邦楽

アジカン後藤が「フジロックの政治利用」批判に反論!正しい音楽と政治の距離感とは?

www.barks.jp/news/?id=1000037718

今夏2016年のフジロックに学生団体「SEALDs」の奥田愛基氏やジャーナリストの津田大介氏らが出演することに対し、ネット上で「フジロックに政治を持ち込むな」「音楽の政治利用」と批判の声があがっていることに、アジカンの後藤正文が「フジロックのこと知らない人が言ってるよね」と反論。
※SEALDsの主張に対する賛否では無く、ここで言いたいのは音楽と政治の距離感ね。勘違いなく。

ゴッチは「これまでいくつものNGOやアーティストが様々な主張をステージで繰り返してきた」と、フジロックと政治の関係性について述べ、今回の批判について「『読経に宗教性を持ち込まないでください』みたいなもの」と指摘。続いて「フジロックに」ではなく「音楽に政治性を持ち込むな」という意見であれば、「リスナーは自由に言っていいと思う。そういう意見に忖度するかどうかも、作り手の自由だ。」との考えを示した。

軋んだ想いを吐き出したいのは/存在の証明が他にないから
掴んだはずの僕の未来は/「尊厳」と「自由」で矛盾してるよ

アジカンの名曲「リライト」の節であるが、ゴッチは昔から吐き出したいんだろうね。自由が矛盾することを憂わないためにも、自分の証明のためにもね。だから、こういう臆することないコメントもする、生粋のロック・ミュージシャンだと思う。

[PR]


そもそも音楽(だけに限ったことではないが)表現というのは、ある種のアーティストの主義主張、意見だと思う。そこに社会性・風刺が込められることは何にもおかしいことではない。これを批判することは、かつてナチスを批判したチャップリンを、黒人差別や世界平和を願ったマイケル・ジャクソン、女性の権利向上を訴え続けるビヨンセをも批判するに等しい。
最近はフェスの数も増え、各々がテーマパーク化している。手軽に参加できることは別に悪いことだとは思わないが、元来、野外音楽フェスというのは、殊更フジロックは社会と対峙し主張を行ってきた。特に環境問題にはじまり、脱原発や反戦のメッセージを常に発信し続けてきた。そういうイベントであり、何を今更なのだ。

ボブ・ディラン「風に吹かれて」やピート・シーガー「花はどこへ行った」といった曲が反戦集会で歌われるように、音楽にもフェスにもメッセージ性や社会と対峙する意見があって然るべきものだと思う。むしろ、主張もないような、お花畑な音楽ばかりが溢れる閉鎖的な状況こそ怖いし、ロックの意味はない気がする。「事なかれ主義」こそ無難で良しとし、「主張を嫌う」今の世論や風潮にあることだが、フェス参加者もそんなのがいると思うと、「フェス来るな!」って思ったりするのは乱暴な意見かな?

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  2. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  3. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  4. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  5. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…

関連記事

  1. 邦楽

    歓喜!感涙!青春カムバック!ELLEGARDENが10年の時を経て奇跡の大復活!

    夢を見ているのかと思った。2018年5月10日、ELLEG…

  2. 邦楽

    ロキノン系バンドがダウンタウンにいじり倒される(笑)

    HEY×3のスピンオフ番組が放映され、フェスでお馴染みのバ…

  3. 邦楽

    第12回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2020

    恒例企画となりました、今年もやっちゃいます!…

  4. 邦楽

    イエモン新曲「ALRIGHT」公開

    吉井和哉ソロは幾度と観てきて曲も聴いてきたがバンドを介した…

  5. 邦楽

    PPAPが世界的ブーム化

    世界的ブームとなっているピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  4. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  5. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
PAGE TOP