ハリウッド

果たしてマイティ・ソーはメタボのままなのだろうか?

@ Chris Hemsworth Instagram

2021年公開予定の『マイティ・ソー』最新作(原題 Thor:Love and Thunder)の脚本が完成したと同作で監督を務めるタイカ・ワイティティが発表した。アベンジャーズの主要人物でマーベルの初期から登場している超人気キャラだけに、最新作での注目度も増す一方だが、我々が気になることは例のアレであろう。

ソーってメタボのままなの?

『エンドゲーム』冒頭でサノスに敗北して、すっかり英気を失いビール浸りになった雷神様だが、結局その体型は同作で解消されることが無かった。
前作『ラグナロク』からコメディ要素が増しただけに、その体型でも許されると言ったら許されそうだが、演じるクリス・ヘムズワースの魅力と言えば、ルックスの良さや演技力はもちろん、190cmを超える高身長でスタイル抜群な体型にもあると思われるだけに、本来のスタイリッシュな姿が見たいと思うのは当然なこと。『ゴースト・バスターズ』でも最後のダンス・シーンでは手足の長さが際立っていたし、『MIB:インターナショナル』のスーツ姿も様になっていた。

皆が見たいアナタはこっちだよ!?
© Columbia Pictures © 2016 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

ワイティティ監督も「ソーの設定は、いつも変えたいと思っているよ。彼は変わっていくことで面白みがでるから」と変化をほのめかす発言もあるから、期待は大だ。

[PR]


では、実際にビール腹のソーを続編でどうするかについて、監督は「マーベルと協議中」としている。
結局は、この続編が『エンドゲーム』の何ヶ月後、何年後の物語になるのか、時系列が決定してないという理由だそうだ。そんなんで脚本が完成したのも不思議だが・・・・・・(ビール腹とスリムな姿とでは、活躍の度合いが雲泥の差だろうし、時系列をハッキリさせることも脚本を書く上で重要じゃないかと思うのだが?)

また、最新作で分かっていることと言えば、ナタリー・ポートマンがカムバックすることと、彼女が演じるジェーン・フォスターが「女性版ソー」として登場することだ。一体どのような展開になるのか? 今から楽しみで仕方が無い。

『マイティ・ソー』最新作は、2021年11月5日公開。
2年後か~まだまだ先だなぁ!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  2. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  3. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…

関連記事

  1. ニュース

    続・トランプ当選に対する音楽界の反応

    レディオヘッドのトム・ヨークは今回の米大統領選挙の結果が出…

  2. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感

    世界的ヒットを記録している実写版『美女と野獣』において、ディズ…

  3. ハリウッド

    世界各国で空前の大ヒットを記録中の『ブラック・パンサー』が歴代5位の初週末記録を達成!

    既に本国アメリカでは公開されているマーベル映画『ブラック・パンサー…

  4. ニュース

    トランプ新大統領誕生にセレブ達の落胆の声続出

    トランプ新大統領誕生に、多くのセレブから、続々と落胆・…

  5. ニュース

    トム・ハンクスが新型コロナウイルスに感染

    『フォレスト・ガンプ/一期一会』『フィラデルフ…

  6. ハリウッド

    ブラッピの児童虐待疑惑をFBIが情報収集

    ブランジェリーナ離婚劇はますます騒動を拡大しそうです!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  2. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  3. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  4. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  5. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
PAGE TOP