アカデミー賞

アカデミー賞ノミネート発表!

image source:http://www.imdb.com/title/tt3783958/mediaviewer/rm909193984

『ラ・ラ・ランド』が最多13部門14ノミネートで圧勝ムード!
次いで、『メッセージ』『ムーンライト』が8部門で追います。
昨年は「白すぎるオスカー」と揶揄されたアカデミー賞ですが、今回はその影響でか黒人のノミネートも。ただ、思うのは、それでも少数だし、無理やり感が否めない・・・

●作品賞
『メッセージ』
『フェンシズ』
『ハクソー・リッジ』
『最後の追跡』
『ヒドゥン・フィギュアズ』
『ラ・ラ・ランド』
『LION/ライオン~25年目のただいま~』
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
『ムーンライト』

●監督賞
ドゥニ・ヴィルヌーヴ『メッセージ』
メル・ギブソン『ハクソー・リッジ』
デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
バリー・ジェンキンス『ムーンライト』

●主演男優賞
ケイシ―・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
アンドリュー・ガーフィールド『ハクソー・リッジ』
ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』
ヴィゴ・モーテンセン『はじまりへの旅』
デンゼル・ワシントン『フェンシズ』

●主演女優賞
イザベル・ユペール『ELLE』
ルース・ネッガ『ラビング 愛という名前のふたり』
ナタリー・ポートマン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』
メリル・ストリープ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

●助演男優賞
マハーシャラ・アリ『ムーンライト』
ジェフ・ブリッジス『最後の追跡』
ルーカス・ヘッジズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
デヴ・パテル『LION/ライオン~25年目のただいま~』
マイケル・シャノン『ノクターナル・アニマルズ』

●助演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス『フェンシズ』
ナオミ・ハリス『ムーンライト』
ニコール・キッドマン『LION/ライオン~25年目のただいま~』
オクタヴィア・スペンサー『ヒドゥン・フィギュアズ』
ミシェル・ウィリアムズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

メリルが20回目の候補になってるけど、彼女が演技すれば何でもいいって風潮になってきてる。それなら同作で共演したヒュー・グラントも候補になるべきだと思うが。
いくら黒人候補を入れることが世間の半強制的な風潮があるとしても、デンゼル・ワシントンはあまりに「如何にも」過ぎる。それなら、彼は同作の監督も務めたんだから、メル・ギブソンなんか候補にしないで彼を候補にすべきだった。
ジブリの何とかってよく分からない作品がアニメ賞にノミネートされて『君の名は。』が漏れたのは当然の結果。ジブリはオスカーと圧倒的パイプを有するディズニーと手を組んでるから。それでも、『ズートピア』に決定ですけどね。逆にノミネートされんで良かったわ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  2. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  3. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  4. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  5. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

関連記事

  1. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】オデッセイ

    (C) 2015 Twentieth Century Fox Film…

  2. アカデミー賞

    アカデミー賞結果!『バードマン』圧勝!

    作品賞はイニャリトゥ監督の『バードマン あるいは(無知がも…

  3. アカデミー賞

    単なる恋愛ミュージカルをも超えた人生賛歌!それが『ラ・ラ・ランド』!

    もう、言いたいことが山ほどあるくらいの興奮を貰った、人間愛、映…

  4. アカデミー賞

    【いよいよ本番】今年2018年のオスカーはこうなる!

    いよいよ明日に迫った第90回アカデミー賞授賞式!映画界最高峰の…

  5. アカデミー賞

    3分で700万円!?その仕事、俺にやらせてくれ!

    今年のアカデミー賞で司会のクリス・ロックが「僕の娘がやって…

  6. アカデミー賞

    ジョディ・フォスターが遂にカミングアウト

    先日のゴールデン・グローブ賞で話題をかっさらったのは他でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  3. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP