映画レビュー

『デッドプール2』ブラックな笑いと過激描写が続編で増し増しで強引に続編成立

(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation.


前作で度肝を抜かされたブラック・ユーモアが続編となって何割か増し増しになってカンバックしたのだから凄く無いわけがない。言ってみれば、この『デッドプール』の最大の売りはエグさにあるので、続編を続けていくのならば、その過激さをより強烈なものにするしか方法はない。
しょっぱなからドッカンスッカン暴れまくって敵役たちが倒されていく。そんなグロ描写の中で、本作を「ファミリー映画」と定義付けるのだからアッパレ。その理由が、『ライオン・キング』『バンビ』ついでに『SAW』(←明らかに違うだろうが笑)など、今までのファミリー映画も殺しのシーンで始まるというアホな発想に笑わされる。

加えて、ウルヴァリン映画の傑作『LOGAN』に対して「同じR指定作品なのにあんなにカッコイイ作品作りやがって」と、ボヤキを散々言った挙句に、どうしてもX-MENへの憧れと嫉妬は消え去ること無く、本作でもX-MEN(見習い)として活躍。求人を出すも、中途半端で使えない奴らばっか。その中の透明人間が電線に絡まって感電した際に、その素顔がブラピだったのもウケる。



FOX管理下のマーベル内でここまで出来るのだから、ディズニー管理のマーベルと相見えた時の暴走がどんなものか観てみたいものだ。難しいんだろうけど。ガーディアンズとの絡みなんか超絶観たい!

しかも、本作の敵役ケーブルを演じるのはジョシュ・ブローリン。凄いね。『アベンジャーズ』でもサノスを演じてるにも関わらず、配給が違うからってマーベル内で奇跡の?ご法度の?ダブル・ブッキング。『インフィニティ―・ウォー』で英雄達を壊滅させたサノスであるが、実はデッド・プールとは原作では恋敵。配給会社の厚い壁で共演はできないにせよ、あの重苦しい雰囲気の中、デッドプールが参戦したら、もうハチャメチャだろうな(笑)

この『デッドプール2』滅茶苦茶なことしまくってるのに、根底にあるのは品行更生のような道徳的なオチ。デッドプールが珍しく大人めいた常識的な行動をとりまくる。それも見所。

忽那汐里が前作からの主要人物ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドの恋人ユキオって美少女を演じているのにも注目! もちろん彼女らは、レズビアン・カップルなんだけど、過激ネタ満載なデッドプールにおいてはLGBTなんて甘っちょろい範疇。なんの違和感も無く普通にやり過ごされている。しかも、ユキオが戦闘するシーンもあり、意外にかっこいいことから次回作での活躍が大いに期待できそう。マーベルもLGBTが当たり前の時代。急速に時代は変化する。

クールなラップ・ミュージックをBGMに目を覆いたくなるようなエグい描写でヒロイズムを語るデッドプール、今後も止まらない。いつか、本格的なX-MENとの共演を!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  2. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  3. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  5. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!

関連記事

  1. 映画レビュー

    【SF映画の金字塔更新】『ブレードランナー2049』が、映画の続編の史上最高傑作である理由

    SF映画の金字塔の続編として圧倒的な成功例続編映画の最高峰と言…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ムーンライト

    黒人による黒人への差別と迫害・・・アメリカでは黒人以上に同…

  3. 映画レビュー

    『亜人』日本漫画の過激性という欠点をハリウッド的なアプローチで見事にカヴァー

    興味深かったのは、この映画には善悪が無かったことだ。不死身の体であ…

  4. 映画レビュー

    『エイリアン:コヴェナント』種の誕生と起源に迫るスコット監督の鬼才に慄く

    本来のSFホラー回帰した、スコット監督の気迫が感じられる力作だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  2. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  3. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  4. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!
  5. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
PAGE TOP