映画レビュー

アニメ革命を起こした大傑作『スパイダーマン:スパイダーバース』に拍手喝采!

© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

とんでもない傑作アニメ映画を観た歓喜で震えている。
アニメ界にある種の革命が起きたと言っても過言ではない。
CG加工されたアニメーション上に手書きが加えられ不思議な質感の画が斬新だった。無機質で機械的だったCG映像に躍動性が与えられ、BGMのラップも手伝ってか、リズミカルな作風が格好良かった。
マーベル作品ではコミックを実写化することの迫力映像が凄くて、実写に勝るものは無い感じでいたが、このアニメ映画はそれをも超えてくる。ヴィジュアル的改革が行われていた。どのカットを切り取っても、“映える”ような懇切丁寧なクリエイティブと、計算付くされた構図には脱帽だ。

1963年に創刊されスパイダーマンの基盤的シリーズ『アメージング・スパイダーマン』が、あまりに長期化・複雑化したことで2000年に新シリーズとしてゼロからやり直す意図で作られた『アルティメット スパイダーマン』の主人公がマイルスで、それから何シリーズも経て2014~15年に連載されたのが今回の『スパイダーバース』ということになる。

ま、詳しい解説はココでしてるので参考までに
↓↓↓↓↓


スパイダーマンの主人公と言えばピーター・パーカーだが、映画の前半で敵に敗れ、この世を去る。それを目の当たりにしてしまったヒスパニック系の少年マイルスが敵の策略に重要なキーをピーターから託され、自分も新たなスパイダーマンになろうと苦心するも、なかなかそうは上手く事は進まず悩み苦しむという、ありきたりな青春物語。

主演がトム・ホランドであるマーベルの『ホームカミング』も似たテーマであった。基本的に、スパイダーマンは未熟なのだ。けど、背伸びをする。大人に認められたいがゆえに。その青臭さこそが愛おしい。若さゆえの無力さなど、誰もが経るだろう多感期のホロ苦い経験への共感性が何とも言えない。スパイダーマンとは年月と共に忘れがちな少年心、挑戦心、純真さの象徴のように感じる。マイルスの如何にも現代っ子的な部分も含めて好感が持てる。

© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

そんな未熟なマイルスの前に、40歳のおっさんになったピーターや、金髪美女、ギャグ連発の子豚、モノクロのノワール風凄腕ヒーロー、ジャパニメーションような女子キャラとロボットと、多様なスパイダーマン達が現れる。各々が歪んだ時空からやって来たという奇抜な展開に度肝抜かれる。

© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

革新的なアニメ表現と共に超高速で展開していくアクションが、リアリズムを超えた視覚的な異空間を形成しているようで、その映像美に陶酔し、迫力に圧倒される。要するに、めちゃくちゃクール! アドレナリンが出ないわけがない。サブカル好きで良かったな~と思わずにはいられない強烈な一撃だった。作り手の細部までの拘りが感じられ、これ作るのにどれほどの労力を要したことだろうと想像を絶する思いだが、是非とも続編を期待したい。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  2. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  3. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  4. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  5. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!

関連記事

  1. 映画レビュー

    『アウトレイジ 最終章』は暴力映画ではなくコメディ映画だった(笑)

    日本人は“不良好きDNA”が流れている。昔悪かった自慢など何の意味…

  2. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBest映画2014

    今年もBest映画を発表する時期になりました!毎年言うことにしてま…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ムーンライト

    黒人による黒人への差別と迫害・・・アメリカでは黒人以上に同…

  4. 映画レビュー

    二兎追う者は一兎も得ず?『女王陛下のお気に入り』は権力に奢れる人間の愚かさを描いた愛憎劇

    アカデミー賞はこの映画の何が好きだったの?英国王室・衣装メイク…

  5. 映画レビュー

    『MEG ザ・モンスター』ハリウッド映画の中国資本化が止まらない!

    サメ映画の原点にして頂点である名作『JAWS』を『ジュラシック…

  6. 映画レビュー

    『キャプテン・マーベル』最終決戦前の最重要作品!男性主義もサノスもぶっ飛ばせ!

    マーベル好きとしては非常に意味深い作品だったと思う。アベンジャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  2. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  4. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  5. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
PAGE TOP