映画

号泣続出?逆詐欺映画と話題の『すみっコぐらし』異例の大ヒットを記録!

© 2019日本すみっコぐらし協会映画部

先週末に公開されたアニメ映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』を観た人が、TwitterなどのSNSで「号泣した」「大人でも泣けた」「アンパンマンだと思って観たら攻殻機動隊だった程の衝撃」「逆詐欺映画」と絶賛コメントが投稿され話題となっている。この週の興収ランキングでも世界待望の『ターミネーター』最新作が首位を獲得したのは想定内だが、なんと、『すみっコぐらし』は初登場で第3位をマーク。公開から3日間で観客動員数およそ11万5,000人弱、興行収入1億3,000万円を記録するスマッシュヒットを飛ばしている(数字は配給調べ)。

もともと人気キャラであるにせよ、何故、ここまで映画がウケたのか? それは、我々自身が「すみっコぐらし」そのものであることが挙げられる。

トンカツやタピオカは食べ残され、ペンギンは本当の自分を探している。すみっコぐらしたちは、居場所がない、自信がないなど、様々な悩みを抱えている。今回のヒットも、自己肯定感が低いと言われる現代の日本人を反映しているようで、キャラクターのネガティブな性格への共感の表れじゃないかと思われる。

というのも、電車の座椅子は端っこから埋まり、大学の大講堂でも学生は後方の隅に偏る。かく言う私も映画館は決まって端の席に絶対座るし。指定席の演劇やコンサートの中央席の居心地の悪さも多少は感じたり・・・・・・無意識のうちに私たちは「すみっコ」を好み行きがちではないか。


[PR]


誰もが想像もしていなかった異例のヒットを受け、大手シネコンなどは、公開劇場を拡大するなどの対応を早急に練っているそうだ。パステル調で描かれた優しいタッチの絵は、癒やし以外のなにものでもなく、内容もピュアで、疲れた日常から離れてみるには適切な映画と言えるかも知れない。
上映時間が1時間ちょっとであることも調度良い。子供映画と括って観ないのは実に勿体ない。是非、すみっコぐらしの世界をもっと多くの人に堪能してほしい!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  2. 「時代遅れのRock’nRoll Band」を聴く
  3. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  5. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~

関連記事

  1. 映画

    【作品徹底紹介】今年の夏はパイレーツと共にやって来る!『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の…

    全世界待望シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が…

  2. ハリウッド

    実写版『美女と野獣』が異例の大ヒットを記録中!

    エマ・ワトソン主演、名作アニメの実写版『美女と野獣』が異例…

  3. ハリウッド

    『ジョーカー』の怪演で早くもオスカー最有力のホアキンは賞嫌い?

    ジョーカーを演じるには特殊なエネルギーが必要早くも来年のオスカ…

  4. 映画

    【新予告編公開】アベンジャーズ全滅へ!

    今年2018年の4月27日に公開が決まっている『アベンジャーズ…

  5. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

    2017年9月29日、宮崎駿監督作の不朽の名作『天空の城ラピュ…

  6. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!

    シリアス路線からコメディ路線に大きく舵を変更したことで興収的にシリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  2. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  3. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
  4. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
PAGE TOP