映画レビュー

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』飽和を恒例に変える流石のクオリティ!

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


シリーズも五作目となり、いよいよ飽和期に差し掛かってもおかしくない同シリーズだが、「どうせ新しい『パイレーツ・オブ・カリビアン』をやるなら徹底してやろう!」という、完膚無きまでの開き直りとも捉えられる超ド級の一流エンターテイメントを展開させたことで、その潔さに感服したのであった。マンネリズムも微妙な進化を見せることで飽和に陥ることなく、夏恒例の風物詩化する・・・・・・見事にシリーズ続投を成功させているわけだ。巨大な海賊船が登場し、海上でド派手な戦闘をノンストップで繰り広げる。ジョニー・デップの最大の当たり役であるジャック・スパロウの名人芸とも言える演技。ワクワクするようなお馴染みのテーマ曲。その、どれもが「待ってました!」と言わんばかりだ。

この最新作で特筆すべきは、先でも述べた微妙な変化だ。
まず、新キャストの追加。若手俳優の起用が吉と出ている。『マレフィセント』の頼りない王子役で一躍世界の注目を集めて以来、鰻登りで人気を獲得しているブレントン・スウェイツ。また、人気のディストピア小説の映画化『メイズ・ランナー』シリーズで存在感をいかんなく発揮しているカヤ・スコデラーリオ。実力も若手俳優としての知名度も申し分ない二人が、旧三部作で言うところの、オーランド・ブルームと、キーラ・ナイトレイのポジションをしっかりと受け継いぎ、作品に華を添え、新風も与えている。同じシリーズを長期間続けるというのは、変えないところは変えずに(主人公ジャック・スパロウの存在)、こうして新たな風を入れることが重要なのかと思う。

一作目が2006年だ。それだけシリーズも長期的になってきている。ジャック・スパロウも歳を取った感じがする。お馴染みのヨタヨタ歩きも、どことなく老いを感じる。終始、酔っ払っていて駄目っぷりが目立つ。11年前のキリッとしたカッコ良さは(最初からヘラヘラしたキャラではあったが)、さほど感じさせない。こういう細かな演技描写にも、ジョニー・デップの芸達者ぶりが垣間見える。無責任で他力本願で、何故か危機をそつなく回避する、愛嬌のあるジャック像は健在だ。

今回はジャックが若かりし頃に、ハビエル・バルデム演じる“海の死神”サラザールから、全ての海の呪いを解く力のある伝説の秘宝“ポセイドンの槍”を奪ったことで、壮絶な冒険が始まる。驚いたのは、若かりしジャックを演じた俳優のデップに似せた演技の妙である。てっきり本人かと思っていたが、知識深い方に教えてもらったら、彼はAnthony De La Torreという俳優兼ミュージシャンだそうだ。ジャック・スパロウを演じるだけでなく、デップにも寄せていかなければならない難問を見事にやってのけ、感心する。『ベンジャミンバトン』でブラピが全然若返らなかったのを観て、映画では、どんな技術を以てしても“若返りだけは無理”だと確信したが、良い意味でモノマネ名人な若手俳優を起用することで成し遂げられるんだなと思った。

世界のポール・マッカートニーのカメオ出演も微笑ましく、もう今回も過剰なまでの娯楽テンコ盛り! 期待を裏切らないシリーズ最新作、これを観ずに今年の夏は始まらない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  5. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』こそ民生を理解していない

    薄っぺらい映画だった。奥田民生に憧れる理由は凄く共感できる。自由奔…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ゴースト・イン・ザ・シェル

    囲碁の名人が人工知能に負けたというニュースを見て、人類はこのま…

  3. 映画レビュー

    『ワンダーウーマン』から行き過ぎたフェミニズムは逆に男女差別を助長すると感じる

    大相撲の世界では土俵に女性は上がってはいけない事実。愛子様の皇位継…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ぼくは明日、昨日のきみとデートする

    (C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  2. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  3. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  5. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
PAGE TOP