映画

号泣続出?逆詐欺映画と話題の『すみっコぐらし』異例の大ヒットを記録!

© 2019日本すみっコぐらし協会映画部

先週末に公開されたアニメ映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』を観た人が、TwitterなどのSNSで「号泣した」「大人でも泣けた」「アンパンマンだと思って観たら攻殻機動隊だった程の衝撃」「逆詐欺映画」と絶賛コメントが投稿され話題となっている。この週の興収ランキングでも世界待望の『ターミネーター』最新作が首位を獲得したのは想定内だが、なんと、『すみっコぐらし』は初登場で第3位をマーク。公開から3日間で観客動員数およそ11万5,000人弱、興行収入1億3,000万円を記録するスマッシュヒットを飛ばしている(数字は配給調べ)。

もともと人気キャラであるにせよ、何故、ここまで映画がウケたのか? それは、我々自身が「すみっコぐらし」そのものであることが挙げられる。

トンカツやタピオカは食べ残され、ペンギンは本当の自分を探している。すみっコぐらしたちは、居場所がない、自信がないなど、様々な悩みを抱えている。今回のヒットも、自己肯定感が低いと言われる現代の日本人を反映しているようで、キャラクターのネガティブな性格への共感の表れじゃないかと思われる。

というのも、電車の座椅子は端っこから埋まり、大学の大講堂でも学生は後方の隅に偏る。かく言う私も映画館は決まって端の席に絶対座るし。指定席の演劇やコンサートの中央席の居心地の悪さも多少は感じたり・・・・・・無意識のうちに私たちは「すみっコ」を好み行きがちではないか。


[PR]


誰もが想像もしていなかった異例のヒットを受け、大手シネコンなどは、公開劇場を拡大するなどの対応を早急に練っているそうだ。パステル調で描かれた優しいタッチの絵は、癒やし以外のなにものでもなく、内容もピュアで、疲れた日常から離れてみるには適切な映画と言えるかも知れない。
上映時間が1時間ちょっとであることも調度良い。子供映画と括って観ないのは実に勿体ない。是非、すみっコぐらしの世界をもっと多くの人に堪能してほしい!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  2. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  3. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  4. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  5. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…

関連記事

  1. テレビ・芸能人

    海外メディアも報道した「たけし独立騒動」何故たけしは自ら出て行ったのか?

    たけしが「オフィス北野」から独立する。何か腑に落ちない部分もあ…

  2. ハリウッド

    映画『ジョーカー』狂騒曲~あの階段が新たな観光名所に!近隣住民から反発も~

    空前のヒットとなった映画『ジョーカー』で最も印象的なものとして…

  3. 映画

    妖怪ウォッチ vs スターウォーズ今年の軍配は?

    昨年スターウォーズの新作『フォースの覚醒』が上映され、…

  4. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない

    俺は「老害」という言葉が嫌いである。逆に「最近の若者は」と一括…

  5. 映画

    SWが妖怪ウォッチに負ける?日本という国は奇っ怪なり!

    先週末に封を切った『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が全…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  4. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  5. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
PAGE TOP