映画レビュー

『ザ・マミー/呪われた砂漠の女王』で感じた、映画のフランチャイズ化の難しさと、トム・クルーズのスター性

© Universal Pictures


マーベルが当たって映画業界の在り方が変化しつつある。この映画は、往年のユニバーサル・ホラーのモンスター達を現代に蘇らせ、世界観を共有しながらフランチャイズ化していく「ダーク・ユニバース」シリーズの第1弾で、本作は『ミイラ再生』のリブートに当たるという。
通常は、マーベルがそうだったように、『アイアンマン』や『マイティ・ソー』が単体で当たりました! これなら、もともと原作で共有されていた世界観を、そのまま映画化して、超大作『アベンジャーズ』を作っても平気だなというベクトルになるのが普通の考えだと思うのだが(もともとの構想はあったのかも知れないが)、DCにせよ、ダーク・ユニバースにせよ、作品単体の評価を顧みず、最初からフランチャイズ化前提で事が運ばれていくのが不自然である。

結果、成り損ないの『バイオハザード』と『ハムナプトラ』を足したような既視感ありありの新鮮味ない映画に成り下がった。トム・クルーズほどのスターを起用させたのも、配役的にではなく、今後のフランチャイズ化の一作目として失敗は出来ないがゆえの起用にしか思えない。結果、トム効果で興行的には成功しているので、彼の起用は正しいと思う。流石はトム・クルーズである。存在感だけで映画会社の一大フランチャイズ・プロジェクトを成立させてしまうのだから、彼こそ正しく真のスターと呼ぶに相応しい。けど、飛行機墜落シーンなどは、まるで『ミッション・イン・ポッシブル』で辟易とさえしたが。
『バッドマンvsスーパーマン』という世紀の大駄作で、DCもスタートダッシュから失敗をした。ダーク・ユニバースも同じ結果になった気もしないわけでもない。

映画は常に新鮮でなくてはならない。過去の「どっかで観たことあるシーン」のツギハギでは新鮮味に欠けるどころか、観てて面白くない。『ナイト・オブ・リビング・ザ・デッド』で存在自体が恐怖だったゾンビが、『28日後』で走るようになって恐怖を増し、『バイオハザード』では、その世界観と数で恐怖を増殖させたように、発展していかないと時代の鑑賞眼では耐え切れない。この映画のゾンビの陳腐さが物語っているだろう。言ってしまうと、ホーンテッドマンションのような遊園地レベルのものに抑えたいという狙いがあるとしたら成功してると言えるが、ホラー映画の金字塔たちのリブートである以上は、ディズニーランド映画じゃ示しがつかない。
呪われた女王も、ホラーの割には女優が可愛過ぎる。時折見せる上目遣いには、キュンするほどで、あれではホラーでなくラブコメだ。
それと、意外なキャスティングで、ラッセル・クロウが出演している。「ジキル博士とハイド氏」の怪人ジキルを演じている。これは、今後のダーク・ユニバースに一貫して登場する予感さえする重要な立ち位置に思える。が、ラッセル、怪人に変化しても普段と大差が無かった。『グラディエーター』で強靭な肉体を持ったヒーローというイメージが強いが、最近はめっきり太って大関化。マライア・キャリーと競えるほどだ。元から強面だから、普段から怪人顔である。ただ、肌の色が緑になったくらいで、「具合でも悪いんですか?」程度の怪物へんげには笑ってしまった。

この映画、トム・クルーズが出ていなければ絶対に観ていなかっただろう。是非とも、フランチャイズ化すると決めた以上は、旧来のユニバーサル・ホラーをリアルタイムで見ていた観客と、その時代と同じホラー感覚を味あわせて欲しいものだ。次回作『フランケンシュタインの花嫁』には期待をしたい。

(文:ROCKinNET.com編集部 よっしー)
※無断転用は固く禁ずる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  5. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】チャッピー

    (C) Chappie - Photos By STEPHANIE B…

  2. 映画レビュー

    実写版『ダンボ』大衆娯楽施設が悪者って・・・よく許可が降りたなと思う

    耳が大きいという外見的なハンディを負った小象は正しく『シザーハ…

  3. 映画レビュー

    『メリー・ポピンズ リターンズ』は果たして本当に必要な続編だったのだろうか?

    王者ディズニーに禁句なし。名作アニメの実写化すれば軒並みヒットさせ…

  4. 映画レビュー

    キュウレンジャーは読売巨人軍だと思った『宇宙戦隊キュウレンジャーTHE MOVIE ゲース・インダベ…

    この夏はハリウッドがスーパー戦隊を本域で映画化した『パワーレンジャ…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】アーロと少年

    (C) 2016 Disney / Pixar. All Rights…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  2. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  3. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  4. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  5. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
PAGE TOP