邦楽

桑田佳祐が「ヨシ子さん」でやりたかった開放

kuwata2016

本格的に音楽番組への出演など精力的なメディア戦略を始めた桑田佳祐。
力の抜けた意表を突いた表題曲の「ヨシ子さん」のインパクトが狙い通りなのか、良くも悪くも評判を呼び、この初夏の邦楽界の話題をかさらってるのが流石の浸透力とプロモーション力だと感心する。

「R&Bって何だよ、兄ちゃん?」の後に「オッサンそういうの疎いのよ 妙に」と茶化し
「EDMたぁ何だよ、親友?」の後に「“いざ”言う時に勃たないヤツかい?」と得意の下ネタで茶化す。
グラミー賞も要チェックするような音楽に貪欲な桑田佳祐が、本当にR&BやEDMを知らないはずがない。そのあとの<茶化し>にこの曲の本質はある。これまでサザンは時代の流行を取り入れ、先読みし、日本音楽界のスタンダードを築いてきた。
その流行を茶化す行為、それは紛れもなく<桑田による「もはや、それをしない」宣言>。
今回は流行歌作らないから・・・「俺、好きな曲作るから」という開放的な宣言に思える。
(過去にも「東京」「明日へのマーチ」など、表題曲らしくないズラした作品はあったが)
そこには、絶対の確率でヒット曲を世に送ってきた桑田のプレッシャーからの開放にも感じる。

これに近い(・・・と勝手に予測される)エピソードを思い出す。
ジブリ映画の『ホーホケキョとなりの山田くん』だ。『もののけ姫』に続いて公開された本作だが、ジブリ史上初の赤字興行となった映画でもある。鈴木敏夫氏が言うには、この結果はある程度想定内だったらしく、
ヒットが続くと、会社や周囲からのプレッシャーが高くなって、作る人間も数字を追いかけるようになる。そうすると現場は萎縮してしまう。自由を取り戻すためには、どこかで数字をリセットしなきゃいけない。という発想によるものらしい。その後の『千と千尋』でこの試算が成功だったことは証明されてるわけだが。

桑田佳祐が開放した夏・・・今年はまだツアーを発表していない。
何十万人も動員するツアーも開催せず、桑田佳祐の<自由な夏>は♪チキドンという音色と共に心地よく流れている・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  2. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  5. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている

関連記事

  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 2日目(2018/08/05)ライブレポート

    いよいよ夏本番、国内最大級の野外フェス“ROCK IN JAP…

  2. 邦楽

    【サークルばっかの最近のフェスに違和感】METROCKでフォーリミがキレた件に激しく同意してしまう!…

    手グーパー、ツーステ、スカダン・・・いつの間にか個性を失った邦…

  3. ライブレポート

    【祝・武道館】初武道館の理想形を実現した究極のエンターテイメント

    こんなにもパワフルで、こんなにも感動的で、こんなにもポジティブで明…

  4. 邦楽

    祝快挙!KEYTALK最新作「PARADISE」が週間チャートで初登場2位!

    大快挙です!KEYTALKの最新アルバム「PARADI…

  5. 邦楽

    GReeeeNがTV初出演することに苦言を呈す

    ヒットすればいいって話ではない。歯科医と二足の草鞋を履いて歌手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  3. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
  4. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. 邦楽

    CDJ1819で大量発生した「あいみょん地蔵」で垣間見えた若いマナー違反客の現実…
PAGE TOP