ライブレポート

METROCK 2018【東京 2日目】ライヴレポート

© ROCKinNET.com All rights reserved.

春から夏に変わろうとしている五月下旬。毎年恒例と化しているMETROCKに今年も行く。このフェスの、個人的な位置づけとしては、これから本格化する夏フェス・シーズンへの心構えをするための準備運動的なフェスと思っている。もっと体力を付けなければ、もっと走ろうと思ったりとか。
今年、残念だなと思ったことが一点だけある。それは、冒頭でアキモトとかいう衆議院議員が出てきたことだ。心底、興醒めした。こういう娯楽と政治は切り離されたものであって欲しいと個人的には思う。政治が介入するものではない。明らかな場違いな立場にある人の登場に違和感を隠せずにいた。

2018/05/27(Sun)

●KANA-BOON

© Ki/oon Music Inc.All rights reserved.

彼らだけに限ったことではないけど、フェス御用達バンドは、いつ何時観ても変わり映えしないことが多々ある。年に全国各地で何百本もライヴを行うだけに仕方ないのかも知れない。しかし、観客はその全てを観れるわけがない。年に一度って場合も当然ある。その中で、どう観客の琴線に触れることが出来るか? そこをおざなりにするか、しないかで、凄まじい速度で淘汰されていくシーンに残れるか否かが決まると思う。KANA-BOONはそんな激流の中でサラッとライヴをやってのける。現代の邦楽ロック・シーンの象徴的バンドとしての余裕すら窺えた。出来れば、久々に旧来のキラー・チューンではない新しい激アゲ楽曲が聴きたいと思った。

●THE ORAL CIGARETTES

COPYRIGHT © MASH A&R.

今月初旬のビバラでの件がどれほど山中(Vo)の心理に影響したか、おそらくほぼ気にも留めていないと思うが、少々アンチ的意見が目立っていた気もする。勘違い・ナルシストが過ぎるとか。この日は、ここ数年嫌ってほど繰り返してきた「俺らが新しい時代を牽引する」発言が無く、珍しく「俺らは勘違いされやすい」という控えめな発言が印象的だった。個人的には、癖の強さとしては、この程度で調度良い。新曲「ReI」に象徴されるように、自己顕示欲よりも他人の為に歌うオーラルの方が好きだ。また、彼らの音楽は、90年代に大流行したビジュアル系まんまなんだなと思った。時代が違えばド派手なメイクしてたと思う。特にオーラルは編曲が上手い。サビで聴衆が一気に暴れられるように意識して制作されているのは巧みだなと思う。そして、何よりも、いい加減にフェスで「エイミー」が聴きたい。

●ゲスの極み乙女
例の騒動から初めて彼らのライヴを観る。偶然にも前回彼らを観たのも、このMETROCKで二年前のことだった。騒動の渦中でも観客は、そんな下世話なワイドショーネタなんか気にも留めずに騒いでいた。現にファンでも何でもない俺でもサビさえ聴けば全部の楽曲を知っている。その浸透力は凄まじい。ただ、その二年前と比べると断然盛り上がりに欠けていたのに気付く。本当に恐ろしいのは、不倫でのイメージ下落なんかではなく、二年という期間でバンドや楽曲が人の興味を引き付ける力を失ってしまったことだ。激動のシーンである。たかが二年で大きく潮流も変わる。「私以外私じゃないの」というフレーズがキャッチーなものから、「だから何だよ?」ってな具合の意味不明な言葉に成り下がるリアルな質感を感じた。ゲスの極みの負ったダメージがあるとすれば、そういうところだろうと思った。


●フレデリック

frederic-official.com

KANA-BOONでも言った通りだ。彼らも本当に多くのフェスに出演している。時代の寵児だ。「オンリーワンダー」「オドループ」という絶対な楽曲で盛り上がる光景は何度も観ている。さて、そろそろ次の一手が欲しいという願望を、新曲「飄々とエモーション」で成し遂げたように思う。「オンリーワンダー」の時ような爆発的な何かを感じることは無かったが、確実に進化している彼らの次のステージを何処かで観るのが楽しみになったパフォーマンスだった。

●MAN WITH A MISSION

出典:jpsongs.net

この日の最高気温は27℃の正しく夏日。着ぐるみの影響もあるだろう。人気と反比例して出演時間が30分と極端に短い。わざわざ最も暑い時間帯にしたのは主催者側のイジメだろうか?(笑)その分、圧縮されたステージだった。この日、稲穂を持った人に次いで、彼らのバンドTシャツを着た人を多く見かけた。相当数のファンがいた。アリーナ公演をなんなくやってのけるモンスター・バンドである。流石のパフォーマンスと、観客のノリが見事な化学反応が成された光景で、今日イチの盛り上がりを見せた気がする。相変わらず「fly again」は前奏から激アガってしまう。

●レキシ

image source:伽羅古録盤

ぶっちゃけフェスで観過ぎた。お決まりのセトリ。ネタ入れ込む場所さえも、何を言うかさえも分かってしまう。その構成自体は飽きてきたといえども、レキシが面白いのは、ふとした瞬間の素の発言なのである。羽田空港が近いから会場上空を飛行機が休みなく飛んでいるが、当然のように弄ったりとか。次の出演がサカナクションということもあり、稲穂を持っていない人に「手を稲のようにして振ってください」と言えば、瞬時に「手稲」→「ていね」→「ていね、ていね~、ていね~に」とサカナクションの「新宝島」にしてしまう。こういうところが池ちゃんが面白い・トークが天才的と言える本質的な部分で好きだ。ワンマンなら、それが炸裂してるんだけどね。そろそろ新曲も聴きたいところだ。

●My Hair is Bad

Copyright © My Hair is Bad. All Rights Reserved.
Powered by MAG

圧倒的だった。常に全力な椎木が神掛かって見えた。初武道館以上の気迫に満ちたパフォーマンス。椎木のギターを演奏するというよりも体全体で、かき鳴らす姿がカッコ良かった。何を語るかなと思っていた。椎木の思想の根底には諸行無常みたいなものがある。人生の儚さを訴えつつも、だからこそ「いま本気で楽しめよ!」と、叫ぶ。あまりの力の入った叫びに会場が呆然とし静けさが広がる。もう一度、叫ぶと、大歓声が起きる。圧倒されるというのは、こういうことなんだろうと思った。「曲作ってネットに載せれば簡単にスター」「音が鳴ればいつもみたいに踊ってる」まるで今のフェスを取り囲む軽薄さを鋭く突くような言葉に心揺れる。夕暮れから夜になって日が落ちた都心部で、思いの丈を叫ぶ椎木のステージは、とてつもなくドラマチックだった。「アフターアワー」「元彼氏として」「告白」とお馴染みの楽曲をやって、ステージを後にする。アンコールで「いつか結婚しても」を演る。幸せの為の曲と紹介した。椎木ほどエネルギッシュでエモい存在は今のシーンにはいない。その底力を最高な形で表現しきったマイヘアに拍手を!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  2. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  4. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2015 vol.3

    ちょいブレイク・・・今年はピクサーとコラボ!モンスター…

  2. 邦楽

    ミスチル桜井和寿が粋な計らい「I ♥ CD shops!」開始

    Mr.Childrenの桜井和寿が「I ♥ CD shop…

  3. ライブレポート

    【ポップ・ミュージックの理想郷】桑田佳祐「がらくたツアー」東京ドーム2日目を観る!

    冷静に部屋を見渡すと、本当に生きる上で必要な物の少なさに驚く。…

  4. 邦楽

    【日英最強バンドの共演】RADがCOLDPLAY公演に参加決定!

    4月のCOLDPLAY東京ドーム公演にRADWIMPS…

  5. 邦楽

    発表!2013年素晴らしき邦楽たち!!

    毎年恒例!もう今年も、この企画を発表する時期になってしまいました!…

  6. 邦楽

    桑田佳祐が選ぶ2016年邦楽シングルベスト20

    以下、桑田佳祐のコメントと共に、そのままレポートします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


[PR]

人気の記事

  1. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
  2. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  3. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  5. ライブレポート

    FUJI ROCK FESTIVAL ’18で日本のフェス文化は一つ…
PAGE TOP