映画レビュー

【映画鑑賞日記】デッドプール

dp(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

マーベルも、もはやネタが尽きただろうと思っていましたが、<下品>というネタで解消するとは思ってませんでした。とにかく<下品>で<ゲスい>です、このヒーロー映画!
まず暴力描写がエゲツない!性的表現が容赦ない!
カメラ目線で観客に語りかけるなど、映画の定石をことごとく覆す、やりたい放題加減!
マーベルの中でも『スパイダーマン』や、『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』のアライグマ以上の強烈キャラ誕生です!劇中、『X-MEN』に関する発言が多いですのですが、既に09年の『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』に出演してるものの、今後のコラボには期待したいです。

それと何といっても、必要以上にSEXやオ●ニーのシーンも盛りだくさん!イメージするとアメリカのteen男子がポテチ片手に爆笑しながら読み漁る低俗漫画と位置付ければいい。
そんな低俗漫画原作を、一流のハリウッド大作、マーベル・レベルにまで昇華させたのが、この映画なんです。下品なんだけど、かっこいい!グロいんだけど、面白い!エミネムが提供したとされるR&Bがマッチしていて、めっちゃcoolな作品になっています。
しかも、基本はコメディのテイストなので、嫌味がない!

そのほかにも、思わず笑ってしまう小ネタ満載!
特に、ハリウッド映画や、サブカルの知識がある人にはグッとくるネタが盛りだくさんです。
個人的には「リーアム・ニーソンが誘拐された娘を助ける映画が三本も作られたけど、どんだけ間抜けな親なんだ」とか、醜い顔に変形させられた主人公が「人は顔が重要だ!ベッカムだってヘリウム缶と口でセックスした感じなのに」なんて茶化した台詞がベストでした(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  2. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  5. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…

関連記事

  1. 映画レビュー

    実写版『アラジン』賞賛する言葉が多過ぎて的確な表現探すのが大変なほど名作!

    この映画を賞賛したい言葉が多過ぎて的確な表現を見つけるのに大変…

  2. 映画レビュー

    『イコライザー2』根底にあるのは水戸黄門のような勧善懲悪だからこそ観てて爽快!

    正義の貫徹というド直球な設定が気持ち良く、前作では理不尽な悪に虐げ…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】アーロと少年

    (C) 2016 Disney / Pixar. All Rights…

  4. 映画レビュー

    『15時17分、パリ行き』でハッキリした、映画に役者が絶対必要である理由とは?

    まず大前提として明確にしておきたいのは、この映画で描かれているテロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  2. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  3. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  4. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  5. ハリウッド

    年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
PAGE TOP