ハリウッド

『スター・ウォーズ』生みの親ルーカスがシリーズ復帰するという噂が実はかなり信憑性が高いという件



Photo by Kent Phillips/Disney Parks via Getty Images

世界的な人気シリーズ『スター・ウォーズ』の生みの親であるジョージ・ルーカスが、今後制作される新たな三部作で、再び監督を務める可能性があるという噂が立っており、世界中から期待の声が上がっている。ルーカスは自身のスタジオ「ルーカス・フィルム」を40億5000万ドル!!(約3,224億円)でディズニーに売却した為に、2016年の『フォースの覚醒』から成る続三部作(EP7~9)の制作関わっていなかった。しかし、蓋を開けてみれば『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』『スカイウォーカーの夜明け』とSWファンをはじめ批評家からも、批判的な評価も決して少なくなく、ルーカス自身も批判的な態度は崩さなかった。

というのも、買収時にルーカスは続三部作についてのアイディア(あらすじは完成していた)をディズニー側に提出しており、ディズニー側も目を通し買い取るべきだと判断したとのこと。しかし、この時の契約でルーカスのアイディアに従う義務はないとされており、ルーカスは制作のコントロールが出来ず、不本意ながらもディズニーの要請に応じてアドバイザーとして参加することで合意したと。



そして、スタジオ売買時のミーティングで、ルーカスが提出したストーリーが使われないことが分かると、すぐに怒ったという。これは、ディズニーが「ルーカスの意図とは違う方向」で話を進めようと決めていたからだという。ルーカスはディズニーが彼のアイディアを買い取ったことで暗黙の了解でそれを承諾したと思い込んでいたが、ディズニー側の意思は違って、自らのストーリーが切り捨てられたことに失望したというわけだ。
ディスニーは契約違反をしたわけではないが、結果論からいえば、脱ルーカスを図ろうとして失敗したってことだ。



現在ディズニーとルーカス両者とも、ルーカスのシリーズ復帰に関し前向きであるという。
初の実写シリーズ『マンダロリアン』撮影現場でルーカスの姿が目撃されており、SWの軌道修正に本腰を入れて動き出したとも捉えられる。監督のジョン・ファブロー(『アイアンマン』の秘書ハッピーを演じたピエール瀧似のアノ人ね)とモニターを眺めている姿もキャッチされている。

youtube

昨年末に公開された『スカイウォーカーの夜明け』で、約40年以上にも渡るスカイウォーカー家の物語が完結した。しかし、ディズニーは2022年から1年おきに新作3本を公開すると昨年発表済み(ディズニーCEOの乱発を辞める宣言はどこへやら?)。新シリーズでは何が描かれるかは明らかになっていないが、スカイウォーカー家から全く離れたストーリーになると噂されており、SWが単なる宇宙映画に成り下がる前に、ルーカスの手で神話性を取り戻してほしいと願うばかりである。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  3. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…

関連記事

  1. ハリウッド

    デ・ニーロ発言が物議

    なんとも情けないなと思いました。名優ロバート・デ・ニー…

  2. ハリウッド

    マット・デイモン乱入!エミー賞で因縁の対決(笑)

    テレビ界の最大の祭典「第68回エミー賞授賞式」で司会のジミー・…

  3. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!

    シリアス路線からコメディ路線に大きく舵を変更したことで興収的にシリ…

  4. 映画

    『君の名は。』北米公開に合わせて主題歌の英語Ver.公開!

    本格的な北米公開に向けて主題歌「前前前世」の英語版が公開されま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  2. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  4. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  5. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
PAGE TOP