映画レビュー

『ベイビー・ドライバー』は最高の超娯楽的音楽映画!これほどCOOLでセンスの良い映画はない!

出典:http://www.imdb.com/title/tt3890160/mediaviewer/rm608583168


最高過ぎて言葉も無い。素晴らしいのひと言だ。こんなにcoolでかっちょいい映画を近年観たことがない。しかも、楽曲、洋服、セット、アクションの何もかもがセンス良い。

The Jon Spencer Blues Explosionの「Bellbottoms」で始まり、冒頭から、いきなり息をつく暇もないほどのフルスロットルなカーアクションを魅せてくれる。猛スピードで走っている車の前方にトラックが出てきて、衝突寸前の時にハンドブレーキをかけて、横滑りしながら障害物をかわしてしまう。『ワイスピ』にも劣らない見事なカーチェイス・シーンを目の当たりにし、アドレナリン全開でスクリーンに食いつこうとする自分に気付く。その時点で、既にこの映画の虜になっていた。

物語はいたって単純。ボーイ・ミーツ・ガール。犯罪という壁が恋愛を成就させないロミジュリ手法。今年風に例えるなら、クライム青春映画に、『ラ・ラ・ランド』テイストを少々加えた感じ。あっちが正統派ミュージカルならば、「こちトラ、過激なアクション映画じゃ!」と言わんばかりの、先述の通りの大迫力なカーチェイスシーンが満載。ドンパチ銃撃シーンばかり。どういう映画なのかの予備知識を持っていなかったので、こんなに娯楽性が高い映画だったことに驚きと感動を覚える。こういう映画があるから、映画が好きでよかったとさえ思える。

特に、銃撃の際も、無造作に撃っているのではない。BGMとシンクロされているのだ。楽曲のリズムに合っているので、銃撃シーンでもグルービーなのが非常に楽しい。細かなテイストまで心底こだわっている。そんな屈託の無さに好感が持てる。

それに、主演のアンセル君の普通な少年のオーラがいい。不良感が微塵もないからこそ、この主人公像としても青春物語としても成立する。また、そんなアンセル君、190cmのかなりの高身長ではあるが、そんな若手の高身長を凌駕する、彼を取り囲むオヤジ俳優たちのアクの強さと言ったら無い。犯罪チームを束ねる親分を演じるケビン・スペイシーの重圧感、ジェイミー・フォックスのイカれっぷり、ジョン・ハムの狂気が、この犯罪映画に箔を付けているし、勢いや活力を与えているようだ。どこかタランティーノっぽさがあるのも、彼らのような濃い俳優の存在感がそうさせているのだと思う。
ちなみに、レッチリのフリーも久々の映画出演していて、あまりにピッタリ役なのがウケた(若手時代に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』にチョイ役で出演しているのは有名な話)。

主人公の心情に合った音楽が使用されており、The Damned 「Neat Neat Neat」、The Shake「Got No Soul」、Queen「Brighton Rock」など、各々のシーンによく合う、映画全体に流れる選曲の妙が際立つ。ZEDDもいいけど、こういうセンスの良い古典を聴くのもシャレオツではないかね?

(文・ROCKinNET.com編集部よっしー)
※無断転載は固く禁ずる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  2. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  3. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  5. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】この世界の片隅に

    日本という国が、この映画が口コミで好評を呼びヒット…

  2. 映画レビュー

    【映画レビュー】『チャーリーズ・エンジェル』MeToo主張が強すぎだったのかも?

    2000年のキャメロン・ディアス版も言うほど大した映画かな~と…

  3. 映画レビュー

    『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』こそ民生を理解していない

    薄っぺらい映画だった。奥田民生に憧れる理由は凄く共感できる。自由奔…

  4. 映画レビュー

    決して米軍万歳ではない『ハクソー・リッジ』でメル・ギブソンが描きたかった本当の事とは?

    メル・ギブソンの映画は苦手である。痛々しいシーンが無駄にリアルで目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  2. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  3. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  4. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 4日目(2018/08/12)ライブレポー…
PAGE TOP