ハリウッド

【坊主頭流行到来か?】人気急上昇中のノア・センティネオが突然坊主になり世界中の女子から悲鳴!




Frazer Harrison+Getty Images

ネット上のボーイフレンドが突然の坊主頭に!

世界中の女子からは悲鳴が「誰かノアを止めて」

2018年に配信されたNetflix映画『好きだった君へのラブレター』で世界的ブレイクを果たしたノア・センティネオ。世界中の女子から「ネット上のボーイフレンド」との異名を持つ正に今が旬のイケメン俳優だ。モデルのアレクシス・レンとの交際が報じられるなど、世界中の注目を集める彼が、最近、髪の毛をバッサリ?丸刈り坊主頭にしたことで「ショックだ」「敢えて不細工路線に走ってるの?」「誰かノアを止めて」と、女性ファンから悲鳴が上がっているという。

[PR]

そもそもノア・センティネオって誰?って人のために

1996年生まれの23歳!昨年Netflix映画で大ブレイク!

本名はノア・グレゴリー・センティネオ。1996年生まれ。ネイティブアメリカン、プエルトリコの血を引く。185cmの高身長。口元にある傷は幼少期に犬に噛まれた痕だとか。それでも噛んだ犬を庇うほどの愛犬家でもある。
スターの登竜門のひとつ、ディズニー・チャンネルで多くのドラマに出演。ジェニファー・ロペスが製作総指揮を務めた人気ドラマ『フォスター家の事情』で注目を集める。
2018年に大旋風を巻き起こしたNetflixオリジナル映画『好きだった君へのラブレター』にピーター役で出演し大ブレイク。続編を望む声も多く、その期待に応えるように現在撮影中とのこと。

話題の映画出演も決定!最も飛躍が期待される若手俳優!

さらに、今後は『チャーリーズ・エンジェル』のリブート版や、ジャッキー・チェンが監督を務める映画『The Diary(原題)』なども大型作品への出演も決まっており、時代を象徴する人物をモデルに起用することで知られるカルバン・クラインの下着広告にも選出されるなど、さらなる飛躍が期待される。
また、『好きだった君へのラブレター』でヤクルトを飲んで「美味しい」と言ったことで、米国内でヤクルト人気が沸騰。品切れが続出し、さらにヤクルト社の株価UPしたとか影響力も計り知れない。


私生活は真面目な好青年でラブコメ好き!

17才の頃はクレイジーなほどPARTY三昧だったらしいが、21歳の誕生日前日から、酒もタバコも辞めたらしい。飲酒や喫煙、抗不安薬を飲む代わりに、ハイキング、瞑想、ヨガなどを始めたところ、生活がよい方向に一変したという。
ケイト・ハドソン主演の03年『10日間で男を上手にフル方法』や、トム・ハンクス、メグ・ライアン共演の98年『ユーガットメール』、ジョン・キューザック主演の2001年『セレンディピティ』などラブコメ映画が好きだという。ヒュー・グラントのように新時代のラブコメ帝王になるかな?

人気者が次々丸坊主に!坊主が世界のトレンドになる?


そんな人気者なノアが坊主になったことで女性たちはショックを隠しきれないそうだが、トム・ホランド、チャーリー・プース、オースティン・マホーンなど、ここ最近、坊主頭にする人気者が多い。坊主が流行し始めてるのかな?
けど、今のツーブロックも(個人的にはどこぞの国の将軍様にしか見えないけど)米英国の俳優やスポーツ選手が発祥で、定着しているように、冗談抜きに、坊主が世界のトレンドになり得ないこともないかもよ?
けど、セレブを除いて世の中のイケメンと言われる野郎共って、大概ツラ構えはたいしたことなくて髪型イケメン、雰囲気イケメンなだけなように、それだけ女性にとって髪型は重要なのだろうから、人気セレブといえども坊主は禁じ手なのかもね? 今が大事な時だからファンの意見は貴重だよ、ノア!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。





[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由

関連記事

  1. ハリウッド

    次期ジェームズ・ボンド候補にあの元子役が

    親戚のおっさん発言しますけど、世界中の涙腺を崩壊させた英国…

  2. ハリウッド

    ジョニー・デップ本人がディズニーランドに出現

    楽しみ過ぎて失禁しそうなくらいでいる!世界的大人気映画シリ…

  3. アカデミー賞

    ゴールデン・グローブ賞『ラ・ラ・ランド』が史上最多7部門受賞

    いよいよ始まった本格的な映画賞レース・シーズン。アカデ…

  4. ハリウッド

    【東京コミコン1日目】クリス・ヘムズワースに会いに行った

    今年もコミコンの季節がやってきた!今年も盛大に幕を開けた東京コミコ…

  5. ニュース

    GG賞の壇上でメリル・ストリープがトランプを痛烈批判!

    先日のゴールデン・グローブ賞にて、功績賞を受賞した名女優メ…

  6. ハリウッド

    今年のエミー賞の話題はニコール・キッドマンの旦那前キスと、元スパイサー報道官の登場!

    辞任したスパイサー報道官が登場いつもはエミー賞に興味が無いんだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  2. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  3. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  4. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
PAGE TOP