映画レビュー

『検察側の罪人』ようやく見れた英雄以外の汚れたキムタク!

Illusted by ROCKinNET.com


この映画の最たる存在意義は、ジャニーズによる本格的な社会派であるということ、何よりも、日本のドラマ・映画界で初めてキムタクが汚れ役を演じたことであろう。これまで、木村拓哉という有無言わさない21世紀のヒーロー像は、絶対的な英雄で無ければ許されなかった。マイナス・イメージを植え付けることはタブーであった。NG大賞でさえもキムタクのNGは放映せず、他の共演者のNGばかり流されたくらいだ。SMAP時代のイメージ戦略は徹底していた。しかし、ここ数年のSMAP解散劇に伴うイメージ崩壊や、ジャニーズ事務所内の勢力図の変更など(嵐優遇体制)、様々な要因が関係してか、ようやくキムタクが英雄以外を演じるに至った。ここまでが長かった。いい男以外のキムタクが見れるのも、ようやくか!という感じである。
かつてキムタクは『HERO』でも検察を演じたことがある。キムタクという絶対的英雄が正義を貫徹するという、気持ちの良い程の、この上ないヒーロー映画であったが、検察が捻じ曲がった正義感を行使すれば恐ろしい結果を招くことにもなるという真逆の検事を、初の汚れたキムタクで見せたインパクトは相当だった。

[PR]

ただ演技は相変わらず“何をやってもキムタク”の域からは脱していない。だって、いきなり登場してポケットに手を突っ込んで、検事というよりもキムタク臭全開なんすもん・・・・・・(汗)
かつて『トレーニング・デイ』でデンゼル・ワシントンが初めて悪役を演じて、その圧倒的な存在感で初のオスカー主演男優賞を獲得したように、いつもと違ったイメージの配役の時にこそ役者の本領が発揮されるべきであるが、やはりキムタクは自身のキムタク像を崩せるには至っていない。代わりに、嵐の二宮の迫真の演技が冴えわたっていた印象を受ける。イーストウッドの『硫黄島からの手紙』に抜擢されて以降、なにかと演技派と言われるようになった彼だが、どうも腑に落ちなかった。けど、本作での演技は完全にキムタクも食っていた。

結局は、この映画の不幸を招いたのは、日本の司法制度が原因なわけで、キムタク演じる検事のかつての女性の知人が巻き込まれた事件の真犯人を別件の事件に貶めようとしたのも復讐劇であり、決して許されない捻じれた正義感ではあるが、根本には、少年法や時効制によって犯人が裁かれないという理不尽さがあるわけで。こうした現代社会では法律とヒトが思う正義感は、時として相反する不幸な事象が起こり得るという問いかけが根本的テーマとしてある。時代性にそぐわない、これらの法律や規則は何のためにあるのか。いよいよ議論に入るべき時が来ているのではないか。こういった人気者が出演したことで映画が注目を集めて、現にヒットまでしていることで、少しでも時代がこういった法律による矛盾に疑問を投げかける、大きなきっかけになったらいいなと思わずにいられない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  2. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  3. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  5. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『10 クローバーフィールド・レーン』B級感を楽しんだ者勝ち!

    何よりもこの映画の<B級感>を楽しむことが一番だと思い…

  2. 映画レビュー

    『ザ・ファブル』浅はかなギャグで自らアクション映画の看板に泥を塗る駄作中の駄作!

    関係者とファンの皆さんごめんなさい!この『ザ・ファブル』くっだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  2. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  3. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
  4. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  5. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
PAGE TOP