ハリウッド

ハリー映画初出演作『ダンケルク』のノーラン監督「ここまでハリーが人気とは知らなかった」

image sourse:http://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/harry-styles-likes-very-particular-10248888

『ダーク・ナイト』『インターステラー』などヒット作、話題作を手掛ける、21世紀のスピルバーグの呼び声高いクリストファー・ノーラン監督待望の最新作、史上最大の救出作戦“ダンケルク作戦”の実話を描く超大作『ダンケルク』だが、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが映画初出演を果たすことでも大きな話題となっている(むしろ、このことが最大の話題と言っても過言ではないくらいのトピックスではあった)。もともと、ワン・ダイレクションが活動休止する前後から、音楽界だけでなくハリウッドが最も欲しい人材として挙げていたのがハリーで、しかも、その一発目がノーラン監督による超大作となれば、自ずと相乗効果となり、俄然、注目度が上がっているのが現状だ。

共演者の辛烈なコメント「ハリーばかり見てるんじゃない!」

しかし、共演者はそのことを全面的に好意を持っているとは言えない様子。
同作に出演する新人俳優フィオン・ホワイトヘッドはハリーについて聞かれると「もちろん彼は最高さ。俳優としても大好きだよ」と絶賛。ただ、この映画に関する質問がハリーの話題ばかりなようで、「皆、ハリーの他にも素晴らしい出演者がいることに気付かなくなってしまった。ハリー・スタイルズが映画デビューを果たすということではなく、作品そのものや彼の演技の才能にこそ注目が集まるべきだと思う」と話す。

[PR]

新人俳優フィオン・ホワイトヘッドの驚くべき経歴

このフィオンという新人俳優。ほとんどの人が名前を聞いたことが無いと思う。それもそのはず、彼はこの映画出演が決まる一か月半前までは、皿洗いのアルバイトをしていた正真正銘の新人俳優なのだ。映画初出演がノーラン監督作という、正しく、アメリカン・ドリームを手にしたシンデレラ・ボーイなのだが、同じ新人俳優が既に世界的に絶大な知名度を誇るハリー・スタイルズだ。彼としては同じ境遇にして、自分とあまりに世界が違う新人俳優の世間の扱い(興味度の違い)に少し辟易としているのも何となく同情じゃないが分かる気がする。まして、それをしっかり言うところが肝が据わっていて好感が持てる。彼も今後大物になるかもしれない。

ノーラン監督「ここまでハリーが人気とは知らなかった」

ただ、ノーラン監督はどう思っているのかというと、実はハリーの人気ぶりに驚いているというのだ。キャスティングする前まで、ハリーがどれほど有名なのか知らなかったんだとか。ノーラン監督自身の子供達から彼の話を聞いたことはあるものの、理解に乏しく、彼の人気ぶりに驚いているという。
ただ、今回のキャスティングは、知名度だけでキャスティングしたわけではないと断言! 彼がその役どころにピッタリだったからで、彼はそのパートを勝ち取ったと説明している。
いずれにせよ、スーパー・スターであるハリー・スタイルズが出演する時点で彼に全部持って行かれるのは仕方ないことのような気もする。流石はハリーである。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  2. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  3. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. ハリウッド

    ハン・ソロが久々に相棒と共演w

    ハリソン・フォードが相棒と久々の共演!w自身の最新映画PR…

  2. ニュース

    続・トランプ当選に対する音楽界の反応

    レディオヘッドのトム・ヨークは今回の米大統領選挙の結果が出…

  3. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない

    俺は「老害」という言葉が嫌いである。逆に「最近の若者は」と一括…

  4. アカデミー賞

    本当にそれでいいの?アカデミー賞?

    アカデミー賞も終わると、ちょっとは春の気配を感じるはずなん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  2. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  3. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  5. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
PAGE TOP