映画

若者の映画離れ・鑑賞料値上げも関係ない!2019年映画興収が過去最大を記録!

©『天気の子』製作委員会

映画不況なんて嘘っぱち!2019年興収が過去最高に!

先日、若者は映画の上映時間である2時間を長いと感じ、耐えられずにスマホをいじってしまうという情報が出回った。そもそも、私自身が若者総体論(最近の若者は○○だって決めつけ)自体が嫌いなもので、あまり鵜呑みにもしてないのだが、確かに平日は高齢の来館者も多いが、週末なんかは若者も多いのは事実。そこまで大げさに騒ぐほど、映画離れはしてないと実感してるが、それを裏付けるものがデータとして出てきた。

[PR]

消費増税に伴う鑑賞料金値上げも影響なし!

それは、今年2019年の邦画と洋画を合わせた興行収入の総額が、2016年に映画『君の名は。』が社会現象化して記録的ヒットした2,355億円を上回り、過去最高となる見通しであることが分かった。今年は消費増税に伴う鑑賞料金の値上げなど、映画業界にとっても興収に大きな影響を与えそうな問題もあり、若者の映画離れを助長させるような胡散臭いネット記事も話題になるなど、先行きが不安視されたが、映画を観る人口は確実に増えていることが数値として現れた結果となった。これは、ある一定の世代だけで達成できるほど容易な現象ではない。

2019年映画興収ランキングTOP20

では、2019年の興収ランキングを見ていきたい。

20位『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』25.8億円
19位『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』27.8億円
18位『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』28.7億円
17位『コンフィデンスマンJP』29.3億円
16位『ワイルド・スピード スーパーコンボ』29.8億円
15位『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』30億円
14位『名探偵ピカチュウ』30億円
13位『記憶にございません!』35.9億円
12位『翔んで埼玉』37.6億円
11位『マスカレード・ホテル』46.4億円
10位『ジョーカー』48億円
9位『映画ドラえもん のび太の月面探査記』50.2億円
8位『ONE PIECE STAMPEDE』55億円
7位『キングダム』56.9億円
6位『アベンジャーズ エンドゲーム』61.1億円
5位『ライオン・キング』66億円
4位『名探偵コナン 紺青の拳』93億円
3位『トイ・ストーリー4』100.7億円
2位『アラジン』121.4億円
1位『天気の子』139.9億円

圧倒的強さを見せた『天気の子』に軍配!

新海誠監督作『天気の子』の快進撃も強烈に記憶に残った2019年映画界。新世代のジブリとして確立した気風すら漂う。ただ前作『君の名は。』の250.3億円と比較すると約半減していることから、その大幅な失速感が気に掛かるところではあるが(実は新海監督の本当の正念場は次回作のような気がしている)、日本映画史上10作品目の100億超え、国内日本映画歴代7位の成績は凄い。

[PR]

洋画ヒット作が多ければ多いほど全体の底上げはされる?

それと、洋画のヒット作が多いことにも注目だ。少し前まで「邦高洋低」状態が続き、なかなかヒット作に恵まれない洋画不遇時代があったが、それもここ数年で回復、洋画からもヒット作が量産されるようになってから、業界全体の興収の推移が上がていった。どうやら映画興収が上がるためには洋画の好調さも重要のようだ。

2010年代前半は邦画優位の時代

具体例を挙げてみれば、2009年『ROOKIES-卒業-』や2012年『BRAVE HEARTS 海猿』など人気ドラマの映画化など『踊る大捜査線』で確立されたテレビ業界の映画参入が成功し続けているのと、2012年『テルマエ・ロマエ』などの漫画原作の急増、2013年『風立ちぬ』等ジブリを中心とするアニメ映画の好調などが影響し、2010年代前半までの邦画バブルを引き起こしたと言えよう。

2010年代洋画が盛り返し全体の興収も上がる!

しかし、2010年代後半は、2015年『ジュラシック・ワールド』『ベイマックス』、2016年『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『ファインディング・ドリー』、2017年『美女と野獣』『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ラ・ラ・ランド』、2018年『ボヘミアン・ラプソディ』『グレイテスト・ショーマン』とメガヒット作が増えたことで、洋画が盛り返す傾向も見られている。

とは言え、最も日本の映画産業を支えてるのは日本アニメ!

2019年のランキング20位までを見ても、20作品中9作品が洋画であり、内8作品が実写である。邦画は逆に11作品と洋画をリードしているものの、内アニメ作品が5作品と多く、如何に邦画の興収全体や、日本映画界自体がアニメ映画に支えられているかが明確になった結果である。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  3. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  4. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  5. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!

関連記事

  1. 映画

    ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース』大解剖!

    先日のゴールデン・グローブ賞のアニメ部門で、ディズニー作品『シュガ…

  2. 映画

    前作に続くヒットなるか?新海誠の新作『天気の子』にまつわる3つの不安要素

    前作『君の名は。』のヒットにどこまで近付けるか?超えるか?社会…

  3. 映画

    実はレズ映画?『アナと雪の女王』旋風が止まらない!

    国内の興行成績が100億円を超したとかで、これは洋画だと201…

  4. 映画

    映画内の喫煙シーン批判に伊勢谷友介が反論

    しかし、本当に国内外の映画から喫煙シーン、無くなりましたよ…

  5. 映画

    【その人気本物かい?】中川大志主演映画『きょうのキラ君』が10位圏外の大誤爆!

    飽和期に差し掛かっているせいか、恋愛漫画原作の映画が意外な…

  6. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

    2017年9月29日、宮崎駿監督作の不朽の名作『天空の城ラピュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  4. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  5. 邦楽

    俺が勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
PAGE TOP