邦楽

ヤバイTシャツ屋さん紅白急浮上で感じる2つの違和感

出典:YOUTUBE

最近の紅白では「フェス枠」が設けられているような

オリコンが実施した、今夏のフェスシーンで活躍した中で“紅白で見たいバンドのランキング”の男性が選ぶ首位に「ヤバイTシャツ屋さん」が選ばれた。ちなみに、女性が選ぶランキングでの首位はSuchmosだった。(その他、Mrs.GREEN APPLE、DAOKO、GRIM SPANKYの名が挙がっている)
確かに最近は、昨年2017年のWANIMAをはじめ、2016年のRADWIMPS、2015年のゲスの極み乙女など、「フェス枠」があると言ってもいいように、その年のロック・シーンを象徴するバンドが出場する傾向が続いている。ただ、WANIMAの場合は2017年アリーナ公演の成功や、テレビCMや映画での楽曲起用が際立ったとか、2016年のRADWIMPSは国民的ヒットとなった『君の名は。』の主題歌「前前前世」で注目されるとか、2015年のゲス極も多数のCMタイアップや甘利元経済再生相がマイナンバーカードのPRで彼らの曲の替え歌を口ずさむなど世間的な話題性が十分にあった。ゲスの極みに関しては翌年の不倫騒動の方が遥かに話題になったけd・・・・・・(自粛)

[PR]

ヤバイTシャツ屋さんもフェス会場での人気ぶりは凄まじい。キャッチーなフレーズも多く、「あつまれ!パーティーピーポー」がLMFAOの「Shots」をまんまパクる無思想感が今の時代にハマったのかも知れない。ビバラでも入場規制だったし、ロッキンでも最大規模のグラスステージを埋めたし、人気といえば十分過ぎるほどある。

ヤバTは紅白出るほどの知名度があるか問題

ただ、なんぜ一般的な知名度が高くない。WANIMAやRADWIMPSのように浸透しきれていない印象があるのも事実だ。けど、それが紅白の選考基準に満たないとは言わないけど、紅白って本来はその年に話題になったアーティストの音楽的祭典だったはず。こんな若手いますよ歌合戦じゃない。ロッキンでもヤバT観て楽しかったけど、フェスという一部の狭い世界での人気者の印象が拭いきれず、紅白出るまでに至っているか否かについては正直違和感が残る。そういうのにすがる紅白も情けない。

実は相思相愛なヤバTとNHK

とは言え、ヤバTとNHK。この一見相反する両者、実は相思相愛であるのだ。ロックファンなら周知の事実であろうが、今年2018年3月に「NHKフレッシャーズキャンペーン」のイメージキャラクターに起用され、楽曲「案外わるないNHK」を書き下ろし。MVでNHK職員とヤバTが戯れている様子が微笑ましくて好きだ。8月にはNHK総合で司会を務める「テンゴちゃん」がレギュラー化。彼らの夢も「テレビで最初に歌うのは紅白と決めている」と言っている。NHKとしても、これほど後押し要素が揃っているバンドが他に無い以上は無視もできないだろう。

ロック・バンドが紅白に出たいと思う時代

そもそも、ロック・バンドが紅白に出たがることも驚きだ。否定はしない。ただ、時代が変わったんだなと思う。以前「HEY!HEY!HEY!」にキュウソネコカミが出た時もセイヤ(Vo)が「紅白に出たい」と言っていたのを覚えているが、一時期は権威に抗うことに美学を持っているバンドは多かった。GLAYやラルクなどタイアップ型の産業ロックのもと活躍してきた大衆バンドは除いて。
松任谷由実が売れに売れまくっていた全盛期に、紅白が絶対的な権威だった時代に最初に「紅白出ない宣言」をして以来(数十年後に出場しているが)、紅白という権威に抗う美学みたいなものが定着したのは言うまでもない。内田裕也なんて打倒紅白を掲げて「ニューイヤーロックフェスティバル」を開いたり(ビートたけしも出てたっけ)。
けど、紅白の影響威力と言うのは相応に大きくて、中島みゆきが初出場した後に「地上の星」が再び注目を上げ、結果ミリオンセラーまで売れたとかって例もある。

権力に抗う俺かっこいいが逆にダサいという保守世代?

何より、今は音楽が売れにくい時代であるから、自分たちを売ることが何よりも優先的であることは理解する。それと、ここ数年は伝統を重んじる保守的な物の捉え方も多くなってきてるので、NHKという権威に逆らうロック・ミュージシャンというのも少なくなってきているのかも知れない。紅白自体が権威を失って久しいので、以前よりも出場しやすい身近な存在になったとも言えよう。「敢えて出ません」とか「権力に抗う俺かっこいいが逆にダサい」という世代の価値観なのかなと。けど、完全に個人的見解だけど、細美武士や10-FEET、マキシマムザホルモン等がやたら滅多に地上波の番組に出ないにも関わらず、フェスやライヴだけで人気を維持しているバンドがいることを考えれば、紅白なんかより自分たちの土俵で勝負することに徹するのもかっこいいけどね。ロック・バンドの価値観も変わってきたのかなと思うと、もうちょっと突っ張ってもいい気がした。どの道、ヤバTが出ることになっても、大学の学園祭レベルで終わるのは目に見えているが。NHKホール、誰もモッシュやダイブしてくれんからな(笑)

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  2. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  3. 2017年 俺が勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  4. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  5. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている

関連記事

  1. ライブレポート

    Mr.Children25周年東京ドーム公演で感じた邦楽の良心

    圧倒される三時間強だった。冒頭から有名曲の連続。「CENTER O…

  2. ライブレポート

    【BUMP、ヤバT、あいみょん】COUNTDOWN JAPAN 1819 1日目ライヴレポート

    年の瀬もロックではしゃぐのが最高じゃないかと参加し続けて個人的…

  3. ライブレポート

    【速報ライヴレポ】サンボマスター初武道館で大興奮&大号泣の伝説の夜

    文字通り“伝説”のライヴだった。この三人が今日まで武道館でライヴを…

  4. 邦楽

    2011年素晴らしき邦楽たちTOP10!

    早いもんで、あと2週間で今年も終わりってことで、去年、意外に反響の…

  5. 邦楽

    スカパラに限定加入した、さかなクンがめちゃCOOL!

    しかし、本当に不思議な人だ・・・あの「さかなクン」が、…

  6. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 1日目ライヴレポート

    1年の終わりに相応しい過ごし方と言えば、もうこのフェスに来るこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


[PR]

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ライブレポート

    【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  3. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  4. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  5. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
PAGE TOP