ハリウッド

ヒカキンも登場?今年を振り返るYOUTUBE動画が史上最低評価のナゼ?

© ROCKinNET.com

今年2018年に起きた出来事を振り返るYOUTUBE動画「YouTube Rewind 2018」が一週間前に公開され、ちょっとした騒動になっている。もともと例年、同シリーズに拒否反応を示す人は多かったのだが、今年は特に嫌悪感を示す人が多く、低評価が1000万人を超えて、YOUTUBE史上最も「支持されない」動画になったのだ。
動画の内容は、タイトル通り今年の「良い出来事」を振り返るもので、K-POP、LGBTQ、ダイバーシティ(多様性)、女性の権利など今年2018年のトレンドを取り上げているのだが、どうも取り上げ方や、その皮肉っぽさに嫌悪感を示した人が多かったようだ。冒頭からウィル・スミスが登場するほどの力の入れようで、相応に予算もかかっているだろう動画にしては不名誉な結果である。

どことなく日本で言う「24時間テレビ」の拒否反応に通じるところもあるように思える。感動ポルノとまで言わないが偽善ポルノ的な印象は確かに拭えない。個人的には「やらない善」より「やる偽善」を支持するタイプなので、24時間テレビは見ないけど(見ないんかい!というツッコミも聞こえてきそうだが)存在自体を否定する気はない。

[PR]


けど、同動画のように“あざとい”ものっていうのは確かに見ているこっちが気恥ずかしさを覚える。個人的には、この動画を見た感想としては、やはり「いいね」ではなく不支持側に回るだろう。理由は、純粋に面白くないから。ましてや、皮肉めいた描写もあるため、結局、今年の現象を賞賛したいのか、馬鹿にしたいのかが理解不能なのだ。ちなみに、同動画には日本のYOUTUBERとしてトップの人気を誇るHIKAKINも登場しているのだが、残念ながら、みんなでワイワイと騒いでいる様子が痛々しかった。どことなく、今の日本中で行われているだろう会社の忘年会での、総務主体の余興並みの酷さ。今年は「カモン、ベイビー、アメリカ」と踊らされている新人が心をズタボロにしていることだろう、気の毒に。

この動画が出現するまで、最も支持されてなかった動画は、ジャスティン・ビーバーの「Baby」のMVだった。ジャスティンのデビュー曲である。おそらく彼が荒れまくっていた頃に急激に伸びたであろう不支持票だと思われるが、実に980万もの不支持を集めていた。が、今回その不名誉な記録を明け渡すことになったようだ。果たしてジャスティン側にとって今回の現象が良かったのかは不明である、黒歴史だけに。
ただ、ジャスティンの不支持は8年もの年月をかけて蓄積された数値であるが、同動画はたった一週間での記録だけに、よっぽど嫌悪感を示されていることになる。主義主張や意図が不透明なものに対する嫌悪感の結果のように思える。

ちなみに、最近YOUTUBE関連で好成績を収めている動画と言えば、来春公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』の予告編が公開から24時間で2億8900万回の視聴を記録し過去最高値になった。また、アリアナ・グランデの最新MV「サンキュー、ネクスト」が史上最速で再生回数1億回を突破した。これらの記録に評価は含まれないが、双方ともに支持数が不支持を圧倒的に上回っている。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  2. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  3. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  4. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  5. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する

関連記事

  1. ハリウッド

    ハリー映画初出演作『ダンケルク』のノーラン監督「ここまでハリーが人気とは知らなかった」

    『ダーク・ナイト』『インターステラー』などヒット作、話題作を手…

  2. ハリウッド

    ネタバレ王子トム・ホランドがインスタで全裸流出?のデマを解明します!

    え?トムホが自分の全裸を撮影して流出?シリーズ最新作『ファー・…

  3. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~

    マーベル作品の原作者で知られる、アメコミ界の巨匠スタン・リーが…

  4. ハリウッド

    今年最も効率的に稼ぐハリウッド俳優は?

    いま最も効率的に映画に起用して稼げる俳優は誰か?このラ…

  5. ハリウッド

    今年のエミー賞の話題はニコール・キッドマンの旦那前キスと、元スパイサー報道官の登場!

    辞任したスパイサー報道官が登場いつもはエミー賞に興味が無いんだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  2. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  3. 邦楽

    俺が勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  4. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
  5. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
PAGE TOP