映画レビュー

【映画レビュー】J.Lo美貌で魅せるMeToo真逆の痛快女性賛歌『ハスラーズ』



© 2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

とにかくジェニファー・ロペスの映画だった。
ワガママな性格で有名な彼女が無報酬でも出演したかったというだけあって、長いキャリアの中でも最もハマり役と言って良いほどの見事な演技だった。実は彼女は女優ではなくストリッパーなんじゃないかと思うレベルで(笑)



リーマンショック時のストリップ嬢たちの奮闘を描いた、実話に基づいたクライム・ムーヴィー。コロナ禍で岡村隆史が風俗嬢を軽視する発言があり大批判を浴びたが、この映画の中の女性たちは、もっと、したたかで強欲で逞しかった。逞しいという言い方は決して完全な賞賛ではない、岡村隆史の風俗を蔑んだ発言の批判には賛同するし、女性蔑視もしない。ただ、男性には、どこか風俗系の女性を「買う」という行為によって軽視している部分はあるのだと思う。資本主義的な中で。
それを逆手にとったのが、この映画で、逆にウォール街の男性を手玉にとって、酒にドラッグ入れて伸びきってる間に有り金を盗んでしまおうという犯罪映画。米国式の資本主義に刃向かうアグレッシブさと、男女間の不条理をMeTooとは真逆のフェミニズムでもって、冷酷なまでに経済が冷え切った時世に立ち向かう彼女たちの横暴な行為は、どこか痛快だった。



また、Flo Rida「Club Cant Handle Me」とか、Sean Kingston「Beautiful Girls」とか、あの時(2000年代後期~2010年代初期)の流行歌が流れまくるので、時代を肌感で感じることが出来る。あ~、俺がしがない仕事をしてる時に、こんなことが同じ世界で行われたんだ・・・・・・と庶民感覚で、どこか裕福な生活が羨ましく、犯罪行為を軽蔑的に見ていた。そのリアル感が持てたのは自分とは無縁な世界の話であるが、映画に入り込むことが出来た要因として大きい。



J. Loという人は実に不思議な人だ。音楽方面でも活躍しながら、映画でも平然と活躍している。確かに、こういった存在は多い。マドンナだって、ビヨンセだって、レディ・ガガだってそうだ。けど、彼女らは決して映画で成功してる印象は無く、女優と呼ぶにも臆したくなる。あくまでミュージシャン。しかし、ロペスは両方の畑で難なく活躍し続けている。女優とも呼べるし、歌手と呼んでも違和感がない。なのに、ロペスの場合、その両方で「これぞ!」という代表作が思い浮かばない。けど、キャリアは十分に長いし、人気もあって、実力もある。オールマイティと言えば簡単だが、彼女を表すに美貌と知名度以上に浸透している作品名が思い当たらない。



しかし、先日のスーパーボウルで、御年50歳とは思えないボディラインと、この映画で得たと思える超絶ポールダンスには圧倒された。世界的にも、このパフォーマンスは大好評だったわけだが、同時に同作の好演が、先日発表されたアカデミー賞の主演女優賞候補に挙がらないのはおかしいと言われているほどで、J. Loがキャリア史上いま最も輝いているように思える。間違いなく彼女の代表作となり得るに十分な映画だったと思える。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  2. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  3. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  4. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  5. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『ドリーム』人類偉業の裏にあるのはIBMでなく人間の苦悩と頭脳と労力だ!

    黒人差別が横行する中で偉業を成し遂げた黒人女性の物語というと、いか…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】モアナと伝説の海

    冒険活劇として一級品だった。まるで『マッドマックス 怒りのデスロー…

  3. 映画レビュー

    実写版『アラジン』賞賛する言葉が多過ぎて的確な表現探すのが大変なほど名作!

    この映画を賞賛したい言葉が多過ぎて的確な表現を見つけるのに大変…

  4. 映画レビュー

    【映画レビュー】『キャッツ』そもそも映画化すべきでない!

    そもそも論として、この不朽の名作である『キャッツ』が今まで映画…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】クリミナル 2人の記憶を持つ男

    スーパーマンの父親役から目立った作品にはご無沙汰だったケヴィン…

  6. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】パッセンジャー

    誰かに求められること、他人を意識した言動が意味を成す。対象があ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  3. 音楽

    【FUJI ROCK直前特集 Part.2】音楽に政治を持ち込むのは是か?非か?…
  4. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  5. ライブレポート

    METROCK 2017 1日目完レポ
PAGE TOP