邦楽

SMAPの解散に想いを寄せて

© ROCKinNET.com

実に淡々とした幕引きだった。
これまで日本の芸能史では多くのスターが引退や解散をしてきたが、そんな中でも最も中身も感情も余韻も無い最後のメディア出演だった。問題は、それが戦後最大のスター・グループSMAPであるということだ。

阪神淡路大震災、オウム真理教地下鉄サリン事件、山一證券倒産に象徴される日本経済どん底の不景気で日本が大きく揺れた時、「がんばりましょう」と歌って踊る姿は、今までの男性アイドル像以上を覆すほど親近感と共感性を感じ、大衆はSMAPを受け入れた。時代が彼らを欲していたと言えよう。SMAPは必然的に表れたのだ。
活動範囲は芸能だけに留まらず、日中関係友好の証として温家宝首相を迎えたのは他でもない、日本の大衆演芸の象徴としてのSMAPだった。

[PR]


20代後半の若さで紅白の司会を何年も務めた中居正広、その後も多くのバラエティ番組を持つようになる。アイドルとしては前代未聞だった。
日本男性を長髪にした木村拓哉の存在、略語が当たり前の昨今だが、そもそも略語は彼を「キムタク」と略したことで一般化した。
従来のアイドルは一過性の人気の中でしか輝くことは出来なかったが、SMAPはその方程式を見事に覆す。アイドルのドラマが高視聴率を記録し、CDを100万枚売り、25年の長きに渡って活躍、国民的な存在になれることを証明した。
長続きしたのは、彼らの不完全性にあった、森の脱退、木村の結婚、草彅・稲垣の逮捕など、話題性に事欠かない。事件が調度いい周期で起こる。草彅の件の際には(個人的には大騒ぎしすぎな印象も拭えなかったが、地上デジタル大使ということもあってか)故・鳩山邦夫総務相(当時)が批判コメントを出す。SMAPは政治を動かし、国民の関心を集め、自らを風化させない類稀な存在だった。

SMAPというのは<社会現象>そのものといって過言でない。この先も、そうあり続けると思っていた。
果てや、彼らが還暦まで今のまま活動していれば、個人的な妄想の話になるが、アイドルとして初の国民栄誉賞も、おとぎ話ではないとさえ思っていた。
国民の誰しもが望んでいない解散、する必要のない解散。
2016年12月26日、日本という国からエンターテイメントの象徴が消えた。
もう彼らの代わりは出てこないだろう。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  2. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  3. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  4. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  5. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…

関連記事

  1. 邦楽

    ユーミンがクリスマスに恋人がいないといけない風潮を作ったことを反省

    クリスマス・ソングと言えば、山下達郎「クリスマス・イブ」と…

  2. 映画

    興収記録更新、流行語・・・『君の名は。』が止まらない

    この快進撃いつまで続くのか?遂に『君の名は。』の興行収入が…

  3. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

    サザン40周年ライブをLVで観る。個人的な話になるが、サザンのファ…

  4. 邦楽

    AKB48がB’zを抜かしシングル売上歴代トップに!

    握手券・投票権による実績なんだと思いますが俺なんかはAKB…

  5. 邦楽

    SKY-HIの新曲「キョウボウザイ」が身震いするほど素晴らしい!

    今年個人的に要注目しているアーティストの一人にSKY-HIとい…

  6. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート

    珍しく顔写真を公開してみる。SWとのタイアップ企画で写真が撮れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  2. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  3. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  4. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  5. 映画レビュー

    果たして労働は悪なのか?『ちょっと今から仕事やめてくる』に見る現代社会の新価値観…
PAGE TOP