ハリウッド

遂に雪解けか?テイラーの民主党支持発言をアノ宿敵が絶賛!

source:songkord.blogspot.jp

先日、自身のインスタグラムで米中間選挙を前に、共和党女性議員を名指しで批判。女性の権利拡大や賃金の平等、女性への暴力取り締まり強化、LGBTの差別禁止に反する同議員に賛同しかねるとして、民主党支持を表明したテイラー・スイフト。これまでテイラーは、政治的立場を明確にしてこなかっただけに「のんぽり馬鹿女」などと言われたが、突然の政治発言に、世界中が驚きと共に拍手喝采する一方で、トランプ大統領を含む共和党や一部の保守層からは大批判が上がっている。それだけ発言の影響力は計り知れないものとなっている。事実、彼女の発言後に、有権者登録した若者が続出。与野党逆転とさえも言われているほどだ。

[PR]


この事態に、長年テイラーと犬猿の仲とされるケイティ・ペリーがテイラーの発言を絶賛。テイラーの投稿に「いいね」を押した上に、2018年10月18日のチャリティー会場で「当然のことよ、彼女は素晴らしいお手本になっているんだから」と絶賛発言までした。二人は2013年頃からバックダンサーの取り合いでTwitter上で揉め出し、お互いを楽曲で批判し合うまでに発展。関係性は悪化の一途をたどり、修復不能とまで言われていた。

●テイラーがケイティ批判したとされる「Bad Blood」
Bad Bloodとは「不仲」とも訳される。歌詞もいきなり《私たちはお互い嫌いよね/前はおかしいくらい愛してた/けど、あなたがしでかしたことを見なさいよ》とあからさま。

●ケイティがテイラー批判したとされる「Swish Swish」
タイトルの「Swish」がスウィフトに似ていること、歌詞が《シュート、シュート、あら失敗ね/バスケットでもう一度やりなおして》など、全体的に誰か女性批判をしていることで反撃ソングの噂が有力。

しかし、昨年2017年に事は大きく進展する。テレビ番組に出演したケイティが初めて不仲の噂について言及。ついでに、テイラーとの和解を強く希望した。また、テイラーは今年2018年5月に開始した世界ツアーの時期に、ケイティから送られたオリーブの枝をインスタグラムのストーリーで披露し「ありがとう、ケイティ」と言葉を添え、和解したようであった。そして、ここに来てのケイティのテイラー絶賛コメントの発表。5~6年に渡り繰り広げられてきた歌姫たちの確執はほぼ雪解けしたと言っていいのかな? あとはグラミー賞あたりのステージ上で共演でもすれば言うこと無しなんだけど、気分屋で、プライドの高い二人だけに難しいか? 結局カニエの二の舞になるかもだし。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  2. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  3. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  4. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…

関連記事

  1. 音楽

    ボブ・ディラン自身の歌詞について語る

    初の歌手としてノーベル文学賞受賞となったボブ・ディランの貴…

  2. 音楽

    ノエル「今後オアシスをやる可能性はある」発言

    ノエル兄貴が今後オアシスをやる可能性はあるという衝撃発言が…

  3. 音楽

    【緊急速報】リアム意味深発言!ビーディ・アイ解散?

    リアム、突然の発言!Beady Eye are no …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  4. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  5. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
PAGE TOP