ニュース

ディズニーがFOXを約7兆円で買収!X-MENがアベンジャーズに仲間入りか?

出典:YOUTUBE


遂にディズニーがやりやがった。フォックスの映画やテレビなど主要事業を買収。負債の引き受け分も含めた買収総額は約600億ドル(約7兆円)にのぼるという。ディズニーが買うのはフォックスの映画スタジオ(20世紀FOX)やテレビ番組部門、米国外での放送事業、動画配信Huluの経営権などである。

これまでもピクサーやマーベル、スターウォーズなどを買収し傘下に置いてきたディズニーだが、なぜ今になってここまでの大手を買収する必要があったのだろうか。それには、動画配信事業を取り囲む環境の変化が関わっているように思える。日本でもAmebaTVが話題になったばかりだが、アメリカではAmazonやNetflixなどの動画配信サービスが好調で、市場も急拡大している。ディズニーの主軸となるビジネス形態は、主にキャラクター・ビジネスと、映画供給であった。しかし、Netflixから自身のコンテンツを全面的に取り上げるなどの動向がみられていることから、独自の動画配信サービスの展開を始めるのは想像に易い。そこで配信業で既に成功を収めているフォックスを取り込むことで、所有している数多くのコンテンツや配信網を手に入れることができ、他の追随を許さない程の強靭な配信サービスを展開できるというのが狙いであると思われる。

© 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.


© FOX Networks Group Japan All rights reserved.


『アバター』や『エイリアン』、『猿の惑星』などの多数の映画作品の権利がディズニーに移る。また、テレビでは「ザ・シンプソンズ」や「24 TWENTY FOUR」「glee」「ウォーキング・デッド」など世界的に人気のコンテンツを手にすることになる。7兆という金額は凄まじいが、これらのコンテンツから派生する今後の利益を考えれば、お手頃価格なのではないかとすら思えてくるほどの充実したラインナップで、フォックスがいかに優れたスタジオであったことを改めて感じる。

また、映画ファンが気になっているのは、今後フォックスが所有していた作品の権利がディズニーに一元化されることでのコラボだ。例えば、同じマーベルと言えども『X-MEN』や『デッド・プール』の権利はフォックスにあったので、『アベンジャーズ』の仲間には入れなかったのが、今回の買収により可能になったということだ。

また、既に買収されている『スターウォーズ』も、20世紀FOXのお馴染みのファンファーレ後にテーマ曲が流れるという従来通りのオープニングが実現できるかもしれない。個人的にはコレが一番実現してほしい。もともとは、『スターウォーズ』のテーマ曲は、20世紀FOXのファンファーレありきで作られたもの。続三部作ではディズニー製作ということもあり、あのオープニングの高揚感が味わえないのが、少し寂しくもあったので、是非実現を!

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 「時代遅れのRock’nRoll Band」を聴く
  2. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  3. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. テレビ・芸能人

    【追悼】志村けんに思いを馳せて

    日本から大きな笑いが消えた。物心ついた…

  2. ニュース

    ジャスティン・ビーバー世界ツアー残り公演中止の真相とは!

    松居一代が船越栄一郎を許さない以上に、個人的に許せないのが、ジ…

  3. ニュース

    馬鹿なのか?空想力の欠如か?NHK会長の桑田朝ドラ主題歌「歌詞意味不明」発言について

    NHKの上田会長が今月11日に定例会見を行った際に、桑田佳祐が務める現…

  4. ニュース

    『万引き家族』是枝監督の政府からの祝意を辞退した理由が素晴らしいな~と思った

    カンヌ入りした是枝監督の現地インタビュー「日本では共同体文化・…

  5. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!

    昨年末の「ガキの使い」の毎年恒例の特番「笑ってはいけないアメリカンポリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  2. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  3. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  4. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
PAGE TOP