカッコ良さやヒロイズム)を感じる存在と言って過言ではない。だからこそ、最初のサム・ライミ三部作のトビー・マグワイアの評判はすこぶる良かったし、今回の『ホームカミング』のトム・ホランドのハマり具合には心から拍手したいと思うほどなのである。

打ち切り理由その2
スパイダーマンの正体がバレ過ぎ

もうひとつ、『アメージング』で“やちゃった”のは、あまりに素性がバレ過ぎ。主要人物が死に過ぎだった。第三弾の構想がどんなものにせよ、第二弾でヒロインを死なせる必要性は感じなかった。なんにせよ、全体的にトーンが暗い。ヒーロー映画というのは、その正体がバレないことに、美学すらある。ヒーローの活躍というのは、その大半が利他的主義に因る。正義感だけで動いている。どこかから寄付金が出るわけでは無い。もちろん、戦闘時以外の身の安全を守る為などの諸々の理由もあろうが、自分への物理的利益無くして他人を守るのに、自分の正体を暴露して「俺がやってるんだ」というのは、どうも美しくない。個人的には、これが最も腑に落ちる。だからこそ、正体はバレないに越したことは無いというのが守れなかった『アメージング』には些か違和感を感じたのだった。

打ち切り理由その3
ソニーとマーベルが連携した

© Marvel Studios 2017. © 2017 CTMG. All Rights Reserved.


これが打ち切りの本当の理由とされているが、もともと『スパイダーマン』の映画化権利を所有していたソニー・ピクチャーズと、漫画の版権を所有するマーベルの提携が決まったため、マーベル・シネマティック・ユニバースに組み込んだ新たなスパイダーマン映画(『ホームカミング』のこと)を作ることになったのだ。もっと言えば、スパイダーマンの知名度と人気は『アベンジャーズ』の、他のどのキャラクターでも敵わないほどのレベルであり、早めに映画化はしたかったと思われるが、それが出来なかった理由が、版権の問題であった。『アメージング』の時はソニーとコロンビアが権利を擁していたので、マーベル映画として制作されることなど夢物語であったが、金持ち喧嘩せずか? 赤字ギリギリの『アメージング』を続けるくらいならと打ち切りになったのが一番有力で最もらしいと言ったら、それまでだろう。

幻の『アメージング』第三弾とは

すでに第3弾のアイデアはあったという『アメージング・スパイダーマン』の監督は「(『アメージング』第一作目の敵役である)クリス・クーパーにカムバックしてもらい、ゴブリンを演じてほしかったんだ。彼を冷凍保存しておいて蘇らせるつもりだった。」とメインの悪役にはゴブリンを考えていたとコメント。また、そのゴブリン率いる犯罪組織“シニスター・シックス”をメインに据えたスピンオフ『ザ・シニスター・シックス』も構想されていたという。なんとも面白そうな企画だっただけに、白紙になるというのも惜しい話ではあるが、視聴率不振でドラマが途中で強引に終わってしまう国でもある。映画の赤字に構ってる暇もないのかも知れない。

(文・ROCKinNET.com編集部 よっしー)
※無断掲載は固く禁ずる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  2. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  3. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!

    いよいよ本格化してきた賞レース。2017年に輝いた名作映画や俳…

  2. アカデミー賞

    アカデミー賞直前にハラスメント告発が風物詩化してることへの危惧

    『ボヘミアン・ラプソディ』監督に性的虐待告発!ノミネートだけで…

  3. ハリウッド

    ポール『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作に出演決定

    ポール・マッカートニーが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』…

  4. ハリウッド

    やはりジョニー・デップはDVをしてた?『ファンタビ』続編の出演に暗雲も!

    2016年に公開され世界的に大ヒットした映画『ファンタスティッ…

  5. アカデミー賞

    【いよいよ本番】今年2018年のオスカーはこうなる!

    いよいよ明日に迫った第90回アカデミー賞授賞式!映画界最高峰の…

  6. アカデミー賞

    本当にそれでいいの?アカデミー賞?

    アカデミー賞も終わると、ちょっとは春の気配を感じるはずなん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  2. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  4. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  5. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
PAGE TOP