映画レビュー

『シュガー・ラッシュ:オンライン』エゲツない程やりたい放題で痛快!面白いが絶対保証されたエンタメの鑑のような作品だ!

(C) 2018 Disney


前作で度肝を抜かれた斬新さで誰もが100%楽しめる娯楽作の鑑のような映画だった。細部まで徹底した発想が素晴らしい。今回はネットの世界が舞台となるわけだが、自動検索の擬人化や、悪質サイトをビラ配りのように描いたり、eBayでの取引や動画配信サイトでの収益方法など、形無きネット世界の形状化は感心を通り越すほどに秀逸である。

ヴァネロペのゲームの部品が壊れたことで、ラルフとヴァネロペが部品を買うためにネット世界に潜り込むが、実はアナログな知識しか要しておらずネットに全然付いていけない。eBayで無責任に数字を言って高額入札してしまい、ドタバタを引き起こしていく。そんな大金をネット世界でどうやってお金を稼ぐかって話になるが、ラルフが動画投稿サイトで「いいね」を貰うという手法を取る。それによって一躍スターになるも、大衆の飽きが早い。ネットは映画と違って秒の世界であるという、YOUTUBERのようなネット人気の一過性も描いている皮肉めいた描写が妙にリアルだ。何より、もともと音楽やテレビ業界に従事してきた者から言わせて頂くならば、広告塔の存在が如何に重要かということを見せつけられた気がする。

[PR]


また、前作でも目を見張ったカオス状態なクライマックスの(ウイルス感染したラルフもどきが大勢現れてキングスライムのように合体しちゃう)スケールの大きさは今回も健在! MCUの如き超大作なスケールで描かれているので迫力も十分過ぎるほどだ。
唯一の親友であるヴァネロぺに過干渉してしまうラルフとの友情物語というのは、前作後のエピソードであるので、非常に観てて面白い。そこで、ネット世界に魅了されるヴァネロぺと、批判的なラルフの意見齟齬も起きたりと、根本にはキャラ同士の関係性を描いたドラマだからこそ、物語に説得性がある。ネットの先進性と、友情という普遍性という合見えた要素が見事に融合してて、時代を象徴するファミリー映画として成立させちゃうんだから大したもんだ。

何よりも本作で目を見張るのがディズニーのエゲツなさだ。
前作ではディズニー映画にストⅡのザンギエフや、スーパーマリオのクッパが出てきたことに驚いたが、今回は自虐的に前作を超えてきやがった。
ベイマックスや、バズ・ライトイヤー、『くまのプーさん』のイーヨ、『白雪姫』のおこりんぼ、ピーターパンの影にティンカーベルまで、ディズニーお馴染みのキャラクターを出し惜しみなく登場させる。
そして、強烈なインパクトを残すのが、ディズニーの歴代のプリンセス達。まるで舞台裏のアイドルを見ているかのような女子全開な楽屋トークが面白い。『メリダとおそろしの森』(ピクサー制作)のメリダが意味不明なことを言えば、他のプリンセス達が怪訝そうに「あの子だけスタジオが違うの」と言うサービスも(笑)
また、スターウォーズやマーベルなど系列会社のキャラまで登場させるのだから、もはや反則技と言えよう。それだけでも十分に楽しいではないか。ちなみに、今年ご逝去されたスタン・リー御大も一瞬出ているので要チェック。そして、凄いのはチョイ役にも関わらず、アナ雪は松たか子など、オリジナルの声優をきちんと起用している拘りようである。



もはや映画の世界ではディズニー天下である。しかし、そのネームバリューに奢ることなく優秀なクリエーターたちが抜かりない発想と努力によって、このような傑作を生み続ける以上は、ディズニーの天下も盤石だろう。それを確信できた映画だったと思う。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  2. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  4. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  5. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】映画 ビリギャル

    (C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会予告編で流れた、聖…

  2. 映画レビュー

    『LION ~25年目のただいま~』母を訪ねて三千里もGoogleがあればお茶の子さいさい?

    ベンジャミン・バトンをも凌駕する、なんとも数奇な人生である。幼少期…

  3. 映画レビュー

    『デッドプール2』ブラックな笑いと過激描写が続編で増し増しで強引に続編成立

    前作で度肝を抜かされたブラック・ユーモアが続編となって何割か増し増…

  4. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観とは。

    いつから人々は“働くこと”をネガティブに捉えはじめたのだろうか? …

  5. 映画レビュー

    久々の韓国映画の成功例『新感染 ファイナル・エクスプレス』の勝算は単純さにあり

    99年の『シュリ』を皮切りに、文化としての成熟度の早さ、高さが凄ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  4. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
PAGE TOP