映画レビュー

『ターミネーター:ニュー・フェイト』キャメロンのコピーを30年ぶりに作っただけで新鮮味が無い!

(C) 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

1991年の『ターミネーター2』の時代と今では映像技術の革新と、その浸透性に雲泥の差がある分だけ、驚きが少なくなるのは致し方ないのかも知れないが、何よりも残念なのは、敵のREV-9が『T2』でいうT-1000と全く同じ液体金属型で、前回はエドワード・ファーロング(なんと今回でも登場する!)、今回はメキシコの姉ちゃんを抹殺しに来るという目的も同じで、何の斬新さもないことだ。

このシリーズは基本的に鬼ごっこ形態で成立してるので、主人公たちが逃げ切る際の派手なアクションが期待されるが、それも既視感ありありの展開で残念。とは言え、『デッド・プール』を手掛けた監督だけに、スピーディーな超絶アクションが延々と続き、娯楽作として及第点は達成しているのだが、『T2』の正当な続編と銘打っときながら、どこかキャメロンのコピーを作るのに終始したような印象しか残らず残念な気がした。唯一、現代的だなと思ったのは、サラ・コナーや強化人間の姉ちゃんなど、闘うのが女性メインだってところだけ。

[PR]


久々のサラ・コナーの登場シーンや「I’ll be back」と言い捨てる感じには痺れたし、ロケット・ランチャーをぶっ放す姿も様になってるし、「Metal Mother Fu**er!(この金属糞野郎)」なんて叫ぶほどファンキーな婆さんぶりが冴え渡ってて爽快だったが、流石に年老いた。御年72歳の老いたシュワちゃんもパワーダウンは否めない衰えよう。せっかくの続編だ、この両者に、もう少し華を持たせてもいい気がした。この共演をシリーズファンも心待ちにしていたのだから!(サラ役のリンダ・ハミルトンは『T2』以降は脚本の出来が良くないと出演を断っていたにも関わらず、なぜ今回は承諾したか謎である)


『T2』の緊迫感は無敵のシュワちゃんが、いくらドンパチ闘っても、それでも決してダメージを受けずに無表情で追ってくるT-1000に恐怖を感じた。あの緊迫感は互角のパワーバランスで成り立っていたと思うと、今回は婆さんと錆び付いたターミネーターでは最初から強敵に立ち向かうなど無茶ぶりとしか思えない。それをカヴァーするほど、強化人間の姉ちゃんも強くなく。ターミネーターは勧善懲悪の物語なのだから、正義が際立つべきだ。『T2』でシュワちゃんが、ファーロングを抱えて逃げる父性にも似た格好良さみたいな、そういうヒロイズムを感じなかったのが致命的だったんじゃないかと思う。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  2. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  3. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  5. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10

関連記事

  1. 映画レビュー

    『MEG ザ・モンスター』ハリウッド映画の中国資本化が止まらない!

    サメ映画の原点にして頂点である名作『JAWS』を『ジュラシック…

  2. 映画レビュー

    余計な台詞すら削ぎ落とし、戦争を臨場体験させる『ダンケルク』こそ真の戦争映画だ!

    21世紀の娯楽作の王者ノーラン監督が戦争映画を撮るとこうも凄いとい…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ザ・ウォーク

    (C)2015 Sony Pictures Digital Produ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
  2. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  3. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  4. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP