邦楽

仮面ライダー×スーパー戦隊「超英雄祭」を見るため日本武道館に行った

choueiyusai17

我々の時代は「後楽園遊園地で僕と握手」だったけど(今もその伝統は続いてますが)
今や戦隊が終わる、この時期に日本武道館を2Days満員にしてしまうのだから驚きです。
しかも、大人が多かったのには更に驚きました。
俺も甥っ子の影響を受けて改めて戦隊モノが好きになった口ではありますが、自分が今まで知らないところで一つの文化というものが成熟して盛り上がってるんだと思うと、勉強になりますね。
ちょっとオタクさん達の比重が多くドン引いてしまいましたけど、俺の理想的な環境は、やはり子供がメインであって欲しかったので。
幅広い年齢層に支持されることは決して悪くありませんが、比率の問題として子供が多くいて欲しかったです。
チケット代の問題だと思いましたね。本来はもっと行きたい子供は多いはずと思ってます。
けど、東映とバンダイ(avexも絡んでるよう)の商売っ気のエゲツなさが凄まじい(笑)
子供も大人も一律料金なんです。せめて小学生までは子供料金などにすべき。やっぱ子供メインであるべきですよ、このイベントは。戦隊ヒーローなんですからね。

あの肝心のイベント内容は、もはや普通のコンサートです。
大黒摩季、三浦大知、松岡充(SOPHIA)、ISSA(DA PUMP)、相川七瀬、湘南乃風、小林太郎と一流のアーティストが出演。軽くフェス。
現在の仮面ライダーの主題歌を務める三浦大地は20年のキャリア初チャート1位を獲得、仮面ライダーの主題歌ってのは新規ファン獲得にも有効のようで、凄い歌手が担当するようです。

俺も甥っ子もジュウオウジャー目当てだったので、そうそうたる歌手たちの中でも普通にジュウオウジャーの主題歌とエンディング曲の方が盛り上がってましたけど。イーグルとジュウオウダンス踊れて幸せです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  3. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  4. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  5. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…

関連記事

  1. 邦楽

    紅白にサザン降臨で35年ぶりにNHKホールで歌唱決定!何を歌うか予想!

    サブちゃんと言いサザンと言い紅白に箔が付いた感があるなんやかん…

  2. ライブレポート

    Mr.Children25周年東京ドーム公演で感じた邦楽の良心

    圧倒される三時間強だった。冒頭から有名曲の連続。「CENTER O…

  3. 邦楽

    THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKUYA∞にガチギレした…

    ビバラで何があった?オーラル山中謎のブチ切れ事件!…

  4. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート

    いよいよ今年のロッキンも最終日である。後半週は、天気予報では雨…

  5. テレビ・芸能人

    紅白

    何かと文句の対象にされる紅白歌合戦。幕張からの中継だっ…

  6. テレビ・芸能人

    パクリでもパロディでもいいが二番煎じ感が一番ダサい

    オリエンタルラジオの「PERFECT HUMAN」が中高生の間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
  3. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  4. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
PAGE TOP